あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~
面白画像・面白動画・フラッシュ、面白ネタを発見しだい掲載。面白い保証は一切なしw
200605<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200606

あぱっちの雄叫び HeadLine


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
肝臓から脳に「肥満注意信号」 東北大が発見
肥満で脂肪肝になると神経を通して肝臓から脳に「肥満注意信号」が伝わり、体のエネルギー消費を増やしたり、脂肪を減らしたりして、肥満が進むのを抑える調節機構が働くらしい。東北大の片桐秀樹教授や岡芳知教授(いずれも代謝学)らが動物実験で明らかにした。新しい肥満改善薬の開発にもつながりそうだ。16日付の米科学誌サイエンスで発表する。


[肝臓から脳に「肥満注意信号」 東北大が発見]の続きを読む
酸度は炭酸飲料と同じ!?――ローストした野菜の多量摂取は歯に悪い!
オーブンでじっくりとローストした野菜は健康によいとされているが、ローストすることで野菜の酸性度は炭酸飲料と同じレベルになり、これを多量に摂取すると歯を傷める率も高まるという研究結果が報告された。

ダンディー大学歯科学部のグレアム・チャドウィック教授が発表した研究調査では、ローストした野菜と煮込んだ野菜をアルカリ性の液体につけ、その液が中性になるまでアルカリ性の液体の量を調節していった結果、ローストした野菜では煮込んだ野菜よりも多量のアルカリ液が必要となったことから、ローストした野菜の酸性度が煮込んだものより高いと判明。

英国の菜食主義者に人気のラタトゥイユ(通常は野菜をハーブなどと共に鍋で煮込む南仏料理)も、オーブンでローストしてから煮込んだ場合、その酸性度は炭酸飲料と同レベルになるとされる。ローストした方がおいしいと感じるのは、酸度が高くなるためで、このヒケツを既につかんで実践しているプロのシェフは少なくないという。

チャドウィック博士はさらに、野菜そのものは肥満やガンの罹患リスクを低くし、健康によいのは明らかだが、歯の健康を考えた場合、野菜はローストするよりも煮込んだ方が、酸度が低くなると指摘。

ローストすることで最も酸度が上がりやすい野菜は緑色のピーマン、ズッキーニやナス。タマネギとトマトはどちらの調理法でもさほど変化はなかったという。

http://www.japanjournals.com/dailynews/060602/news060602_1.html





個人的にローストした野菜系はきらいなあぱっちですが
なんというか、食の楽しみが減るニュースです
しかし、このニュースは欧州のベジタリアンに大きな打撃を与えそうなニュースですね^^;
copyright © 2006 あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。