あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~
面白画像・面白動画・フラッシュ、面白ネタを発見しだい掲載。面白い保証は一切なしw
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709

あぱっちの雄叫び HeadLine


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MS、韓国公取委との戦いで黒星
韓国公正取引委員会(KFTC)がMicrosoftにWindowsからメディアプレーヤーとメッセージングサービスを除去するよう命じた訴訟において、ソウルの裁判所はこの命令の一時停止を求めていたMicrosoftの要求を棄却した。KFTCが明らかにした。


「Microsoftは4月17日にこの命令の一時停止を求めたが、裁判所は7月4日、この要求には根拠がないと棄却した」とKFTCは4日に声明文で明らかにした。

 Microsoft関係者とソウル裁判所の関係者からのコメントは得られていない。

 KFTCは昨年12月、Microsoftに対し、メディアプレーヤーとインスタントメッセージング(IM)製品をWindowsから取り除くか、同OSに競合製品を組み込めるようにするよう命じた。また同社に325億ウォン(3450万ドル)の罰金も科した(12月7日の記事参照)。

 Microsoftは3月にKFTCに正式に異議を申し立て、すべての裁定と罰金の無効化を求めた。同委員会はこれを5月23日に棄却した。

 同社はそれとは別に、ソウル高等裁判所にKFTCの裁定の見直しを求めて控訴した(3月27日の記事参照)。この控訴の判決はまだ下されていない。

 Microsoftは、バンドル版Windowsは消費者にも韓国IT産業にも恩恵をもたらし、また韓国民は競合ソフトをダウンロードして使えるためバンドルは競争を阻害しないと主張してきた。

 「今回の判決は、市場の秩序を回復するための積極的な是正策を一時中止されることなく実行できるという点で有意義だ」とKFTCは述べている。

 「Microsoftがこの判決について最高裁に控訴するなら、われわれも積極的に対抗策を取るつもりだ」(KFTC)

 昨年12月のKFTCの裁定は、MicrosoftがWindowsにメディアプレーヤーとIMをバンドルした行為を、独占禁止法違反としたもの。これは2004年の欧州委員会の裁定と似ている。

 Microsoftは、韓国は同社にとって世界の10大市場の1つだとしているが、詳細は明かしていない。

 3400万ドルの罰金は、KFTCが国外企業に科した罰金としては最大だ。だがアナリストは、同委員会の裁定は韓国外にはあまり影響しないだろうと語っている。





http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0607/05/news016.html

関連リンク
裁定次第では「韓国からWindows引き上げ」:http://slashdot.jp/articles/05/10/31/0421208.shtml



流石韓国というべきなんでしょうか
実際韓国からWindows撤退してもマイクロソフト的に打撃は無いでしょうし・・・
あー、MMO系ゲームとかの影響とかあるのかな・・・
まぁ、以前あった日本のガンダム裁判を考えても、彼の国で裁判に勝つのは難しそうですね^^;



面白ければ:(・∀・)モキュ?
面白くなければ:Σ(´Д`lll)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。