あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~
面白画像・面白動画・フラッシュ、面白ネタを発見しだい掲載。面白い保証は一切なしw
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710

あぱっちの雄叫び HeadLine


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シュークリーム完全復活? 米でじわり浸透
シュークリーム(米国名:クリーム・パフ)の人気が裾野を広げている。日本のシュークリーム専門チェーン店「ビアード・パパ」と日本人がオーナーの「シュー・ファクトリー」がそれぞれニューヨーク市に米国初出店したのが約2年前。いずれも店舗を増やし、順調に売り上げを伸ばしている。一方で、人気は各地に飛び火し、米国のシュークリーム市場がにわかに活気を帯びてきた。

「ビアード・パパ」の米1号店がニューヨーク・アッパーウェストに開店したのは04年3月。「シュー・ファクトリー」は同年9月、ミッドタウンの国連本部近くにオープンした。


 客の前でシュー皮にクリームを入れる実演販売と「日本の洋菓子」という物珍しさも手伝って話題を呼び、行列のできる店として米メディアもこぞって取り上げ、爆発的な人気を呼んだ。その後は落ち着いたものの、両社とも順調に事業を拡大し、現在はマンハッタンにそれぞれ4店舗を構える。いずれも「8割以上が米国人客」という。


 シュークリームはフランスで生まれ、日本ではカスタードを使って独自にアレンジされた。米国では肥満が問題視され始めた80年代に、カロリーの高さから敬遠され見かけなくなっていたが、比較的低カロリーの「和製シュークリーム」で人気が再燃した形だ。


 米国でビアード・パパを展開する「麦の穂USA」は、昨年秋にはロサンゼルス・ハリウッドに西海岸1号店を出店するなど、フランチャイズチェーン(FC)で全米展開を図る。


 5月12日、サンフランシスコに13店舗目がオープンした。「全米に50店舗」を目標に掲げる稲垣実社長は、「西海岸は車文化のうえに、現地で手に入る食材も東海岸とは違う」と広い米国ならではの苦悩を振り返る。


 同社が日本で特許を持つシュー生地は当初、日本から冷凍で空輸していたが、現在はニュージャージーの自社工場で製造が可能になった。秋をめどにロス近郊の工場も稼動する予定だ。稲垣社長は「シュークリーム伝道師」を自認する。


 「米国はクリーム・パフの文化が廃れた国。一過性のブームで終わらせないためには真に根付かせなくてはならない。食べてもらうのが一番のPRだが、それには店舗を増やす必要がある」


 店舗を構えるPR効果はニューヨークの第1号店で実感した。「全米各地はもとより、イギリスやスペイン、ドバイからもFCのオファーが来た。すごい効果だと思った」


 この人気ぶりを米国の食品関係者もただ傍観しているわけではない。


 昨年8月にニューヨークのグリニッジ・ビレッジ地区にオープンにした「パフ・パオ」は日本風シュークリームを元に研究を重ね、独自に「米国人に受ける味」を創り上げた。「味には自信がある。日本のチェーン店に負けない」と鼻息荒い。


 地方の精肉業者からインターネット販売で全米展開する食品販売大手の「オハマ・ステーキ」(本社:ネブラスカ州)では01年春からシュークリームを商品リストに加えていた。「毎年売り上げを増し、デザートではチーズケーキに次いで2番目のヒット商品になった」(広報)と、シュークリームの潜在的な市場の広さをうかがわせた。シュークリームの販売を始めた理由を「デザートとしてステーキと相性が良いと思った」という。


 日本ではシュークリーム専門店としてテイクアウト用の店構えが多いが、米国では少し事情が違うようだ。


 「シュークリームだけでなく、いずれは『日本のカフェ』として米国で認知されるような店舗作りをしていく方針」とシュー・ファクトリーのオーナー野村知成さんは語る。


 味やサービスの管理という観点から直営のみという店舗では、立ち上げ当初から比べメニューが格段に増えた。「客の要望に応えた」というが、カスタード・シュークリーム一辺倒ではなく、客に飽きさせない品揃えの工夫が見える。人気のコーヒーはハワイのコナ地方から取り寄せる。


 ビアードパパも抹茶やチョコレートなど各種シュークリームに加え、バラエティーに富んだケーキが並ぶ店舗が増えた。パフ・パオでは、ブラジルのチーズ焼き菓子「paolito」が10数種類並ぶほか、マンハッタンの最高級レストランと同じ豆を使ったコーヒーも看板商品だ。


 日本の洋菓子が、米国に根付く――。「まずはクリームパフという食文化が街角に生き残れるか。(同業での)競争はその後です」(稲垣社長)。開拓者たちの努力と工夫が結実する日は遠くないのかもしれない。


http://mytown.asahi.com/usa/news.php?k_id=49000000607010001




太らないんですか@@?
あぱっちも喰いたいんですがw
でもアメリカの人って量を多く食べそうですから、低カロリーだったとしても、
それを補う位に食べそうですね。
その点が心配です^^;

>『日本のカフェ』
日本を語る食文化が広がっていますから、何としても頑張って欲しいですね

さて、これを見た某国me toしてきそうですがその辺が心配ですね



面白ければ:(・∀・)モキュ?
面白くなければ:Σ(´Д`lll)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。