あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~
面白画像・面白動画・フラッシュ、面白ネタを発見しだい掲載。面白い保証は一切なしw
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709

あぱっちの雄叫び HeadLine


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(;^ω^)ブーンの体に黒いシミが出来たようです Part7(第二部 その5)
388 無一文 ◆yl3K3xulPc New! 2006/07/02(日) 16:57:08.52 ID:8vfFJDNV0

(*゚ー゚)「これで……もう……大丈夫」

(;`ハ´)「肩が……治ってる……!!」

ブーンが引き裂いた肩は、傷跡さえも消えうせていた。

(;^ω^)「(驚いた……この女も能力者かお)」

(;`ハ´)「……なんで……俺を……?」

(*゚ー゚)「え?」

(;`ハ´)「俺はお前を殺そうとしたんだぞ!? な、なんで助けるんだ!?」

(;^ω^)「それは俺も気になるお」



390 無一文 ◆yl3K3xulPc New! 2006/07/02(日) 16:59:37.71 ID:8vfFJDNV0

(*゚ー゚)「……ん~……わかんない」

(;^ω^)「わかんないって……」

ふふっ、と笑って立ち上がった。
女はなにか喋ろうとしたが……

(*゚ー゚)「あ、あれ……」

(;^ω^)「お、おい!!」

咄嗟にブーンが受け止める。

(;^ω^)「だ、大丈夫かお!?」

声をかけてみるが返事はない。
どうやら気絶してしまっているようだ。


391 無一文 ◆yl3K3xulPc New! 2006/07/02(日) 17:00:10.06 ID:8vfFJDNV0

この服装は、病院の入院患者のモノだ。
ブーンは木々の向こうに見える病院を見つめた。

(;^ω^)「……」

(;`ハ´)「なんだ? どうしたんだ?」

(;^ω^)「……お前は……さっさと行けお」

(;`ハ´)「へ?」

(#^ω^)「失せろって言ってるんだお!!」

(;`ハ´)「ひいっ!!」

( ^ω^)「……」


(;^ω^)「……さて……」


392 無一文 ◆yl3K3xulPc New! 2006/07/02(日) 17:05:47.24 ID:8vfFJDNV0

(*゚ー゚)「ん……」

初夏の香りを運ぶ風が窓際のカーテンを撫でる。

木漏れ日が差し込む病室で、少女が目を覚ました。
ブーンはベッド脇の椅子に腰掛けていた。

(*゚ー゚)「あ……さっきの」

( ^ω^)「……」

(*゚ー゚)「ごめんね……私また倒れちゃったんだね……」

( ^ω^)「どこか悪いのかお?」

(*゚ー゚)「ふふっ、健康だったらこんなトコにいないよ」

(;^ω^)「ご、ごめんだお……」

(*゚ー゚)「ん~ん」


393 無一文 ◆yl3K3xulPc New! 2006/07/02(日) 17:06:27.49 ID:8vfFJDNV0

( ^ω^)「君も……能力者なんだおね」

(*゚ー゚)「能力……? さっき見せた力のコト?」

( ^ω^)「男の傷を治してたお。あんな力初めて見たお」

(*゚ー゚)「うん……気づいたのは最近なんだけどね……君も、でしょ?」

( ^ω^)「ブーンだお」

(*゚ー゚)「あ、ごめん。しぃです」

そう言ってベッドから体を起こし、ペコリと頭を下げるしぃ。


394 無一文 ◆yl3K3xulPc New! 2006/07/02(日) 17:06:51.84 ID:8vfFJDNV0

ブーンはそれから自分のコトを話した。

力を手に入れてからのコト。
ドクオという親友のコト。
……自分の力の意味を悩んでいるコト。

(*゚ー゚)「そんなコトが……あったんだ……」

( ^ω^)「教えてほしいお。しぃはなんであの男を助けたんだお」

そこに、自分が探しているモノがあるかもしれない。
ブーンは出会ったばかりの目の前の少女に答えを求めた。


395 無一文 ◆yl3K3xulPc New! 2006/07/02(日) 17:10:40.66 ID:8vfFJDNV0

(*゚ー゚)「……小さい頃からね。ずっと体が弱かったんだ」

(*゚ー゚)「入院と退院を繰り返して……学校もあまり行けなくてね。友達もあまりいないんだ」

( ^ω^)「……」

(*゚ー゚)「一人であたしを育ててくれたお母さんも、仕事で忙しくてさ」

しぃはつらつらと自分のコトを話し出した。
それはブーンが求めた答えとは到底かけ離れた話のようにも思えたが、ブーンは黙って聞いていた。

(*゚ー゚)「この病院ね、長く病と闘ってる人たちが多いんだよ」


(*゚ー゚)「同じ病室の子たちが死んでいくのを……今までいっぱい見てきた」


(*゚ー゚)「あたしの力、病気には効かないみたいなんだよね」


そう言って唇を噛みしめるしぃ。

(*゚ー゚)「ごめんね。あたしにはブーン君の質問に答えられないや」

( ^ω^)「……いいんだお」


396 無一文 ◆yl3K3xulPc New! 2006/07/02(日) 17:11:57.54 ID:8vfFJDNV0

それからブーンは彼女の病室に毎日のように通いだした。
特異な力を持ち、それでも屈託無く笑える彼女に惹かれていたのかもしれない。

( ^ω^)「おいすーwwww」

(*゚ー゚)「おっす!!」

( ^ω^)「お? 今日は元気だおね」

(*゚ー゚)「私はいつでも元気だよ~w ねぇ、今日天気いいからお散歩しようよ」

( ^ω^)「お」



Part6:http://aafss.blog68.fc2.com/blog-entry-448.html




(;´Д`)DOKIDOKI



面白ければ:(・∀・)モキュ?
面白くなければ:Σ(´Д`lll)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。