あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~
面白画像・面白動画・フラッシュ、面白ネタを発見しだい掲載。面白い保証は一切なしw
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709

あぱっちの雄叫び HeadLine


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マンガ嫌韓流:ブーム逆手に67万部 セミナー開催
日韓併合や竹島など日韓を巡る問題について論じた「マンガ 嫌韓流(けんかんりゅう)」(晋遊舎)シリーズが、出版から約1年で67万部を売り上げた。韓流ブームを逆手にとり、韓国側を刺激的な表現で批判した内容が受けたとみられるが、在日韓国・朝鮮人らを中心に歴史認識に誤りがあるなどと指摘する声も上がる。こうした「嫌韓流」現象について考えるセミナーが1日、東京で開かれる。

「嫌韓流」は05年7月に出版された。大戦中、祖父が朝鮮総督府に勤めていたことや日韓共催のW杯をきっかけに韓国に関心を持つ日本人の主人公が、大学で日韓の歴史を学ぶサークル「極東アジア調査会」に入って議論していく様子が描かれている。主人公の議論の相手役を務めるのは、在日4世の韓国人だ。

 今年に入って出版された「嫌韓流2」の2冊シリーズで扱っているテーマは、戦後補償、外国人参政権、教科書採択問題、領海侵犯と日本海呼称問題など幅広い。

 作者は山野車輪さん(ペンネーム)だ。図書館で本を借りて日韓問題などを調べ、02年冬に読み切り原稿を複数の出版社に持ち込んだが、断られたという。ネット上に掲載していたのを晋遊舎の編集者が目にし、出版にこぎつけた。

 編集部によると、これまで1000通を超える反響があった。「韓国の歴史認識はほとんどねつ造されたものということが分かりました」(39歳女性)といった賛同意見の一方で、「韓国は何一つ悪いことはしていません。悪いのは自分の過ちを見ない日本人です」(在日コリアン4世)の反対意見も寄せられる。

 今回セミナーを主催するのは、日本の現状や問題点を考える団体「NPO前夜」。運営委員の鄭栄桓(チョンヨンファン)さんは「『嫌韓流』のようなレイシズム(人種差別主義)の本が広く流通し、好意的に受け入れられる日本の現状に強い危機感を覚える」と訴える。

 晋遊舎編集部は「差別助長にならないようにできる限り修正を加えて出版した。多様な意見を紹介して歴史を再考すること大事で、(本が)議論のきっかけになればいい」と話している。


http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20060701k0000m040151000c.html


レイシズム
都合がいい時に使っている言葉ですが、現状認識をして評価が変わるだけで差別にならないとおもいますが、
ただ、その後差別につながる可能性はあるんですよね
でも、差別されたくないんでしたら、卑屈になる必要はありませんが
嫌悪感(歴史捏造・竹島問題)とか与えないようにすればいいような気もするんですが
少なくとも差別される原因のひとつがそれでなくなりますしね
まぁ、あぱっち個人の考え方ですが^^;

>多様な意見を紹介して歴史を再考すること大事で、
>(本が)議論のきっかけになればいい
まさにその通りなんですよね
結局歴史に対しての認識を改める必要を考えると、議論とそれに対する資料を持ち合わせての研究になりますが
今までその討論の場すらなかったわけですから
問題提起して、その問題を議論する場が出来ただけでも今回上出来だった気がします



面白ければ:(・∀・)モキュ?
面白くなければ:Σ(´Д`lll)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。