あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~
面白画像・面白動画・フラッシュ、面白ネタを発見しだい掲載。面白い保証は一切なしw
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709

あぱっちの雄叫び HeadLine


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(;^ω^)ブーンの体に黒いシミが出来たようです Part6(第二部 その4)
254 無一文 ◆yl3K3xulPc New! 2006/07/01(土) 16:43:40.00 ID:iFaBePpU0

('A`)「(まさかこんな場所を使うとは……)」

東京は都心のとあるオフィス。
ベンチャー企業を気取ったその扉の奥は、能力者たちのアジトとして使われていた。

(;´∀`)「弟者~!! 弟者~!! 大変だモナ~!!」

オフィスの扉を開けても、そこには仕事をするような環境はなかった。
机や棚・仕切りなどを全て排除した、がらんどうな空間。

乱雑に置かれたパイプ椅子に腰掛ける能力者たち。

(´<_` )「なんだ騒がしい」

(;´∀`)「大変だモナ!! ニダーがやられたモナ!!」

(´<_` )「!!」

(’e’)「うわぁ~……」

('A`)「!! ニダーさんが……!?(まさか……)」

(´<_` )「……相手は誰だ?」

(;´∀`)「わからないモナ。ニダーからの最後の連絡によると、銀髪の少年だったらしいモナ」

('A`)「……(違う、か)」

(´<_` )「またわけのわからんヤツが増えたな……わかった。兄者には俺が伝えておこう」


255 無一文 ◆yl3K3xulPc New! 2006/07/01(土) 16:44:05.31 ID:iFaBePpU0

(´<_` )「……というわけだ兄者。どうする?」

社長室と書かれたドアの奥。
兄者と呼ばれたその男は、椅子にもたれながら腕を組み、思案に暮れていた。

( ´_ゝ`)「銀髪……そいつは恐らくギコとかいうヤツだろう」

(´<_` )「!! 既に接触済みか。流石だな兄者」

( ´_ゝ`)「噂に聞いただけだ。そうか……その男も誘い入れたかったんだがな……」

(´<_` )「む……」

( ´_ゝ`)「ニダーを殺したとなると、ウチと敵対すると考えていいだろう……ところで」


( ´_ゝ`)「ニダーって誰だっけ」

(´<_`;)「……」


256 無一文 ◆yl3K3xulPc New! 2006/07/01(土) 16:44:36.06 ID:iFaBePpU0

(´<_` )「とりあえず皆集まってるぞ。顔合わせだ」

( ´_ゝ`)「わかった」

兄者・弟者がオフィスの扉を開ける。

( ´_ゝ`)「よく集まってくれたな革命の同志よ!!」

パイプ椅子に腰掛けていた男たちが一同に兄者に振り向いた。

( ´_ゝ`)「中には初めてのヤツもいるな。俺が革命軍のリーダー、兄者だ」

( ´∀`)「知ってるモナー」

そう言って兄者はオフィスの中を椅子を縫って歩いていく。

( ´_ゝ`)「くだらん演説をする気はない。俺らは人類を超越し、同じ目的を持った集まりだ」



( ´_ゝ`)「始めようじゃないか……幕を上げよう。盛大に」



(´<_` )「すまん兄者。今日は顔合わせだけで具体的なことはまだ……」

( ´_ゝ`)「……」


257 無一文 ◆yl3K3xulPc New! 2006/07/01(土) 16:45:32.30 ID:iFaBePpU0

( ^ω^)「この辺のはずだお……」

東京郊外のとある病院敷地内。
緑に囲まれたその場所で、ブーンは獣のような殺気を孕んでいた。

ドクオの情報はさっぱり掴めないままだった。
日増しに膨らんでいくブーンの焦燥感。

やがて考えることをやめ、能力者の匂いを嗅ぎ付ける毎日だった。

「うう……」

( ^ω^)「!!」

身体能力だけでなく、聴覚・視覚などの五感も鋭くなったブーンは、
離れたうめき声すら聞き取れるようになっていた。

( `ハ´)「ヒヒ……」

(*゚ー゚)「……う」

( `ハ´)「いいなぁ……その体……貧乳好きにはたまんねぇよ……」

(*゚ー゚)「……」


258 無一文 ◆yl3K3xulPc New! 2006/07/01(土) 16:45:54.11 ID:iFaBePpU0

( `ハ´)「俺が……きれ~いに解体してやるからね……」

「それは興味深いお」

( `ハ´)「!! 誰だ!?」

「だけどもっと興味深いことがあるお」

( `ハ´)「クソ!! 誰だ!! 出て来い!!」

言って周りを見渡そうした時。

男の背後に、闇が音もなく降り立った。

( ^ω^)「お前は解体される側に回ったとき……どんな悲鳴を上げるんだお?」


259 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします New! 2006/07/01(土) 16:46:01.18 ID:FaQxfsYe0
つまんね


260 無一文 ◆yl3K3xulPc New! 2006/07/01(土) 16:46:45.17 ID:iFaBePpU0

( `ハ´)「!! ひぎゃっ!!」

( ^ω^)「……」

( `ハ´)「くそう……なんだお前!!」

男は胸の前でガッツポーズを取った。
すると、右腕の袖が破れ、丸太ほどの太さに急激に膨張した。

( `ハ´)「ふふ……見ろこの逞しい腕を!! コンクリートだって俺にかかっちゃ発泡スチロールだぜ!!」

体とはあまりに不釣合いなその腕で、ブーンの肩を掴む。
しかしブーンの眼は真っ直ぐ男を見据えていた。

( `ハ´)「ははっ!! そぅれブチッと……」

(;`ハ´)「……ブチ……ブ、あれ?」

( ^ω^)「……」


261 無一文 ◆yl3K3xulPc New! 2006/07/01(土) 16:47:35.99 ID:iFaBePpU0

男は力を手に入れてから、何人も解体してきた。
TVで名を馳せたプロレスラーだって自分の右腕の前にひれ伏してきた。
自分の力に絶対の自信を持っていたのだ。

しかし、男が力を手にすることで得た自信は、突如降り立った闇によって崩れ去ろうとしていた。

(;`ハ´)「????? なんだコイツ……!?」

自分の腕と比べれば、遥かに細い肢体。
しかしブーンの肩を掴んだことで、男ははっきりと分かってしまった。


……コイツは人間じゃない。人の皮を被ったなにかだ。





262 無一文 ◆yl3K3xulPc New! 2006/07/01(土) 16:47:53.14 ID:iFaBePpU0

(;`ハ´)「ひいいいいっ!!」

( ^ω^)「……」

咄嗟に逃げようとする男の体を捕らえ、両手で右肩を掴む。

(;`ハ´)「ひっ!! ちょ、何す……あっ!! あああああ!!」

男は自分の筋肉が引きちぎられる音を聞いた。
破れた肩からピンク色の筋肉が覗いた。
すぐに真っ赤な色で染められ、男とブーンの顔に血が降りかかった。

(;`ハ´)「あっぎゃ!! ああああああ!! やめっ、やめて!!」

( ^ω^)「……」


263 無一文 ◆yl3K3xulPc New! 2006/07/01(土) 16:48:24.30 ID:iFaBePpU0

「やめて!!」

(;`ハ´)「!?」
( ^ω^)「!?」

(*゚ー゚)「やめて……!! や、やめなさい!!」

( ^ω^)「……お?」

(*゚ー゚)「それ以上やったら……う、腕が……!!」

( ^ω^)「……な、なに言ってるお? コイツは君を解体しようとしたんだお」

(*゚ー゚)「で、でもあなたが、その……か、解体しなくてもいいでしょ」

予想外の展開にブーンは思わず手を離した。

(;`ハ´)「ひぃっ、ひぃっ」

(*゚ー゚)「大丈夫!?」

(;^ω^)「……」


264 無一文 ◆yl3K3xulPc New! 2006/07/01(土) 16:48:42.80 ID:iFaBePpU0

(;`ハ´)「ああ~血が~俺の肩が~」

(*゚ー゚)「……動かないでね……」

女は静かに目をつぶり、そっと肩に手を添えた。

(;`ハ´)「ひっ!?」

(*゚ー゚)「大丈夫」

数秒の沈黙の後。
女の掌が眩く光りだした。

(;^ω^)「おお……!?」


265 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします sage New! 2006/07/01(土) 16:51:18.27 ID:t4fAiUk60
まるで能力者のバーゲンセールだな


266 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします New! 2006/07/01(土) 16:51:30.67 ID:iFaBePpU0
(;-ω-)=3


275 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします New! 2006/07/01(土) 17:09:21.95 ID:8rBqunUA0
このあと男は女の放った謎の閃光の一撃により一瞬で消し飛び欠片も残らない


280 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします New! 2006/07/01(土) 17:21:51.32 ID:iFaBePpU0
スマソまた出かけることに……
十時には帰ってくる










296 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします New! 2006/07/01(土) 20:29:46.12 ID:kO4/gn7f0
            、 ヽ i /
          ,' / ヽ/「t~~Vヽ  {
         ,'/   \_/ ヽi:':'|
          /   ,,--'  ヽ\ ヽ:':'}     ,,-'~
       /   /  ,__ヽ |l ト'  ,,--'~~
     ./   / /'  ̄ ̄\i|/ ,/´
~~\ /   /ノ /    ミ  `ヽ~
  `r{   / ミ /   ,、 ,≡≡, ,,ヽ
    `ヽ、{  ミl    ヽ,,':-…-~' ).|
    ノ i  ,,,,i      `'``',三,,,'`~ ヽ、
   { ':': l {: : }  ,    `'~~(~~'}   ヽヽ
    ) :':イ`iヽ: :iヾ:´    丶 ; | ,,  ト:}    逆に考えるんだ
   ):':':':':|'人 }: :i    ,ニ、ヽ, ; |丶ニ .ヽ)
  く ':':':':':i.V'人ト  ぇ,-Fテ`,/}}}`f士 ,|´,,_
  /':':':':':';='ミ\‐-ニ,, ̄-<´{~`ヽ-一ミ,_,';';)
 ~くミ川f,ヾヽ ヾ~ヾヽトシヽ| }': ,〈八彡'';')
  >,;;``       ヽ丿川j i川|;  :',7ラ公 ,>了
  ~)        〃ヽヽ` `;ミ,rffッ'ィミ,ヽWiヽミ
   ゝ   ,,〃ヽヽ```  ``'' ,彡'~\リ}j; fミ
   ~~`{ ;;``           彡彡  i 、S`
     \_,         三彡/-v'`~
       '--‐冖,___,--'


297 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします New! 2006/07/01(土) 20:30:56.47 ID:NU2ChycC0
>>296
感動した


298 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします sage New! 2006/07/01(土) 20:45:47.32 ID:HNq/sRj2O
>>296
落ちちゃってもいいや



とかか?

299 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします New! 2006/07/01(土) 20:47:11.52 ID:hxbQwooF0
>>298
斬新な釣りだな



Part5:http://aafss.blog68.fc2.com/blog-entry-440.html
Part7:http://aafss.blog68.fc2.com/blog-entry-458.html




(;´Д`)DOKIDOKI



面白ければ:(・∀・)モキュ?
面白くなければ:Σ(´Д`lll)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。