あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~
面白画像・面白動画・フラッシュ、面白ネタを発見しだい掲載。面白い保証は一切なしw
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711

あぱっちの雄叫び HeadLine


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無償版含むFlex 2登場、「アドビに1円も払わず本格的Webアプリを開発
アドビシステムズは6月29日、Flashベースのリッチクライアント・アプリケーションを開発できる製品群「Adobe Flex 2」と、クライアントの「Adobe Flash Player 9」を発表した。

Flex 2は、無償の開発ツール「Adobe Flex 2 Software Development Kit」(Flex 2 SDK)をラインアップに追加し、デベロッパの大量獲得を狙う。英語版のダウンロード提供は同日開始。日本語版、パッケージ製品は8月下旬に販売開始予定。

無償提供するAdobe Flex 2はコマンドラインでコードを書く開発ツール。FlashベースのWebアプリケーションを開発するためのフレームワーク、クラスライブラリ、コンパイラ、デバッガが付属する。ActionScript 3に対応。米アドビのエンタープライズ&デベロッパー ビジネスユニット担当 シニアディレクター ジェフ・ワトコット(Jeff Whatcott)氏は、「Flex 2 SDKだけで本格的なアプリケーションが開発できる」と話し、「Flex 2 SDKはFlex 2製品ラインの中心だ」とした。

 アドビは、Flex 2で開発したWebアプリケーションをバックエンドのサーバと連携させるためのツール「Adobe Flex Data Services 2」の無償版「Express」も用意した。稼働するサーバのCPUが1プロセッサに限定されるが、Flex 2 SDKと組み合わせることで、クライアントのデータを同期させたり、メッセージサービス、RPCサービスを利用できるようになる。

 アドビはFlex 2の無償版で開発者の大幅な拡大を狙う。ワトコット氏は「Flex 1は大手企業10%だけを狙ってきたが、Flex 2ではデベロッパのマーケットを明確に意識したい。アドビに1円も支払わずに本格的なアプリケーションが開発できることを訴えて、2011年までに100万人のFlex開発者の獲得を目指す」と強調した。

 無償戦略の裏には、Webブラウザをプラットフォームに使ったアプリケーションの限界が見えてきたとの判断がある。ワトコット氏は「Webブラウザはドキュメントの閲覧がメーン。本来はアプリケーション・クライアントではない」と指摘し、「Webブラウザの限界が近づいている」と訴えた。Webアプリケーションの表現方法として注目を集めるAjaxについては「Ajaxは素晴らしいトレンドだが、Webブラウザに頼っていて、いろいろな限定がある。Webブラウザの最終段階がAjax。Flex 2はその限界を超える」と語った。

 有償のIDE製品「Adobe Flex Builder 2」も用意する。Eclipseのプラグインとして動作し、GUIを使ってFlashベースのWebアプリケーションを開発できる。アプリケーションに組み入れて利用できる各種コンポーネントもそろっていて、生産性が高い。アドビのマーケティング本部 公共・法人市場部 部長 小島英揮氏は「生産性とエンタープライズ対応の拡張性を求めるならFlex Builder 2の利用が適している」と説明した。Flex Data Services 2には1クラスタ内での同時接続が100ユーザーまでの「Departmental」と制限がない「Enterprise」もあり、大企業の利用に対応する。

 アドビは同日、Adobe Flash Player 9も発表した。ECMAScript Edition 4に準拠するActionScript 3を採用、新しいActionScript Virtual Machineの実装などで前バージョンと比較して最大10倍の高速化を実現した。同日、ダウンロード提供を開始した。

 アイ・ティ・フロンティアはFlex 2を使って、三菱商事の海外駐在員事務所会計システムを構築した事例を紹介し、「劇的なパフォーマンスアップにより複雑な画面開発が可能になった」などと評価した。

 価格はFlex Builder 2が6万4900円。グラフなどを描画する「Adobe Flex Charting 2」は3万8900円。Flex Builder 2とFlex Charting 2のセット商品は9万7900円となっている。Flex Data Services 2はDepartmentalが78万円、Enterpriseが260万円。


http://www.atmarkit.co.jp/news/200606/30/adobe.html


これは・・・売れなかったからただにしてみたってやつですか?w
実際技術職についていた頃調べてみたんですが
満場一致
「高い」
という結論が出た事は覚えています
ただ、無償で提供するという事は、これに続く新しい何かを発表するつもりなのか
それとも、何か利益回収できる目的があったのか・・・
まさか、認知度UP作戦?
いずれにしてもあぱっち個人としてはまだFlex 2いじらないかもですねぇ
Webブラウザをプラットフォームに使ったアプリケーションの限界が来たと感じたら新しいものに乗り換えるでしょうが・・・
意外と早く来るかも知れませんが、どんなんでしょう



面白ければ:(・∀・)モキュ?
面白くなければ:Σ(´Д`lll)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。