あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~
面白画像・面白動画・フラッシュ、面白ネタを発見しだい掲載。面白い保証は一切なしw
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705

あぱっちの雄叫び HeadLine


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(;^ω^)ブーンの体に黒いシミが出来たようです Part3(第二部)
76 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/30(金) 15:53:40.24 ID:lhhi4eEd0

( ^ω^)「ムゲン……」

∞「ん?」

( ^ω^)「あいつら……一体なんなんだお」

∞「わからない。目的も規模も……危険な存在であることは確かだ」

( ^ω^)「そうじゃないお」


(;^ω^)「一体……この力はなんなんだお」

∞「……?」

(;^ω^)「ブーンもムゲンもそうだお。一体なんのためにこんな力を手に入れてしまったんだお」

(;^ω^)「ブーン達は一体なんなんだお……なんのために……」


77 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/30(金) 15:53:56.79 ID:lhhi4eEd0

∞「それは……わからないが……」

∞「……少なくとも奴らを放っとくわけにもいくまい」

∞「それに恐らく僕の目的の相手もあの中にいるはず……」

( ^ω^)「……そういえば聞いてなかったお。その男と何があったんだお?」

∞「……話すようなことじゃない。ただの……復讐さ」

( ^ω^)「……」


78 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/30(金) 15:54:15.63 ID:lhhi4eEd0

この黒いシミが出来た時、自分は自殺しようとしていた。

きっかけは偶然だとしか思えない。

あの日から夜の空に魅せられ、自殺なんてすっかり忘れていた。

そういう意味では、僕はこの力に感謝するべきなのかもしれない。


ドクオは……力に魅せられた。

力を行使しているんじゃない。

力にとり憑かれてしまった。

きっともう戻ってこれない。


79 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/30(金) 15:54:33.11 ID:lhhi4eEd0

( ^ω^)「……ブーンは……ドクオを止めるお」

友として、してやらなくてはいけないコト。

∞「そうか……」

それが例え友との決別だとしても。

( ^ω^)「待ってるお……ドクオ」

固く結んだ口を夜の闇に隠して。

ブーンは月に向かって跳ねた。


81 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/30(金) 16:18:57.64 ID:lhhi4eEd0

今は使われていない、町外れの工場。
人間だった頃、モヒャと呼ばれていたその男は、ここを「食堂」と呼んでいた。

いつものように人気のない道を歩く女を殺してさらってきた後、ここで晩飯にしようとしたのだが、
突如現れた闇の中の男に邪魔されることになった。

自慢の牙も通用しない闇の男は、モヒャが抵抗するにはあまりにも格が違いすぎた。

顎に一発。

腹に一発。

それだけでモヒャは完全に戦意喪失してしまっていた。

(;´⊇`)「ひゃあああっ!! 許して!! 許してぇっ!!」

「……」

「お前はそうやって助けを求めてきた相手に何をしたお?」

(;´⊇`)「助けてくれ……か、金をやろう!! 全財産出すから!!」

「ダメだお」

闇から顔を出した男は、瀕死の懇願をきっぱり切り捨てた。


82 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/30(金) 16:19:57.95 ID:lhhi4eEd0

(;´⊇`)「あぎゃっ!!」

(;´⊇`)「あああ~!! 内臓が~!! 俺の腸が出てきちゃったよぅ~」

「……お前、『ドクオ』という男を知ってるかお?」

(;´⊇`)「し、知らねぇよぅ……助けて……」

「そうかお……じゃあお前が殺した人達に」

(;´⊇`)「っうぎゅぅ!!」

( ^ω^)「あの世で謝罪してこい」


84 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/30(金) 16:43:15.58 ID:lhhi4eEd0

∞「荒れてるね」

( ^ω^)「ムゲン……」

∞「最初に会った夜が嘘みたいだ」

( ^ω^)「うっさいお。それよりそっちはどうなんだお? なんか情報は掴んだかお?」

∞「すまない。それがさっぱりなんだ。尻尾もつかめない」

( ^ω^)「テラショボス……」

∞「……」


85 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/30(金) 16:43:55.43 ID:lhhi4eEd0

肉塊と化した二つの死体を尻目に、二人(一人と一匹)が工場を後にしようとしたそのとき。

( ^ω^)「!! ムゲン、この気は……」

∞「……ああ、どうやらそのようだね」

( ^ω^)「……能力者かお」

能力者だけに共有・反応する感覚。
その感覚が、今夜二人目の能力者が近づいていることを二人に告げていた。

( ^ω^)「近いお!!」

∞「……来るぞっ!!」





Part2:http://aafss.blog68.fc2.com/blog-entry-436.html
Part4:http://aafss.blog68.fc2.com/blog-entry-439.html




(;´Д`)ドキドキ



面白ければ:(・∀・)モキュ?
面白くなければ:Σ(´Д`lll)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。