あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~
面白画像・面白動画・フラッシュ、面白ネタを発見しだい掲載。面白い保証は一切なしw
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705

あぱっちの雄叫び HeadLine


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( ^ω^)がリングに帰ってきたようです 第1~2話
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします New! 2006/06/30(金) 06:00:55.97 ID:PW0lKHBXO
ノ・ω・`(#「ベルトとったどーッッッ!」

真四角のリングの上で叫ぶ新チャンピオン。

記者「ショボン選手…いえ、チャンピオン、今のお気持ちは?」
(´・ω・`)「最高です!これもセコンドのシャキン兄さんやジム人達のおかげですよ!」
記者「見事VIPの頂点、VIPPERとなったわけですが、今後の予定は?」
m9(´・ω・`)「いつ、いかなる場所、誰の挑戦でも受ける!」

テレビの中でチャンピオンは叫ぶ。テレビの前には人影1つ。

( ^ω^)「ショボン…すごいお。
       それに比べて俺は…」


( ^ω^)がリングに帰ってきたようです

第1話 約束再び

2日後

ボロアパートの中、男は一人鬱になる。彼の名はブーン、元ボクサーだ。

( ´ω`)「もう俺はダメなんだお…ショボンは頑張ったのに、俺は…」
( ´ω`)「そういえばジョルジュに誘われてたお…そろそろ行くかお…」

頼りなさげなドアを開け、粗末なジーンズとTシャツで夜の町へと出かける。

2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします New! 2006/06/30(金) 06:01:36.62 ID:64cgfVQh0
\(^o^)/オワタ


3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします New! 2006/06/30(金) 06:04:26.47 ID:PW0lKHBXO
行き着いた店のネオンがきらめく。

「VIP STAR」

カランコロン…

ドアの鐘が鳴る、入って来た人影はブーン。

( ゚∀゚)「お?ブーンじゃないか、久しぶりだなぁ。」
( ^ω^)「ジョルジュ、久しぶりだお。」
( ゚∀゚)「なぁ…テレビ見たか?」
( ^ω^)「見たお!ショボンはすごいお!」
( ゚∀゚)「俺は決めた…もう1度あの舞台に戻る…」
(;^ω^)「戻る…って、VIPの世界にかお?」
( ゚∀゚)「ああ…それでブーン、お前も戻ってこないか?」
(;^ω^)「そんな!無謀だお!
       僕も君もあんな怪我して―――」
( ゚∀゚)「お前はあんなに頑張ったショボンを見て血が滾らないのか?
     俺達の中で1番弱かったショボン、あいつはもう俺達より強くなっちまった。」

―――そう、ブーンとジョルジュ、そしてショボンはジムの同期だった。
しかし、ジョルジュは試合中に顎を割られ、ブーンは膝を壊した。
それが原因でVIPをやめ、荒巻ジムをやめ、何もかもをやめ、今に至る―――


4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします New! 2006/06/30(金) 06:05:30.69 ID:PW0lKHBXO
(;^ω^)「でも、怪我はどうするんだお?
       僕達はこの先ずっと爆弾を抱えてい―――」
(#゚∀゚)「バカヤロウ!」
( ゚∀゚)「なぁ内藤…怪我なんてもう3年前の話だ、治ってるに決まってる。」
( ゚∀゚)「俺達がまだ治ってないのは―――」

ジョルジュは親指を自分の胸に当てる。

( ゚∀゚)「―――ハートだ。」

ブーンはあれから自室に戻り、モヤモヤとした物を抱えて過ごし続けた。
ジョルジュはその後新たなジムの門を叩きに行くと言っていた。

( ´ω`)「ジョルジュは強いお、でも僕はもう―――       そういえば…」

何かを思い出したように、布団を押し入れから出し、天井裏からダンボール箱を引っ張り出した。

( ^ω^)「懐かしいお…」

それはまだブーンが現役だったころ、VIPのリングで戦っていたころの物だった。

( ^ω^)「僕のグローブ…お?」

グローブに何かが書いてある。

( ^ω^)「これは―――?」

( ^ω^)「えっと…ガ…ン…バ…レ…ブ…ー…ン…」
( ゜ω゜)「これは!!!デレ!!!」


5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします New! 2006/06/30(金) 06:05:57.12 ID:PW0lKHBXO
~~3年と2ヶ月前~~

#)^ω^)「やったお!俺は勝ったお~!」
( ゚∀゚)「おめでとうブーン!」
(´・ω・`)「ブーンは頑張ったよね。」
/ ,' 3「ほっほっほ、うちの新人三連星がこれで見事デビュー戦初勝利を納めたのぅ。」
(;゚∀゚)「やめてくださいよ会長、そんな踏み台にされそうな名前は。」
/ ,' 3「ほっほっほ、スマンスマン。およ?デレは?」
(´・ω・`)「あそこですよ。」
( ^ω^)「デレ…僕勝ったお!」
ξ///)ξ「おめでとうブーン!あの…よかったらグローブ貸してくれないかな…?」
( ^ω^)「?…いいお!ほい!」

キュッキュッキューッ

ツンが黒いマジックでブーンのグローブに文字を書く。

( ^ω^)「何書いてるんだお?」
ξ///)ξ「内藤がこれからも頑張れるようオマジナイを書いたの!」

デレは荒巻会長の孫娘の18歳の女の娘だった。
荒巻ジム内唯一の紅一点であるデレを、22歳の( ^ω^)( ゚∀゚)(´・ω・`)は皆好いていた。


6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします New! 2006/06/30(金) 06:06:25.73 ID:PW0lKHBXO
ξ゚ー゚)ξ「次も無事リングから帰ってきてね!」

チュ☆

ブーンの頬にやらかい(なぜか変換ry感触がする。

(*^ω^)「うは! み な ぎ っ て き た お !」
( ゚∀゚)「いいなーいいなー!俺の時は何もなかったぞー!」
(´・ω・`)「僕の時もだよ…ブーン、ぶち殺すぞ…!!」
( ^ω^)「ちょwwwおまwww時に落ち着けおwww」
/ ,' 3「ほっほっほ、若いってええのぅ!」

~~~~~~~~~~

( ´ω`)「僕は次戦で敗北して膝を壊したお…
       その後のアレも相重なって荒巻ジムも逃げるようにやめてしまったお…」
( ´ω`)「デレは…今の僕を見たらどう思うんだろうかお…」

ブーンが2戦目で敗北した次の週、デレが死んだ。
交通事故だった。
葬儀を終えてもまだデレがいなくなったという実感がなかった。
そして荒巻ジムをやめた。
ジョルジュも、ブーンと同じく2戦目にして怪我を負っていた、そしてこの出来事を機にやめた。
ショボンはジムに残った。

(´・ω・`)「デレさんがいなくなって沈んだ雰囲気(なぜか変換できた)のこのジムの再建を手伝うよ。」


7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします New! 2006/06/30(金) 06:06:53.09 ID:PW0lKHBXO
ショボンはそれから連戦連勝だった、ニュー速王者にあっと言う間に登り詰め、そして最近の…VIP王者…VIPPERとなった。

( ´ω`)「デレ…約束、まだ僕は守れてないおね…」
( ^ω^)「VIPPERになるって約束を…!!!」
( ^ω^)「デレ…ちょっと僕は寄り道しちゃったようだお…
       VIPPERになったら…」
( ;ω;)「VIPPERになったら…デレに会いに行くから待っててお…!!!」
( ;ω;)「だからちょっとの間待っててくれお!」

ボロアパートの中で泣き声が聞こえる、だがただの泣き声じゃなかった…
それは決意した男の雄叫びにも聞こえた…


第1話 終

8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします New! 2006/06/30(金) 06:07:19.81 ID:PW0lKHBXO
第2話 迷?トレーナー その名はドクオ

( ^ω^)「ごめんくださいだおー!」

ブーンが扉を叩く、どうやらVIPPERを目指すため、新たなジムに入門するようだ。
だがこのジムはいささかボロ…もとい、古風な感じが…?

('A`)「はいはい…あーマンドクセ…」
(;^ω^)「(なんだか不健康そうな人だお)あのー、会長さんは?」
('A`)「ああ…俺だよ…ドクオっつーんだ…」
( ^ω^)「実はブーンはVIPPERを目指しにきたんだお!」
('A`)「へぇ…そうなの…?」
(;^ω^)「(何か調子狂うお…)ですから、ブーンはこのジムに入門したいんだお…」

ドクオは煙草を取り出し火をつける。

('A`)y-・~~~「 や だ 」
(;^ω^)「んなっ!なんでですかお!」

ドクオは煙草を足で踏み消し、めんどくさそうに答える。
('A`)「うちはもう畳むから。」

簡潔な答えが帰ってくる。


9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします New! 2006/06/30(金) 06:07:57.12 ID:PW0lKHBXO
( ^ω^)「どうして畳むんですかお?」
('A`)「見りゃわかるだろ…
    こんなにボロいし金は無え、おまけに選手は俺のコーチングに耐えられないとか抜かしやがる。」
('A`)「で…人っこ一人いなくなったってわけよ。」
( ^ω^)「ブーンはあなたのそのコーチングでないとリングに戻れないお…」
('A`)「あん?じゃあわざわざ俺のスパルタ教育を受けにきたわけか?」
( ^ω^)「荒巻会長に聞いて来ましたお…」

ドクオの目の色が急に変わる。

(゚A゚)「荒巻だと…!?」
( ^ω^)「はいですお。」

ブーンは最初荒巻ジムに再入門しようかと考えていた。
しかし、荒巻ジムを見捨てて逃げた自分が嫌だったため、荒巻ジムには入れなかった。何よりあそこにはデレとの思い出がある…
まだデレとの約束を果たしていないブーンは結局荒巻ジムの門を叩くことは無かった。
だが他に頼る人もいないブーンは、これっきりと決め、荒巻にどこかいいジムは無いかと電話で聞いていた。

~~~~~~~~~

/ ,' 3「…そうか、うちに戻る気はないのか…」
( ^ω^)「すいませんお…」


10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします New! 2006/06/30(金) 06:08:29.70 ID:PW0lKHBXO
/ ,' 3「なら今から言うジムに行くといい…」
( ^ω^)「会長…ありがとうございますお…」
/ ,' 3「何、お前は、いや…ジョルジュにショボン、そしてブーン…お前達は皆ワシの息子同然じゃ!」
( ;ω;)「が…がいぢょう…」
/ ,' 3「ただし覚悟しておくのじゃ、ブランクを抱えたお前はあいつのやり方でしか叩き上げることができん。」
/ ,' 3「おまけにきついぞ…」
( ^ω^)「ブーンはもう決めたんですお!」
/ ,' 3「フフ…そういう奴じゃったな、お前は昔から…」
~~~~~~~~~

( ^ω^)「というわけで来ましたお。」
(;A;)「うっ…ぐすっ…」

ドクオが泣いている、ブーンは突然泣き出したドクオに困惑した。

( ^ω^)「???なんで泣いてるんだお?」
(;A;)「好きだった女との約束を守るために立ち上がる…泣ける話じゃねーか!」
(;^ω^)「ブーンはどこからどこまでドクオに話したんだお?」
('A`)「1話から。」
( ^ω^)「把握した。」
どうやらドクオは泣ける話に弱いようです。


11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします New! 2006/06/30(金) 06:10:08.63 ID:PW0lKHBXO
('A`)「だがいいのか…?
    VIPPERを目指すと言うことは現VIPPERのショボンを倒さなきゃいけない…」
('A`)「そしてショボンを倒すということは荒巻に恩を仇で売るような―――」
( ^ω^)「そのへんもちゃんと荒巻会長と話してケジメはつけたお!」
( ^ω^)「今の僕はVIPPERを目指すただ一人の男だお!!!」
('ー`)「フッ…いい面構えだ…俺の若い時にそっくりだ…」
(;^ω^)「それは困るお…」
(#'A`)「んだとゴルァ!」
('A`)「まぁいい…俺も久々に血がうずいてきやがった…」
('∀`)「覚悟はいいかぁ!!」
( ^ω^)「はいですお!」

こうして着々とブーンはかつて歩みを止めた道を進み出す。
…栄光と言う名の道を!!!

第2話 終


12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします New! 2006/06/30(金) 06:14:49.45 ID:Njo1Yw4WO
なかなか好きだな

こういうの

>>1乙


13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします New! 2006/06/30(金) 06:14:53.59 ID:PW0lKHBXO
結構書き溜めたつもりなのにあっというまに尽きてしまったorz
さすがにメモ帳が少ない…
パソコンが欲しいよ…
投下量少ない&スピード遅いなんかは勘弁してくださいorz
一応大まかな道筋は考えてますけど、最近のブーン小説のクオリティーの素晴らしさにいてもたっても(ry
というわけで投下してしまいました。
一応また今日中書き溜めてまた22時頃に投下はしたいと思います。
8時までなら質問、批判、ドンドンこいやゴルァ!( ,,゚Д゚)


14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします New! 2006/06/30(金) 06:17:11.97 ID:KmNeGapX0
( ^ω^)は何階級の選手?



15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします New! 2006/06/30(金) 06:23:37.76 ID:PW0lKHBXO
今見直したら結構誤字脱字がアッー(゚A゚)!

>>14
この物語内のVIPと言うスポーツは階級は在りません(作者が作るの忘れてたわけじゃないよ!)
一応無差別級です、ですからその頂点のショボンはめちゃんこつおい(なぜか変換ryんです!


16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします New! 2006/06/30(金) 06:25:54.41 ID:/Jj3PRNbO
次回投下までスレが残ってるor新スレ立って継続してたら、まとめ依頼していいかな?

スレ立てられなければ、案内所スレで依頼すれば良し。

俺は続きを読みたい。

では、お休み。

保守出来る人、頼む。


17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします New! 2006/06/30(金) 06:26:11.82 ID:K9B74UCj0
階級がないボクシングってww。
無差別級しかないってことでOK?


18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします New! 2006/06/30(金) 06:36:35.81 ID:PW0lKHBXO
一応書いといた方がいいですかね…

~VIP~

単純に説明すると階級無しのボクシング。
上位ランカーをほとんどヘビー級の選手で固めながらも、サブミッション等を抜き、純粋に拳と拳の勝負で決着をつける新たなスポーツ。
創始者兼初代VIPPERはミ,,゚Д゚彡
体重の軽い選手はほとんど挑戦しようとしないスポーツ。


~ニュー速~

簡単に言えばVIPのアマチュア版。
体重差±5kg以上との選手と戦う時は、腕や足に体重差を無くすよう重い錘を着けるルールがある。
迫力がVIPと比べて無いが、それなりに人気はある。



基本ボクシングですけど、言っておきます。
作者はあまりボクシング知りません、「はじめの一歩読んでるぜw」ぐらいの知識しか無いです。
ですからボクシングのルールと多少違っても作者をドギツく批判しないように。
やんわりかつ直球で批判してちょ!


19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします New! 2006/06/30(金) 06:43:01.84 ID:PW0lKHBXO
>>16
続きを読みたいなんてうれしいこと言ってくれるじゃな(ry

おおおお願いします!!!
無礼なのはわかってますが、一応このスレは誰か
「続き読みたいし、今日暇だしなー、保守してやってもいい気分だぜ!」って人がいれば保守しといて欲しいです。
メモ帳が少なくて1話と2話を消さないと3話と4話が書けないので…
もしスレ落としてもまとめに載せれるなら落としてもらっても結構です。
スレ立ては基本自分で無理なら総合スレで頼んで来ます。

>>17
だいたいそれでおkです。


20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします New! 2006/06/30(金) 07:24:44.74 ID:PW0lKHBXO
自ら保守

今執筆中だから待っててね!


21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします New! 2006/06/30(金) 07:32:26.65 ID:yAVA/VHrO
がんばれよ




凄い続きが気になる
しかし、この手の話を作る人の感性と文章構成とかには正直嫉妬w
続きに期待



面白ければ:(・∀・)モキュ?
面白くなければ:Σ(´Д`lll)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。