あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~
面白画像・面白動画・フラッシュ、面白ネタを発見しだい掲載。面白い保証は一切なしw
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709

あぱっちの雄叫び HeadLine


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
帰ってきた朝鮮王朝実録、今後の返還運動にはずみ
「東京大学所蔵の朝鮮王朝実録(以下「実録」)の返還により、5大史庫の一つである五台山
史庫・五台山本の実物に接することができるようになりました」(翰林大学・韓永愚
(ハン・ヨンウ)特任教授)。
強奪→焼失→一部返還→全面返還にいたるまで、実録五台山本は奪われた韓国文化財の
典型的な受難の歴史を経て、遂に戻ってきた。日本植民地時代に奪われた五台山本は1923年の関東大震災で760冊のうち74冊だけ残った。その一部27冊が1932年、京城帝国
大学に返還された。そうして74年後、ばらばらになっていた実録がついに再会を果たした。
今年初めから返還運動を主導してきた「実録還収委員会」共同議長・月精寺のチョンニョム
住職と奉先寺のチョルアン住職、「実録を取り戻す国会議員の集まり」共同代表の
金元雄(キム・ウォンウン)議員と魯会燦(ノ・フェチャン)議員らが大きな役割を果たした。

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/05/31/20060531000036.html


「強奪→焼失→一部返還→全面返還」
だそうです^^;
まぁ予想していたといえ・・・ねぇ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2006 あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。