あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~
面白画像・面白動画・フラッシュ、面白ネタを発見しだい掲載。面白い保証は一切なしw
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707

あぱっちの雄叫び HeadLine


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
株取引は「ロボ」任せ マネックス、来年5月から個人向けサービス
インターネット専業証券大手のマネックス・ビーンズ・ホールディングスは28日、2007年5月をめどに、個人投資家向けに、人工知能を持つコンピュータープログラムが株式取引を自動売買する「カブロボ」の商用サービスを始める方針を明らかにした。

コンピューターによる株式や債券などの売買システムは機関投資家向けでは稼働しているが、個人投資家向けに売買サービスを提供するのは業界初。

 「カブロボ」は形のあるロボットではなく、株式売買を自動的に行うソフトウエア。サービス提供は当初、相場のチャート分析や、経済のファンダメンタルズ(基礎的条件)分析に強いなどといった特徴を持つ「カブロボ」を10種類前後そろえ、個人投資家が投資信託を買うように「カブロボ」に小口資金を委託する仕組みにする。これまで人間が資産運用していたファンドマネジャーの役割を、コンピュータープログラムが受け持つ格好だ。

 自分が選んだ「カブロボ」に「円安で株式相場も下がったら、この業種・銘柄に買い注文を」「資金の3割を国内株に、2割を債券に…」などと自身の運用方針を伝えると、自分だけの「カブロボ」を作れるカスタマイズ機能もつける。

 金融当局の認可を得られれば、こうしたテーラーメード感覚の資産運用・管理サービスに参入することも検討している。

 マネックスは今年4月、早稲田大情報技術研究所との共同出資会社「トレード・サイエンス」(東京都新宿区)を創設。「カブロボ」商用化の準備を進めていた。

 7月からシステムを一般公募し、11月末にその中から選んだ優秀な「カブロボ」10プログラム程度を選定する。その後は半年間、総額5億円の資金を実際に預ける試験運用に移る計画だ。

http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200606290026a.nwc



実際売りのタイミングとか図れないですから、
とりあえず人間様の仕事を奪う程に急成長はないと思いますが
何処まで実用性があるかですよね
実際どれ程のものなんでしょう?
売りのタイミングずれると痛い目見ますしね
個人的には、特定の銘柄の株価がヤバイ時に連続で売り動作を行わせる
位しか用途として思い浮かばないですし
ちなみに手数料はいくらになるのですかね?



面白ければ:(・∀・)モキュ?
面白くなければ:Σ(´Д`lll)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。