あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~
面白画像・面白動画・フラッシュ、面白ネタを発見しだい掲載。面白い保証は一切なしw
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707

あぱっちの雄叫び HeadLine


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
射殺のヒグマ、ぬいぐるみで復活へ=独玩具メーカーが計画
【ベルリン27日】ドイツ南部バイエルン州でこのほど、「ブルーノ」の愛称で親しまれた2歳の野生のヒグマ(写真)が、人に危害を与える恐れありとの当局の命令で射殺されたが、同国の玩具メーカーが早くも、ブルーノ人気に乗じて限定版のクマのぬいぐるみの製造・販売を計画している。
玩具メーカーは「ブルーノに捧げる」としてぬいぐるみの製造を計画。首に黒い弓形の模様の付いた高さ約30センチの限定版ぬいぐるみ2000個を販売する考えだ。地元の映画制作者2人も、ブルーノの「冒険」を扱った映画の制作を進めているという。

ブルーノはイタリア北部の自然公園から逃亡し、オーストリアを経て5月にバイエルン州にやって来た。野生のクマが170年余りもいなかったドイツでは珍しがられ人気が上昇。しかし、農家の羊や鶏などを襲ったりしたため、当局の命令を受けた狩猟協会のハンターが射殺した。

ところがこれに対して非難の嵐が巻き起こり、抗議が殺到した狩猟協会は報復の恐れがあるとしてハンターの氏名公表を拒否。地元当局も、ブルーノは人に近づき過ぎて危険だったと釈明に追われている。


http://www.ocn.ne.jp/news/data/20060629/a060627163820.2do146gn.html



以前掲載したブルーノ君の続報
正直かわいそうはかわいそうなんですよね
射殺する前に動物園に引き取るとかできなかったんですかね?
まぁ、野生の熊と動物園の熊が共存するのは難しいのでしょうが・・・
当然、人間とヒグマの共存も難しいわけですが・・・
ただ人形販売、これって便乗商売のような気もしないでもない・・・
あぱっちの心が汚れているだけなんでしょうか?



面白ければ:(・∀・)モキュ?
面白くなければ:Σ(´Д`lll)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。