あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~
面白画像・面白動画・フラッシュ、面白ネタを発見しだい掲載。面白い保証は一切なしw
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709

あぱっちの雄叫び HeadLine


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米全土射程「テポドンX」北が計画、技術的には困難?
北朝鮮の弾道ミサイル「テポドン2号」の発射が懸念される中、北朝鮮が米国全土を射程に収めることができる大陸間弾道弾(ICBM)の開発を計画していることが、米議会調査局や欧米軍事分析機関の最近の報告でわかった。


 米情報当局は、この新ミサイルを「テポドンX」と呼んで、警戒感を強めているという。

 議会調査局の報告書などによると、テポドンXは、テポドン2をより長射程にし、命中精度を改良したものを狙っていると考えられている。技術的な詳細は不明だが、1990年代に北朝鮮側に流出したとされる旧ソ連の潜水艦発射型弾道ミサイル「SSN6」を機体の一部に使用したか、テポドン2にSSN6の技術を加えて設計し直したとの見方が出ている。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060626-00000001-yom-int


ソースの信頼性云々は別にしても、作る事は間違いないとおもいますが・・・
実際今までミサイル作り続けて来たわけですし、核開発もしてきたわけですから
技術力が足りなくてもあぶれた技術者ならロシアにもいますし
そういった人材の知識を取り込めばいいわけですしね
実際、作れればアメリカに強気の外交も出来ますし

ただ、開発する資金があるのかというと微妙なラインですよね
開発途中で国家として成り立たなくなる可能性も充分に考えられますし
アメリカとしてもこれ以上核開発やミサイルに関して手をこまねいている訳にもいかないでしょうからね
日本に火の粉が降りかからないか心配な部分ではあります
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。