あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~
面白画像・面白動画・フラッシュ、面白ネタを発見しだい掲載。面白い保証は一切なしw
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705

あぱっちの雄叫び HeadLine


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冥王星の新衛星の名前は、「ニクス」と「ヒドラ」
「ニクス(Nix)」と「ヒドラ(Hydra)」 - これが、2005年5月に発見された、冥王星の2つの新衛星につけられた名前だ。発見した研究グループの申請を受けて国際天文学連合(IAU)が正式に決定したもので、どちらも神話における冥界に関係している。


冥王星の衛星が3つになったのは、冥王星自体の発見から75年、そして巨大な衛星カロンの発見から27年も経った、2005年5月のことだ。アメリカの研究グループがハッブル宇宙望遠鏡の撮影した写真から2つの新衛星を発見した。それ以来、外側の衛星にはS/2005 P1、内側にはS/2005 P2という仮符号がつけられていたが、それぞれ正式に「ヒドラ」と「ニクス」と命名されたのである。

発見したグループは、2つの衛星のため名前の候補を20個以上用意したようだが、やはり冥界と関わりのある神話上の名前が選ばれた。冥王星の英語名は「プルートー(Pluto)」で、ギリシャ・ローマ神話における冥界を統べる神の名前だ。また、最初の衛星カロン(Charon)は冥界の川の渡し守である。ギリシャ神話で、カロンの母親は「ニュクス(Nyx)」という夜の神。そこで、"Nyx"がS/2005 P2の名前としてIAUに申請されたが、この名前はすでに小惑星に使われていたことから、エジプトの神でニュクスにあたる、「ニクス(Nix)」が採用された。一方、「ヒドラ」といえばギリシャ神話における9本首の化け物としてよく知られているが、冥界を守る怪物でもある。こちらは、夜空に輝く星座の1つ「うみへび座(Hydra)」にもなっている。

他にも冥界に関係している人物や怪物は数多く存在するが、「ニクス」と「ヒドラ」が選ばれたのには科学者たちの強いこだわりもあった。"Nix"と"Hydra"の頭文字、"N"と"H"は、今年打ち上げられた冥王星探査機「ニューホライズンズ(New Horizons)」の頭文字にも通じるのだ。2015年の夏に冥王星に到着するニューホライズンズは、「ニクス」と「ヒドラ」に続く新衛星を発見することも期待されている。さらに、「ヒドラ」は9本首の化け物。「9番目の惑星」にふさわしい名前だ、と発見したグループは主張している。

そう、今、冥王星の「9番目の惑星」としての地位が揺らいでいるのだ。冥王星軌道付近には「エッジワース・カイパーベルト天体」と呼ばれる無数の小天体が存在し、冥王星に近いサイズのものが数多く見つかっていて、ついには冥王星よりも大きい天体「2003 UB313」も発見された。そして今年の8月、IAUはついに、初めて「惑星」の定義を正式に議論して決定する。はたして「ニクス」と「ヒドラ」の存在は、冥王星の地位を守る助けとなるだろうか?

衛星の名前はどのようにつけられた?
西洋の惑星の名前を考慮して、それぞれの衛星が公転する惑星の名の神に関係するギリシャ神話の登場人物の名前がつけられるのが一般的です。例えば、木星(ゼウス)ならゼウスの生涯に登場する人物(特に恋人)が、海王星なら海に関係する人物の名前がつけられています。例外として、天王星の衛星にだけは、シェークスピア作品の登場人物の名前がつけられています。(「太陽系ビジュアルブック」より)


http://www.astroarts.co.jp/news/2006/06/23nix_hydra/index-j.shtml


以外に惑星って発見されにくいんですよね
だからこそ、天文台で新しい惑星発見したら名前をつけられるのですが^^;
でも冥王星の前に惑星があると認定されたら
今まであぱっちや多くの人が学んできた惑星の覚える順番が微妙に変わってきますね
いずれにせよ、楽しみですね
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。