あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~
面白画像・面白動画・フラッシュ、面白ネタを発見しだい掲載。面白い保証は一切なしw
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707

あぱっちの雄叫び HeadLine


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロボット技術:「日本版サンダーバード」ネットで研究
最先端のロボット技術による民間国際救助隊結成を目指すプロジェクトが、インターネット上で始まる。ロボット研究者や建設会社、航空会社などが参加し、基地建設の費用や実際の運用方法を練る。関係者は「日本版サンダーバードを目指し、将来の国際救助活動につながる提案をしたい」と意気込んでいる。

プロジェクトを進めるのは、前田建設工業(東京都千代田区)の「ファンタジー営業部」。アニメなどに登場する施設を実際につくれるかどうかを検討する有志社員の集まりで、ゼネコンの仕事を広く知ってもらおうと03年2月に始まった。例えば、マジンガーZの格納庫は約72億円、銀河鉄道999の発着用高架橋一式で約37億円と見積額などを公表してきた。

 プロジェクトは、ロボットを中心とした救助システムの研究開発を進める「NPO法人国際レスキューシステム研究機構(IRS)」が呼び掛けた。「謎の世界的大富豪」から発注を受けたとの想定で、地震や洪水などの大規模災害やテロの救助に向かう民間組織結成を目指す。同社が基地建設、IRSが救助ロボット開発を担当する。このほかにも、▽全日空(救助隊の輸送)▽コマツ(救助作業車の運用など)▽オンワード樫山(作業服のデザイン)などが参加する。

 特徴は現在の段階で実用可能な技術や機材、スタッフを活用し、空想でない「救助隊」にすること。災害救助経験のある消防職員らからも助言を受ける。

 プロジェクトは前田建設工業ファンタジー営業部のホームページ(http://www.maeda.co.jp/fantasy/)上で30日にスタート。検討の結果が毎月1回更新され、全体像を半年程度で練り上げるという。

 担当する前田建設の岩坂照之さん(37)は「災害救助という目的に向けて、実際の技術力や想像力がどう結実するか期待してほしい」と話している


http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20060626k0000m040087000c.html



銀河鉄道999の発着用高架橋一式で約37億円
マジンガーZの格納庫は約72億円
日本版サンダーバードの救助ロボ?円
夢はプライスレス

日本版サンダーバードですか
何かわくわくしてしまう悲しい性のあぱっちです
是非とも実現して欲しいですね
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。