あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~
面白画像・面白動画・フラッシュ、面白ネタを発見しだい掲載。面白い保証は一切なしw
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709

あぱっちの雄叫び HeadLine


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
16人だけの寄せ書き―決起集会で露呈した温度差
ボン郊外の日本食レストラン内に日の丸が掲げられている。そこには日本代表選手のサインが書き込まれている。
15日夜、オーストラリア戦敗戦のショックを払しょくし、クロアチア戦に向けて気勢を上げるため、
中田が提案し、選手だけの決起集会を行った。
その時、日の丸を見つけて「サインを書こう」という話になり、中田が先頭に立って書き入れたものだ。
ところが、サインの数は16人分しかない。当日、中村は発熱で欠席したものの出席者は22人。
つまり、その席にいた中の6人は書かなかったことになる。この事実がチーム内の溝を象徴していた。


今大会を集大成と位置づけた中田はチームワークも重視し、チームの輪にも積極的に入ろうとしていた。
練習前には仲の良いグループでウオームアップを行う。
中田はこれまで1人離れて体をほぐしていたが、W杯前には一時、
小野らを中心とする黄金世代と一緒にリフティングに興じたこともある。
「ヒデさんが1人でいるからチームを盛り上げるためにも誘った方がいいかな」
という後輩の誘いに応じ、中田が歩み寄ったのだ。

 しかし、それも長続きはしなかった。
控室でも読書をするように1人を好み、練習前もストイックに集中を高める中田。
楽しい雰囲気でボールと戯れる黄金世代。
他にもチーム内にはいくつか仲の良いグループもあった。
ただ、中田の妥協を許さぬ姿勢は1人、明らかに突出していた。

 W杯予選でも、出場停止を含めると12試合中7試合を中田抜きで戦った。だが、苦戦のたびに中田待望論が浮上。
日本代表は中田頼みという側面がクローズアップされた。
本大会では、その傾向がより顕著だった。
今大会に懸けていた中田は全身全霊を込めて走り続けた。
ジーコ監督はその姿を
「試合でも練習でも常に全力を傾けられるのは1つの才能」
と敬意を表した。
ピッチを離れれば仲がいいことは悪いことではない。
ただ、ピッチ上でのプロ意識はどうだったのか。
はからずもジーコ監督は
「(日本の課題は)プロフェッショナリズムだ」
という言葉を残した。

 指揮官は大会を振り返って
「日本の文化なのかもしれないが、選手同士が言い合うことが必要。
けんかをしろと言っているわけではないが、仲良しクラブではいけない。
厳しくやっていかないといけない」
と語った。
21歳から欧州でプレーし続ける中田は自分にも他人にも決して妥協しない。
練習ではポジションを奪うため、試合では勝つために全力を尽くす。
中田は自らも全力疾走し
「走らなければサッカーにならない」
とチームメートにも全力でプレーすることを求めた。
クロアチア戦ではジーコ監督に動きの悪い福西の交代を進言した。
勝つためには当然の行動だった。
ただ、それを受け入れる土壌が日本にはまだなかった。

 中田と同世代で主将の宮本は中田と周囲の距離を埋めようとしたが、結局、チームは1つになり切れないまま3試合を戦った。
「戦う姿勢」
を見ることができなかったのも無理はなかった。
ブラジル戦後、日本のふがいなさに中田は号泣した。
たった1人で。


http://www.sponichi.co.jp/soccer/special/2006_japan_wc/rensai_saisei/KFullNormal20060625143.html




人の見方の違いもありますが
プロフェッショナルもいいんですが
少なくとも、サッカーは連携、チームワークって必要ですよね?
仲悪くても、プレースタイルを理解すればある程度連携は取れるでしょうが、
明らかにパスミスの目だった中田の原因ってそこなんでは?
と思ってしまいます
戦意が少ない部分は間違いなくなったのかも知れませんが、
勝つために妥協を許さないなら、中田のポジションでの仕事をしっかりする必要はあったと思いますし
結局、イタリア、イングランドで試合に出れない部分がそこにあるのではないかと思ってしまうあぱっちです
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。