あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~
面白画像・面白動画・フラッシュ、面白ネタを発見しだい掲載。面白い保証は一切なしw
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709

あぱっちの雄叫び HeadLine


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
竹島海域の名称、韓国が提案見送り
韓国政府は、ドイツで21~23日に開かれた海底地形名称小委員会で、竹島周辺海域の地形名称を提案しなかった。

 日本政府は4月の日韓次官協議の合意が守られたとして、一定の評価をしている。ただ、韓国は7月上旬に竹島周辺の日本の主張する排他的経済水域(EEZ)を含む海域で海流調査を行う構えで、政府は「再び日韓間に緊張が高まりかねない」と懸念している。


日韓両政府は4月の協議で、日本が竹島周辺での海洋調査を中止する代わりに、韓国が地形名称の提案を見送ることで合意した。だが、その後も韓国側は、名称変更の準備が整えば、国会の了承を得て提案を行う可能性に言及していた。

 ただ、海底地形名称小委員会は研究者が学術的な議論を交わす場で、「全会一致が原則で、係争地域内の提案が認められる可能性は極めて低い」(関係者)とされる。さらに、「提案自体が、竹島が係争地域だと国際的に認知されることにつながり、韓国にとってマイナス」(政府筋)との見方も強かった。外務省幹部は「韓国側は冷静な判断をした」と分析している。

 一方、韓国の海流調査については、麻生外相が20日夜、韓国の潘基文(パンギムン)外交通商相と電話会談した際、調査の自粛を求めた。潘外相は、調査が深刻な事態を招くとの認識を示す一方、明確な回答はしなかったという。

 政府が韓国の調査を懸念するのは、日韓関係の悪化に加え、「北朝鮮に弾道ミサイル発射の中止を促している国際社会の足並みの乱れが露呈し、北朝鮮を利する」(外務省幹部)と見るためだ。日本人拉致問題の解決にもマイナスとなる。


http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20060624i414.htm



個人的にはあえてこのタイミングで手を出してきているようにおもえるんですが、
どうなんでしょうね?
北朝鮮と同じ民族からとおいう安心感があるのか
それとも、危険性気が付いていないだけなのか、危険性を無視しているのか
いずれにせよ、韓国と折り合いつけてやっていくには難しい国ですよね
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。