あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~
面白画像・面白動画・フラッシュ、面白ネタを発見しだい掲載。面白い保証は一切なしw
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710

あぱっちの雄叫び HeadLine


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本のコンテンツ市場規模は11兆円、ネットワーク配信市場も急成長
総務省は23日、テレビやインターネット、書籍販売などを通じて流通するコンテンツ(メディア・ソフト)に関する市場調査の結果を発表した。2004年におけるコンテンツの市場規模は11兆627億円で、このうちインターネット上で配信されるコンテンツの市場規模は6,901億円に上り、前年比約30%増の拡大を示した。


調査によれば、2004年におけるコンテンツの市場規模は、前年比1.9%(2,023億円)増となる11兆627億円に達し、過去最高の数値。コンテンツの内訳では、映像系(映画、テレビ番組など)が前年比3.2%増の5兆752億円、音声系(音楽、ラジオ番組など)が同1.4%増の9,444億円、テキスト系(新聞記事、雑誌など)が同0.7%増の5兆431億円で、いずれも拡大傾向を示した。

 インターネット上で流通するコンテンツの市場規模は、前年比28.6%(1,538億円)増となる6,901億円。コンテンツ市場全体からすると約6%のシェアにとどまるが、2000年と比べると139.5%の成長が見られた。コンテンツの内訳では、テキスト系が3,084億円でトップ。以下は映像系の1,943億円、音声系の1,875億円と続いた。

 このほか、利用者が視聴・消費したコンテンツの流通量は、テキスト系が10兆7,521億時間(前年比7.3%増)で圧倒的に多かった。映像系は1,741億時間(同6.7%増)、音声系は308.5億時間(同11.4%)で、いずれも増加した。


http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/06/23/12446.html



テキスト系がダントツですね
あぱっちも確かに利用していますが、まさかここまでとは^^;
しかし、音楽系のコンテンツでwinnyの存在に関していろいろ言われていますが
音楽CDの販売減少はあくまでも作品のクオリティの劣化
購買意欲を掻き立てない部分にも影響があると思うんですが
どうなんでしょう?
ちなみに、ネットワークの部分では
6,901億円
どのレベルまで含めてこの数値を算出しているのでしょうか?
その点が気になるところです
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。