あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~
面白画像・面白動画・フラッシュ、面白ネタを発見しだい掲載。面白い保証は一切なしw
200605<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200606

あぱっちの雄叫び HeadLine


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<W杯>「オフサイドだろ?」…釈然としない主審判定
「今のはオフサイドじゃないの?」。主審の釈然としない判定もあり、ワールドカップ(W杯)2大会連続16強の夢は消えた。

2006ドイツW杯1次リーグG組最終戦が行われたハノーバーW杯競技場。韓国代表は0-1とリードを許した後半32分、スイスのマルガイラスの瞬間的なスルーパスで左サイドを突かれた。


その瞬間、オフサイドフラッグが上がった。しかし主審のアリソンド(アルゼンチン)はプレーをそのまま継続させ、結局フライがGK李雲在(イ・ウンジェ)と1対1の状況になり、追加ゴールを決めた。

副審のオフサイドフラッグを見た守備手らがプレーを止めた後に決められたゴールだった。スイスのゴールが宣言された瞬間、韓国選手らは主審と副審に駆け寄り一斉に抗議したが、判定は覆らなかった。

なぜオフサイド判定が主審に認められなかったのか。競技場でリプレーされたゴール状況を見ると、マルガイラスがパスしたボールは、韓国選手のつま先に当たって方向が変わり、フライに渡った。

副審はフライの位置を見てフラッグを上げたが、主審は韓国選手のつま先に当たってフライにつながったと判断し、プレーを継続したのだ。

チョ・クァンレ解説委員は「緩和されたオフサイド規定によるゴールと考えられる」とし、「スイス選手がパスをする瞬間にはオフサイドの位置にいたが、韓国選手のつま先に当たった状況なので主審はオフサイドを認めなかったようだ。主審の裁量としか言いようがない」と説明した。

しかしパスが出た瞬間、すでに副審のフラッグは上がっていたため、主審の判定は残念でならない。

前半42分にも、李天秀(イ・チョンス)のCKがペナルティーエリア内でスイス守備手ミュラーの手に当たったが、主審はハンドを認めなかった。ボールに当たった瞬間、ミュラーの両手は体から離れていなかったということだ。

釈然としないアリソンド主審の判定に韓国サッカーの決勝トーナメント進出の夢が断たれる瞬間だった。


http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=77122&servcode=600§code=610



まぁフランス戦引分に出来たんだから、本来の敗戦がここに来たということで^^;
でも実際スイス強かったですしね
それにしても旗上げたといえ、主審がフエ吹かずにいるのに試合をとめるのはどうかと思いますよ
以前、鹿島で秋田がキーパーチャージか何かで試合が主審のフエが無いままで止まりそうになってた時外にボールを蹴りだしてました
それ位安全に気を使っていたわけですし
それをしない韓国に問題もありますしね^^;
ちなみに、2chで見つけたgifですが
http://image.i-bbs.sijex.net/bbs/desktop/1151101147873o.gif
これがその時のプレーですかね?
これだとオフサイドじゃない気もします
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。