あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~
面白画像・面白動画・フラッシュ、面白ネタを発見しだい掲載。面白い保証は一切なしw
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710

あぱっちの雄叫び HeadLine


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
条例制定めざす会 直接請求の意義を総括
6月定例竹富町議会(川満栄長議長)は19日の本会議で、無防備地区宣言を盛り込んだ竹富町平和条例案の表決を行い、賛成少数で否決した。直接請求のための署名活動を行った「町無防備平和条例をめざす会」(石原昌武代表)はコメントを発表し、「1096人の署名に込められた熱い思いが否決された。これが竹富町の議会の現実かと思うと悲しい限り」と述べる一方、「町民自らが重要事項を見付け、行動に移したことは極めて意義があった」と直接請求による条例制定の活動を総括した。傍聴席には10数人が詰めかけ、関心の高さをうかがわせた。


本会議の討論では、嘉良直氏が「無防備地区宣言の有効性を疑問視する意見もあるが、真に平和を愛し、憲法9条を守る立場から、軍隊を絶対に入れない、軍事基地を造らせない、戦争に協力しないという意志を表明することは大事」と賛成討論。

那良伊孝氏は、大盛武町長の意見書を引用して同地区宣言は無効だとの立場を示すとともに、「町財政は厳しい。2004年度の依存財源は78%。行政執行に支障を来してはならない」と主張、国が否定的な考えを示している無防備地区宣言を盛り込んだ条例案を可決すれば、国から財政的な締め付けを受けるおそれがあるとの懸念を示し、反対討論した。



採決は挙手で行い、美底清照、大城一文、嘉良直の3氏が賛成した。西大舛高旬、新博文、西表貫之、黒島彪の4氏は退席した。

無防備地区宣言に否定的な意見書をまとめた大盛武町長は、同条例案の否決について「(条例制定の直接請求は)たくさんの話題を考える機会を与え、有意義だった。1096人の署名には重みがあり、『非核平和のまち宣言』を発展させ、独自の平和条例制定を一つの目標にして議論していきたい」と述べた。


http://www.y-mainichi.co.jp/article.php?id=5086



正直、正気ですか?
といいたいです
侵略は侵略者の思考で攻撃は攻撃する側の考えで行われるものです
無防備宣言をすれば、軍隊(語弊もありますが自衛隊含む)をおかなければ
侵略や攻撃を受けずにすむと思っているんでしょうか?
言い方が悪いですが平和ボケしているとしか思えません
終戦直後の日本人がどんな状態だったか知っているんでしょうか?
中国や日本領土で中国人、韓国人、米兵、ロシア兵に日本女性が強姦されたり
日本人の虐殺がありました
日本領土も駅周辺の一等地や利益は暴力で奪われたり、自分の知らない間に奪われてそのままになっています
仮にアジア杯、WC杯で見たように反日感情をあおり続ける韓国、中国が占領したらどうなるでしょうか?
近年、中国が認めていないチベット含むジェノサイドを理解しているんでしょうか?
降りかかる火の粉は自分で払わなければならない
とあぱっちは思っています
確かに
「憲法9条を守る立場から、軍隊を絶対に入れない、軍事基地を造らせない、戦争に協力しない」
この考えが理想的ですが、
現状実現不可能です
実際、国連も守ってくれません
コンゴ紛争等見てもわかるように無力とは言いませんが、その力は期待できないと見ていいと思います
ましてや、北朝鮮の動きが不穏なものになりつつある現在、その点を見直すいい機会なのではないかと思います
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。