あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~
面白画像・面白動画・フラッシュ、面白ネタを発見しだい掲載。面白い保証は一切なしw
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711

あぱっちの雄叫び HeadLine


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
県教委:生徒の言葉遣い指導へ 教員向けパンフ作成--年度内に /山梨
◇小中12校で現状を調査

 「うざい」「むかつく」--。若者の言語の乱れが目立つ中、県教委は小中学校で言語の乱れの度合いが簡単にチェックできるシートや他者との豊かなコミュニケーション能力を育成するための指導方法などをまとめた教諭向けのパンフレットを今年度中に作成する。作成に向け、県内の小中学校計12校を対象に児童生徒の言葉遣いの実態を調査、乱れの原因を明らかにし、どのような指導ができるかを検討する。【鷲頭彰子】



県教委の重点項目である国語力向上に向けた取り組みの一環。「子供たちが相手や状況に応じた適切な言葉を知らないため『うざい』など短絡的な言葉を使い、他者とコミュニケーションが上手に取れない原因となっている」(義務教育課)とし、5月に職員や保護者、学識経験者など30人で構成する「国語力向上推進協議会」を設立した。

 同協議会は、県内の小学校6校、中学校6校の計12校に協力を依頼。先生や友だちとあいさつをしているか▽友だちと話す際にどのような言葉遣いをしているか▽敬語を使うことができるか--など言語の乱れの度合いを年度内にアンケート調査して現状を分析する。

 協議会は、調査結果をもとに小中学校で使用できるチェックシートを作成する。また、相手の話を最後まで聞き、いったん受け止めてから自分の考えを話すなど、日ごろから話し方を指導している複数の小学校の指導法をまとめ、チェックシートと合わせてパンフレットにまとめる。パンフレットは全小中学校に配布、指導に役立てる。

http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/yamanashi/news/20060621ddlk19040082000c.html




最近の日本語の乱れの指導に関しては反対ではありませんが、
しっかりとした日本語教育したら?
って思いががどうしてもぬぐい切れません
大人や教師がしっかりとした日本語の使い方、しゃべり方を教える事が出来ていないような気がします
(あぱっちもですが)
ただ、新しい言葉の誕生を阻害しないか不安にはなりますね
それにしても・・・(゚ν゚)ニホンゴムズカスィネー
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。