あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~
面白画像・面白動画・フラッシュ、面白ネタを発見しだい掲載。面白い保証は一切なしw
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709

あぱっちの雄叫び HeadLine


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コウモリはウマ・イヌの仲間 東工大教授らDNA解析
空を飛ぶ哺乳(ほにゅう)類、コウモリはウマやイヌと近い仲間で、サルやネズミとは縁遠いことを東京工業大の岡田典弘教授らがDNAの解析で突き止めた。米科学アカデミー紀要の今週の電子版に発表する。


コウモリは、姿かたちから霊長類に近いとされていたが、最近のDNA解析でクジラやウマなどに近いことがわかってきた。だが、詳しい進化の位置づけは不明だった。

 岡田教授らは、DNAの中で自分自身の複製を増やしていくレトロポゾンと呼ばれる小さな配列を使い、進化の道筋を調べた。レトロポゾンは1回、染色体に入り込むと抜けずに子孫に伝わるため、レトロポゾンの位置を調べることで、枝分かれした順序がわかる。

 その結果、コウモリ、ウマ、イヌ、ウシ、クジラの枝分かれの順序は、まずウシとクジラのグループが分かれ、その後、コウモリが分かれたとわかった。

 岡田教授は、共通祖先を持つコウモリとウマとイヌの仲間を、翼のある馬のペガサスをもじって「ペガソフェラエ」というグループ名で呼ぶことを提案した。


http://www.asahi.com/science/news/TKY200606200469.html



共通先祖なんですか^^;
いやぁ・・・、人間の先祖をたどると唖然としてしまいますが、
実際親戚(遠い親戚ですが)が蝙蝠とか馬とか犬と思うと不思議な気分ですよね
当の本人達は訳わからんでしょうが^^;
でもどうやって体が大きくなったり、空を飛べるようになったりするのか、進化の奇跡ですよね
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。