あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~
面白画像・面白動画・フラッシュ、面白ネタを発見しだい掲載。面白い保証は一切なしw
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705

あぱっちの雄叫び HeadLine


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外国人にそっぽ向かれる国立中央博物館館
外国人にそっぽ向かれる国立中央博物館館

4100億ウォンを越える資金をかけて去年10月開館した国立中央博物館の一日の外国人入場者数が13人にとどまっていることが調査でわかった。
景福宮を訪れる一日の外国人観光客約2800人、国立民族博物館を訪れる外国人約3600人に比べ深刻な水準だ
中央博物館が最近、与党ヨルリン・ウリ党の盧雄来(ノ・ウンネ)議員に提出した資料によると
博物館への入場が有料となった今年1月から3カ月間で中央博物館に入館した外国人は約1200人と一日平均13人だった。
同期間に韓国各地にある11の国立博物館も事情はほぼ同じ。
公州博物館6人、扶餘4人、大邱・清州・金海・済州3人、光州・全州・春川2人、晋州1人だった。
慶州博物館だけは102人と3桁を越えた。

外国人観光客がソウル市内観光コースに中央博物館を入れるには他の観光スポットから離れすぎていて、これといったメリットがないということだ。
ソウル市内ツアーバスの観光ガイド、キムさん(女性/26)さんは「時おり欧米の観光客が1~2人バスを降りるだけで、日本の観光客はほとんど関心がない」という。
民俗博物館や景福宮を見れば、中央博物館まで見なければならない特別な理由を感じないからだ。

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/05/29/20060529000019.html



苦笑
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2006 あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。