あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~
面白画像・面白動画・フラッシュ、面白ネタを発見しだい掲載。面白い保証は一切なしw
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708

あぱっちの雄叫び HeadLine


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その愛、復活します!~ツンデレのすすめ~
ゲームから飛び出した「ツンデレ」
 最近、テレビで「ツンデレ」という言葉を聞くようになりました。ツンデレってご存知ですか?

これはもともと恋愛アドベンチャーゲームなどに出てきたインターネットスラングで、「人前ではツンツンしているが、二人きりになるとデレデレとしおらしくなる」というキャラクター、あるいは「恋人関係になる前はツンツンしているが、恋人同士になる
と急にしおらしくなってデレデレといちゃつく」という関係を言います。

こんな「ツンデレ」を秋葉原のメイドカフェでイベントとしてツンデレをしたら大人気になったとか。そのメイドカフェは、お客さんがお兄ちゃん・お姉ちゃんでメイドが妹という設定でツンデレを繰り広げます。メイドの店員さんはメニューを渡しながら
「早く決めてよねッ!」
「別に食べたくないなら頼まなくてもいいんだから」
とあくまでツンツン。
でも、帰るときは「キツいこと言ってゴメンなさい……」「また来てくれる?」としおらしく甘えるんです。

テレビを見ていて、え~!! こんな設定があるんだ、と驚いてしまいましたが、ツンツンしている面とデレデレしている面を両方見せられる喜びのようなもの、なんとなくわかりませんか? 自分だけに見せてくれる一面。これはたまりませんよね。つきあいはじめや、結婚当初はそんなツンデレが新鮮です。でも、結婚生活が長くなるにつれて、だんだんひとつの役割にしばられて、自分の中にある様々な面を出せなくなっていく傾向があるのではないでしょうか。

例えば、お父さん、お母さん、という役割。サラリーマン、主婦という役割。婿、嫁、という役割……。役割にしばられ、男と女になれなくなってセックスレスに。そういう夫婦も少なくありません。役割は役割としてこなしつつ、夫婦の時間では本当の自分を開放する。そのために少し大げさなぐらいギャップを出しませんか? それが私の言う「ツンデレ」のススメなんです。



ケンカの後のセックスで燃えるのもツンデレ効果
 案外「ツンデレ」体験をしているご夫婦があると思います。例えばケンカの後のセックスでいつも以上に燃えた経験ありませんか? 一歩もひかない言い合いをしていたかと思ったら、急に「ゴメン」と謝られる。相手がかぶっていた堅い鎧を不意に脱がれると、次に用意していた言葉も空回り。「怒らせるつもりじゃなかったの。ごめんね」そういう素直な心にグッと来ます。かわいいやつめ、とそのままベッドに……。 素直な心を出すというのがまさに夫婦の「ツンデレ」です。



ちなみに私の著書「となりの寝室」でアンケートをした結果をお知らせしましょう。「喧嘩した後セックスで仲直りできますか?」yesと答えた主婦は50.5%です。夫婦喧嘩中の皆さまは、ツンデレを試してみてください。

昼間はしっかりもののお母さん。でも夜だんなさまと二人のときは甘えん坊のかわいい女性に。逆に、昼間はだんな様の一歩後ろを歩く古風な女性が、夜は女王様になって欲望を開放する。
そういうの、もちろんアリです。

また、ツンデレは女性だけの特権ではありません。会社では何人も部下を持っていても、甘えたり、自分のダメな部分をさらけだしたい時もあります。いつもはフェミニストだけれど、「男性にはかなわないわ~」と言われてみたかったり。


男性も女性もとにかく普段の役割にとらわれず、素直な自分を出すのがポイントです。そしてパートナーのそんな素直な姿を受け入れましょう。
「おいおい、いい母親がそんな甘えるなよ」
「気持ち悪い、あなたマザコンだったの?!」
なんて言葉は厳禁です。いつでも甘えん坊だったり、マザコンだったりするわけではないのです。信頼しているあなたの前だからこそ出した姿なんですから。



http://allabout.co.jp/relationship/kekkonlife/closeup/CU20060529Z/index.htm




ツンデレの類似ニュースも載せてみたw
なんというか、ツンデレの意味が発祥からだいぶ変わってきているんですね
これも「オタク」というサブカルチャーから一般に広まったものみたいですが
結局、真にサブカルチャーとしての「オタク」って認識されてないんですよね
まぁ、認識したらしたで色々問題出てくる人も多いでしょうけど^^;
本当にある意味異文化コミュニケーションですよね
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。