あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~
面白画像・面白動画・フラッシュ、面白ネタを発見しだい掲載。面白い保証は一切なしw
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708

あぱっちの雄叫び HeadLine


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北朝鮮で覚醒剤が蔓延 密輸規制影響、国内に拡散
北朝鮮国内で覚醒(かくせい)剤中毒者が急増している可能性が高いことが17日、日韓のNGO(非政府組織)などの調査で分かった。北朝鮮は外貨獲得のため、偽札とともに国家事業として覚醒剤を含む麻薬を製造、流通させているとされるが、最近の国際的な取り締まり強化の影響などで、覚醒剤が内部に流出し、朝鮮労働党や軍の関係者から一般労働者まで幅広く蔓延(まんえん)しているという。専門家は「危機的な状況に陥っている」としている。


北朝鮮内で急速に広まっている覚醒剤は「オルム(氷)」や「ピンドゥ(氷豆)」と呼ばれている。ソウルの北朝鮮人権団体「良き友人たち」は今月8日付の機関紙で、「北朝鮮の20-30歳代の男性の間で麻薬服用者が増加傾向」「北朝鮮と中国国境地域の咸鏡北道の場合、働き盛りの青年層の約5%が麻薬を服用している」と指摘した。

 韓国の聯合ニュースによれば、北朝鮮では地方だけでなく平壌など都市部にも中毒者が拡散。「適度な麻薬服用は長寿に役立つ」とのうわさが広がり、党と軍幹部の中にも覚醒剤を使用する例は少なくないとの北朝鮮消息筋の話を伝えた。

 日本のNGO「救え!北朝鮮の民衆/緊急行動ネットワーク(RENK)」が北朝鮮内部から得た情報によると、覚醒剤は国家保衛部(秘密警察)や咸興市の「興南製薬工場」、平壌市の「平城科学院」で製造されているほか、各地で科学者と投資家による個人生産が行われている。北朝鮮の覚醒剤密輸への国際的な取り締まりが強化されたことで、大量に余った覚醒剤が国内で流通、上流階級を中心に中毒者が増えているという。

 また、各地の一般製薬工場では従業員に配給するコメが途絶えたため、違法と知りながら覚醒剤を製造。市場に販売した代金で食糧を購入し、従業員に配った。これで覚醒剤拡散に拍車がかかったとの見方もある。

 山梨学院大の宮塚利雄教授は「覚醒剤に関する国家の管理が緩んでいることもあるが、憂さ晴らしや享楽を目的とした使用が広がっている。食べ物不足を覚醒剤を使ってまひさせてもいる。相当危険な状態だ」と話す。

 RENKのメンバーが北朝鮮内で覚醒剤密輸業者から聞き取りした内容によれば、覚醒剤を取り締まるはずの保安(警察)や保衛当局者も「没収」という形で覚醒剤を所有し、恒常的に使用しているケースが目立つ。地方都市では中学生の覚醒剤使用者も確認されているという。

 RENK代表の李英和関西大教授は「改革開放の遅れなど体制への不満から幹部や新興富裕層が覚醒剤に手を出し、中毒になるケースが大半だ。国家事業として麻薬製造を行ってきたツケが回ってきた。軍部幹部にも中毒患者が蔓延するのをみると、末期症状であり危険な状態だ」と指摘している。

http://www.sankei.co.jp/news/060618/kok009.htm



この報道が事実ならかなり危険ですよね
既に国の力が麻薬の流通を止める力がないという事を露呈してますしね
(もしかしたら自分たちで流出させていたりする可能性もありますが)
いずれにせよ、これがどんな結果につながるかきになりますね
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。