あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~
面白画像・面白動画・フラッシュ、面白ネタを発見しだい掲載。面白い保証は一切なしw
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711

あぱっちの雄叫び HeadLine


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よく考えたら歴史上アメリカに戦争を仕掛けたのは日本だけだよな  後編
262 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:56:06 ID:Q0ZcKuwI0
日本のおかげでアジアの民衆に独立意識が起きたとか言ってる奴は
WW1後にアジアで起きた独立運動にはスルーですか?


263 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 06:56:20 ID:GdchZ6dW0
>>257
表向きにせよ独立のため受け入れたってことで。
他意はないよ


264 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:56:44 ID:cGmvQnJO0
ベトナムはどうなるんだ?


265 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:57:12 ID:A5607LcJ0
戦争しなければどうしようもない状況に追い込んだのはアメリカ


266 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 06:57:24 ID:jaXCX3r50
中国が割れたらリアルで核を使いそう・・・


268 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:57:33 ID:pXQnKKhm0
ロシアの姉ちゃんに戦争で日本が勝ったんだよって
言うと驚くよ。信じてないかも。


269 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:57:38 ID:t+lI9GdIO
>>249
おもいっきり、天皇の人間発言に当て嵌まるね
天皇を殺さずして神格性だけを殺すってうまいやり方だよな


270 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:58:26 ID:oY0VkMOA0
だから極論がよくないのよw
日本の影響もあったし、民族運動の影響もあった、また戦後冷戦の力関係の変化も影響したでしょうよ
一つの原因に帰せようとするからイクナイんだ


271 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 06:58:41 ID:mHDwNPbq0
同じく台湾出身の黄文雄氏は、51年にわたる日本の統治時代について、こう述べている。

アヘンを吸引しなければ生きていけないほど過酷な環境だった・・後藤新平が医療面と衛生面の改善に力を入れ、
人が住める島に変えていったのだ。もう一つの遺産は教育の普及である。・・90%以上が非識字者だったのである。
ところが日本が日本語教育に力を入れた結果、終戦前年には日本語の識字率71.3%に達していた。

そのおかげで戦後、日本からの資本導入や技術移転が容易になり、経済発展の基礎を作ることができたのである。
さらに治安と法治社会が確立された。・・日本は苦労しながら匪賊を武力鎮圧し、刑法や民法を制定して近代的で
安定した法治社会を作り上げた。これは画期的なことだった。というのは、もともと中国社会は法の通用せぬ社会だからである。
それが法治社会に変革したことで近代社会が成立し、近代市民意識が成熟し、民族意識と国家意識が生まれて「台湾人」が
誕生したのである。こうした・・目に見える遺産以上に重要なのが”精神的遺産” である。


272 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:58:58 ID:fr8k4fjj0
>>262
やるじゃんとは思われたろうな
実際に接してヤツはこいつ西洋人と同じだ思って幻滅もさせただろうが
中東とかは実際接触ないのでまでまだ幻影が残ってそう


273 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 06:59:05 ID:UXyUh+cb0
そろそろ黄巾の乱とか起きてほしいところ


274 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:59:27 ID:xlwZuE4t0
戦争したこととアメリカと同盟ってのは結果であって、
アメリカと同盟するために戦争したわけじゃないから、矛盾してるとはいわない。


275 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:59:36 ID:of0XGydyQ
>>265
むしろソ連


276 m9( `Д´)ノ梅谷大佐 ◆RUfrkcRDrY New! 2006/06/16(金) 06:59:58 ID:Wd5PsIIY0
要は日本がアンパンマンだったのかバイキンマンだったのかってことだな。
学校ではバイキンマンだったって習った。


277 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:00:06 ID:SQRV18pS0
>>268
あっちにとっての日露戦争はロシアが優勢終結ってことになってるらしい


278 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:00:29 ID:Q0ZcKuwI0
むしろ欧州本国で暴れて欧州の国力、影響力を低下させたナチスの方が
結果論として植民地独立に貢献したんじゃないの~w

アジアが独立できたのはナチスのおかげともいえるな結果論的にはw


280 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 07:00:41 ID:mHDwNPbq0
それはすなわち「日本精神」、言い換えれば「大和魂」となる。・・日本では軍国主義と結び付いて悪いイメージになり、
韓国だと侵略、搾取、略奪などの代名詞だ。しかし、台湾では・・プラスイメージしかない。・・

よく台湾の年輩者は「私は日本精神をもっているぞ」と誇らしげに胸を張る。・・・今日の台湾は100年間に及ぶ日本との
経済的・文化的な一体性により、・・もう一つの九州、もう一つの四国と考えればいいのである。
こうした点が戦後50年以上にわたって日本を憎しみ続け、日本文化を拒否し続けてきた韓国との根本的な違いであり、
それが台湾と韓国の、経済の健全さや強さの差につながっているのではないだろうか。』
(『サピオ』1998,12/9「大和魂」=は台湾の誇りであり原動力である」黄文雄)

ジップン・チェンシンとは、勇気(武士道精神と玉砕精神)・勤勉・誠実・愛国心などであると氏は言う。
年輩の方たちの間では、今でも統治時代の名残である和歌-作っており、『台湾万葉集』の名でまとめてもいる。
また、台湾の檜は日本の由緒ある神社仏閣の建物に使われていて、奈良県の橿原神宮や靖国神社の神門、
東大寺大仏殿の垂木に使われている。今年3月の選挙報道では、きれいな日本語でインタビューに答える台湾の人が映っていた。
反日なら決して日本語を使わないだろう。


281 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:00:48 ID:OZIUqGba0
>>266
あそこ人の命が一人当たりいくらではなく、~㎡あたりいくら臭いしな


282 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:01:25 ID:xlwZuE4t0
>>262
独立運動だけじゃ独立できなかったじゃないか。
日本がアジア人の実力を見せ付けたことも要因のひとつ


283 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:02:11 ID:LmnDgXeu0
バーバリー諸国、特にトリポリは明らかに自分からアメリカに戦争仕掛けただろさ
米英戦争も英国からだろうな、船員の強制徴募とかやらかしてたし


284 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:03:39 ID:fr8k4fjj0
>>280
大和魂言うか
武田信玄のような土着農耕集団を
織田信長のような革命者が恐れたみたいなモンだな

この場合、信玄が日本人で信長がアメリカ人


285 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:04:06 ID:OZIUqGba0
>>276
カビルンルン
アンパンマンの顔にカビをはやして弱らせて、
村民達に「アンパンマンって俺達とちがくね?」という疑問を抱かせた


286 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:04:28 ID:oY0VkMOA0
>>279
世界標準ではそれが普通らしいよ
極端なところではたとえばトルコの歴史教科書にはレパントの海戦が記載されてない
あ、半島は別ね、あそこは歴史自体フィクションだから
日本くらいじゃない? 自国を悪の枢軸として描いてるのはw


287 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 07:05:31 ID:mHDwNPbq0
【ポイント】

自虐史観は、子供達を日本人を遠回しに自信喪失させ、必要のない原罪を背負わせることになった。

自虐の歴史教科書はアメリカの占領政策ではじまり→日本のマルキスト(社会主義者)に引き継がれ→
近隣諸国条項で反日プロパガンダを導入し悪化→日本の歴史の喪失。誇りの喪失という経過をたどった。(謝罪外交)

現在の日本の来歴を教えられない結果、むしろ否定された結果、自分たちがいったいどこから来た(過去)、誰(現在)で、
誰になるのか(未来)を捉えられない自己不在の病理に陥ってるのではないか。

左右のイデオロギーの線上に我々の価値観は無い。興味が無いしよく知らない。
我々にあるのは、日常生活の常識という価値観だけである。

我々は戦後喪失した日本の歴史と誇りを再生するのだ。

ttp://wwwi.netwave.or.jp/~mot-take/jhistd/jhist1_1_1.htm


288 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 07:05:52 ID:UXyUh+cb0
旧ソ連時代の百科事典なんて、捏造のオンパレードだったらしいから、
日露戦争の捏造なんてたいしたことじゃない


289 m9( `Д´)ノ梅谷大佐 ◆RUfrkcRDrY New! 2006/06/16(金) 07:07:16 ID:Wd5PsIIY0
自虐史観はよくないが、
若者に自身がないのは戦後歴史教育のせいだって言うのは
飛躍しすぎてる気がする


291 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:08:15 ID:pXQnKKhm0
>>286
そうなんですか?
飲み屋の姉ちゃんだけかと思ってたよ。


292 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:08:26 ID:xlwZuE4t0
>>286
日露戦争は
「一応日本が勝ったってことになってるけど、
実際は勝ったとはいえない。」
って感じでならったとおもうんだ。

悪ってより割りと客観的に歴史をみてるだけだとおもうよ。


293 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:09:47 ID:7ko3pukKO
半島自体の存在がフィクションだからしかたがない


294 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:10:36 ID:fr8k4fjj0
>>292
ポーツマスでの講和条約の内容では
たしか賠償金はなかったな
引き分けに近い交渉内容だったのか

それに不満を持った民衆が暴徒と化した日比谷焼き討ち事件も起きてる


295 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:10:44 ID:ah0OWRbQO
ノモンハン事件でソ連に負けてない?
後、よく日本は戦争するしかなかったって言われてるけど何で山本五十六は反対したの?


296 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:11:10 ID:Lx7Xo7or0
アメリカ人に第二次大戦について聞くと
「ナチスと戦った」「ナチスと戦った」「ナチスと戦った」

日本は一番得意な海軍戦で連戦連敗。アメリカにとっては片手間戦争。
果ては突破され、向こうは空母しかないのに東京は毎日のように大空襲。

原爆は東京に落とす? 勝った後統率がとれなくなるから中央は残そう
じゃあ心の都、京都に落とす? キレイだからやめとこ
大阪? 人大杉


サッカーも戦争もやる気ないんならやめとけ。


297 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:11:20 ID:SQRV18pS0
>>292
自分一人だけ客観的に見ても損するだけってのは悲しいね。


298 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 07:11:43 ID:ZXt5ImT00
>>35
ハルノートの条件のんだらそれこそ負け犬じゃね?
さけられない戦争だったんだよ。中国に進出したかったアメは戦争仕掛けたかったんだけど
当時アメ国民は戦争する気なんてさらさらなかったからきっかけ欲しかったんだよね。
で、後にハルノートを著した共産主義者の財務次官ハリーはソ連のスパイだったと。



299 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:12:27 ID:UD0G5Z5A0
日露戦争はロシアが降伏したわけでもなし、アメリカ仲介による停戦に過ぎんからな。


300 m9( `Д´)ノ梅谷大佐 ◆RUfrkcRDrY New! 2006/06/16(金) 07:13:14 ID:Wd5PsIIY0
>>298
ハルノート以前に
仏印進駐してなければ戦争は避けられた


301 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:13:27 ID:T6lxwGB10
>>294
ロシアの南進を抑えられただけでも勝利といえなくもない気がする


302 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:13:56 ID:oY0VkMOA0
確かに日露のあたりは歴史的評価が固まってるからか
割りと良くできてるんだけどねえ

でも結構歴史って相対的なものだから客観評価は難しいんだよね
結局、記録者の主観の寄せ集めでしかないんだから
このスレの議論がいい例w


303 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:14:00 ID:7YHlf17ZO
原爆落とされるってすごくね 相当のアウトローだよね


304 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:14:23 ID:GdchZ6dW0
>>294
日本を後押ししたイギリスと調停したアメリカの顔が立てばよかった



305 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:15:24 ID:T6lxwGB10
>>302
国の数だけ歴史はあるもんだろ
それを統一しようとする中韓が狂ってるだけ


306 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:15:32 ID:Q0ZcKuwI0
>>298
でもハルノートをのまずに戦争やって負け犬にならない見込みはあったの?
どうせ負け犬になるならまだボロボロにならない負け犬の方がよくね?


307 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:16:09 ID:SQRV18pS0
>>301
日本は戦争目的を達してるから、勝利と見て間違いないと俺は思ってる。
賠償金が無いこと以外はかなり日本に有利な講和条約だしね。


308 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:16:10 ID:x1U0G+sH0
>>298
海外で物買おうとすれば分かるが、普通最初の交渉は無茶な要求出すのが相場だよ。
買う方も安値で吹っかけて落ち着くとこで落ち着く。それと同じで、
要求出された時点で諦めるんじゃなく、お互い話し合って妥協点を探ればいいのに。
ホンットに日本は昔も今も恐ろしいほどの外交下手。


309 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 07:17:02 ID:ZXt5ImT00
>>300
どっちにしたってアメとは戦争になるの。
むこうはその気だったんだから。



310 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:17:34 ID:xlwZuE4t0
そもそも、負けるはずの日本が負けなかったってだけで値千金、
勝ちに等しい引き分け、むしろ勝ち。

っていう部分はあるとおもうよ。
それでも各国に比べたら割りと公平だよね。


311 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:17:49 ID:GdchZ6dW0
>>296
ナチスがそのくらい明確な悪だったってことでしょう
日本に対しては悪と言い切れない部分があるんでしょう


312 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:17:55 ID:0cosMUcT0
>>300
あれ援蒋ルートどうにかしたいってのもあったんじゃなかったっけ。
仏印進駐しようがしまいがアメリカは新しい口実見つけんのがオチだわ。


313 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:18:03 ID:oY0VkMOA0
>>306
勝つか負けるかはやってみないと分からない
んだなあ
ブラジルとサッカーやって、勝つ見込みはゼロじゃないじゃん
ちょい極端な喩えだが


314 m9( `Д´)ノ梅谷大佐 ◆RUfrkcRDrY New! 2006/06/16(金) 07:18:35 ID:Wd5PsIIY0
>>309
じゃあ日本はいつの時点で目を付けられたんだ?
そのきっかけがなければ戦争はなかった。
きっかけは~仏印進駐!


315 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:19:47 ID:weFQdvMF0
かなりの亀レスになるが
>>10

アメリカが劣化ウラン弾を普通にイラクとアフガニスタンで使ってる。認めてはいないが

あれは、核兵器だ。今では多くのイラク人が苦しんでる


316 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:19:49 ID:T6lxwGB10
>>313
政治や戦争で博打は打つべきじゃないと思うんだが。


317 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:20:33 ID:xlwZuE4t0
>>308
外交下手なのはそうだけど、
話し合って出された妥協点ってのがハルノートだったんじゃないか。


318 m9( `Д´)ノ梅谷大佐 ◆RUfrkcRDrY New! 2006/06/16(金) 07:21:02 ID:Wd5PsIIY0
>>316
今でも博打してる人は多いね
ex.加藤の乱


319 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:21:43 ID:T6lxwGB10
>>317
あれはあくまで試案で叩き台だってどっかで読んだ。本当か知らん


320 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:21:54 ID:3wC3pC1v0
60年前に中国で起こったこと
60年前のあの夏に広島と長野で起こったこと
これらのことを日本人は決して忘れてはならない


322 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:23:18 ID:oY0VkMOA0
>>314
それ言っちゃうと満州事変まで遡るよ
>>316
まさにその通りで孫子もクラウセヴィッツもそう言ってるんだが
当時の日本軍って結構強かったのよ
竣工間際の大和なんかそりゃもうね
だから1年半太平洋をかき回して、資源押さえて、講和しようって話だった


323 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:23:27 ID:fr8k4fjj0
日比谷焼き討ち事件は内務省や国民新聞本社も襲撃されてるから
~暴動とか名前変えたほうがいいな
ノモンハン事件は外蒙古戦争とかにするのか


324 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:23:28 ID:GdchZ6dW0
日本は当初ソ連も同盟関係に引きこむ「つもり」だったし
ほどほどに戦ったら和平を結ぶ「つもり」だったんだから
開戦それ自体が責められるのはどうかと思うよ


325 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:23:38 ID:t+lI9GdIO
>>315
劣化ウラン弾の有毒性って証明されたの?


326 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:23:57 ID:Q0ZcKuwI0
>>315
劣化ウラン弾が核兵器って池沼ですか?

君デイジーカッターやMOABや燃料気化爆弾を核兵器並みの威力の爆弾だと思っているだろ?


327 m9( `Д´)ノ梅谷大佐 ◆RUfrkcRDrY New! 2006/06/16(金) 07:24:01 ID:Wd5PsIIY0
吟味しようじゃないか

1 英中日蘭蘇泰米間の不可侵条約締結
2 仏印の領土保全
3 日本の中国印度支那からの撤兵
4 日米の中華民国の承認(汪兆銘政権の否認)
5 日米の海外租界と関連権益の放棄
6 通商条約再締結のための交渉開始
7 米による日本在外資産凍結解除
8 円ドル為替レート安定に関する協定締結
9 第三国との太平洋地域における平和維持に反する協定の廃棄(日独伊同盟破棄)
10 本協定内容の両国による推進


328 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 07:24:12 ID:z29wdGRE0
戦争に勝ってたら樺太千島台湾南洋が日本領で、
ズームインで各地からの中継とか入ったんだろなぁ~。


329 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 07:25:52 ID:aE4l7KYt0
アメリカは中国が欲しかった
間で調子こいてる日本が邪魔だった
そんだけ


331 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 07:25:59 ID:ZXt5ImT00
>>308
要求だされた時点で諦めてないよ。必死になって話し合おうとしてたけど
むこうは最初からその意志はなかったから無意味。普通の外交じゃなくて
戦争に持ち込むための要求だったんだから。



332 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:26:08 ID:xlwZuE4t0
>>321
さすがに勝ってたってIFはむずかしいな。
まるごと日本vsアメリカの軍隊(の一部)の戦いだったから。

でもアジアから駆逐した時点で
戦線を縮小して、講和交渉すれば、また違った歴史になったかもね


333 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:27:48 ID:Q0ZcKuwI0
>>322
講和って強力な仲介してくれる国なければ講和しようなんて言ったって
は?何言ってんだお前?って言われるだけだろ

日露戦争とは状況がまったく違うわけで


334 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:27:57 ID:T6lxwGB10
>>324
開戦する頃には独ソ戦始まってるのに、同盟結べると思う方が間違ってるだろ


335 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:28:11 ID:ah0OWRbQO
あの頃の日本は軍事政権になって暴走してたからな


336 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:28:51 ID:xlwZuE4t0
>>333
日露と違って、途中までは明らかに日本が勝ってたからな


337 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:29:32 ID:oY0VkMOA0
ポートモレスビーを落としていればとか、ミッドウェーで勝ってれば
とかね
まあどっちみち補給線が伸びきってたからあの辺が限界だったわけだが


338 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:29:53 ID:3wC3pC1v0
60年前のあの夏を忘れるな
広島と長野を忘れるな


339 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:31:22 ID:SXMPLBP+0
>>324
>ほどほどに戦ったら和平を結ぶ「つもり」だったんだから

日本がそのつもりでも怒りで頭に血が上ったアメリカが交渉に応じるとは到底思えん。
仮に戦況有利で停戦出来たとしても、こちらから先制攻撃してる以上
今度はアメリカが先制攻撃してくる可能性が高い。
というより、どう考えても体制が整えば今度奇襲を仕掛けられるのはこっち。
結局、圧倒的な経済力や工業生産力や資源量等の差で負けは戦う前から確定だった。


340 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:31:23 ID:Q0ZcKuwI0
>>338
長野ってそんなに大きな被害受けてたの?
あんな田舎っぽいところ攻撃してもあまり戦略的に重要じゃなさそうだけど


342 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:31:38 ID:oY0VkMOA0
>>333
そこはほら、日本お得意の「希望的観測」ですよw
アメリカは民主主義国家だから日本が頑張れば厭戦感情が出るだろうとか
まあ真珠湾で吹き飛ぶんだがw
そういう諸々の根拠なき観測があったわけですよ
だって終戦間際までソ連に和平交渉の仲介頼んでたんだからw


344 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 07:32:21 ID:ZXt5ImT00
ハルノートを日本側に突きつける前日のスチムソン陸軍長官の日記
 
「問題はどのように彼ら(日本)を操って、われわれにはあまり過大な危険を
及ぼすことなく、彼らに最初の一発を発射させるような立場に追い込むべきか、
ということである。これは難しい注文であった。」



345 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:34:11 ID:fr8k4fjj0
ん?長野
気付かなかったorz


346 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:34:48 ID:3wC3pC1v0
>>340
長野?なんで長野が出てくるの?


347 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:34:51 ID:weFQdvMF0
>>325
イタリアの裁判で勝ったそうな

>>326
威力の程度の差異はあれ、放射線で体に影響が出ている以上核兵器といっても過言ではないと思うけど


348 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:36:00 ID:T6lxwGB10
>>322
その目玉の大和をあっという間に鉄くずに変えてしまったのが
自国に大きな戦果をもたらしてくれた航空機による艦船の攻撃とはすごい皮肉だな


349 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:40:01 ID:Q0ZcKuwI0
>>347
イタリアの裁判ってなんだよソース見せろよ
大体裁判所の判決で有害無害ってアホか?

WHOやIAEAやUNEPみたいな原子力、健康、環境などの
国際的機関が言うならともかく
一国の裁判所の判決でソースってアホ丸出しw

大体核兵器ってのは核反応を起こす兵器のことだよバーカ


350 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:42:21 ID:oY0VkMOA0
>>343
カラーフィルムの映画作ってたんだもんな
あの映画を日本人に見せてたら戦争しようなんて思わなかったかも

>>348
空母機動艦隊による攻撃は真珠湾とマレー沖で日本が世界最初にやったわけだけど
その有効性に気づいたのはやられたアメリカだったんだよね


351 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:43:35 ID:t+lI9GdIO
>>347
へぇー、全くの無害とは思えないが、有毒だと騒ぐやつらが胡散臭くて信じてなかったが裁判で出たのか
会社行ったらさっそく調べてみる


352 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:44:17 ID:of0XGydyQ
大和もアレだな
ピザ過ぎてスエズもパナマも渡れない仕様だからなwww
もうちっと頭使えよと
やる気あんのかと


353 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:45:17 ID:5lekqDiW0
60年前のあの夏に広島と長野で起こったこと
これらのことを日本人は決して忘れてはならない


354 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:48:31 ID:LmnDgXeu0
>>348
が、第2次世界大戦の時点では海上の王者は戦艦には変わり無い。

戦艦とはただ存在するだけで威力を発揮する戦略兵器。
戦艦が1隻いたら、空母2隻持って来るか、同程度の戦艦で対応しなけりゃならない。

他の艦艇では相手にもならん。駆逐艦持ち出しても、
ウォースパイトvsドイツ駆逐艦戦隊みたいに蹴散らされて終了。


355 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:48:33 ID:weFQdvMF0
>>349

http://www.ne.jp/asahi/aso/eco/NoWarNoDU/1999cosobo/1999cosobo.htm
http://www.jca.apc.org/stopUSwar/DU/no_du_report20.htm
http://www.gensuikin.org/gnskn_nws/0507_6.htm

あとさ、劣化ウランってのは核反応後の処理物質だからある意味核兵器でもおかしくないと思うぞ
http://www.chugoku-np.co.jp/abom/uran/
http://www9.ocn.ne.jp/~petro/bombud.htm
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A3%E5%8C%96%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%83%B3%E5%BC%BE


356 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 07:48:35 ID:jaGe8nOM0
>>350
飛行機という大量生産が出来るものの有用性を教えてしまったのはまずかった
山本の短期決戦思想もうなずけるよ


357 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 07:49:51 ID:LmnDgXeu0
>>355
お前のレスを見てたら、

「ぼたんの花」

と、言う単語が思い浮かんだんだが気のせいだろうか。


358 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:50:28 ID:T6lxwGB10
http://members.jcom.home.ne.jp/3720652101/uranium.htm
こんなページがあった。


359 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:50:56 ID:weFQdvMF0
>>357
初めて聞いた
検索してわかった

それを知ってるお前が凄いよ


360 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 07:50:58 ID:et0nYTra0
>>351
あんなもん有害に決まってるだろ、ちょっと考えりゃわかる


361 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:51:22 ID:sSRMW9/E0
劣化ウラン弾てエアロゾル化で体内に吸収されるとやばくて、
そんで酸化しやすくて水に溶けるもんだから、水質、土壌汚染が心配ってことじゃなかったっけ?


363 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 07:51:28 ID:bv2Dbb4f0
>>353
ちょwww長野てwwwwww


364 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:51:54 ID:EvZ8LQll0
馬鹿な官僚軍人は学んだ軍事作戦の知識を発揮したくてウズウズ、
楽観的な軍部首脳はそのうち停戦に持ち込めるなどと本気で考えており、
マスコミは軍部に無理矢理書かされたどころかむしろ進んで開戦を煽りまくり、
国民も日本が負けるわけないと根拠無しの自信が覆い、
支配地域が増える事による高揚感から更なる領土を求め続けた。

そんな本音を隠す為の建て前がアジア解放とかいった錦の御旗であり、
欧米に無茶な要求を突きつけられたからという対米開戦の口実。
追い詰められてやむなく…なんて嘘々。みんなが愚かだっただけだよ。


366 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:53:58 ID:JvxNI5SC0
大正デモクラシー全盛の頃、
日本国内では反軍・軍人蔑視の風潮がすさまじく、
軍人が制服を着て街中歩くと、
石を投げつけられるほどだった

後の情勢をつぶさに観察すれば、
この大正期の風潮への反作用こそが、
めぐりめぐって日本を太平洋戦争へ追い込んだというも、
けだし過言ではない

というわけで、言論の自由は結構だが、
軍事アレルギーはほどほどにしといたがいい、
バネは押せば押すほど反発力が強まるものだ
バカサヨどもは肝に銘じておくべきだ



367 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:54:06 ID:weFQdvMF0
>>361
劣化ウラン弾が使用された地域で、奇形児が多く生まれてるそうな。
あと、白血病もはしかも増加

現地で放射能を測定したら、破壊された戦車や高射砲等(?)などで通常の30倍近い放射能が検出されたそうな
ちと心配です


368 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:55:36 ID:Ei/Ly7OR0
>>361
害といや重金属中毒の問題なのに放射能と放射線を
意図的に混同した基地外が間違った医薬品を現地に撒いてるんだぜ?


369 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:56:20 ID:Q0ZcKuwI0
>>355
お前のソースって貼ってるとこ科学的な説明してるところは皆無なんだな

http://tokyo.usembassy.gov/j/p/tpj-j20031006d1.html
http://chronoflyer.ddo.jp/~trinary/plus/du/factsheet_ja.html
http://chronoflyer.ddo.jp/~trinary/plus/unep/factsheet_ja.html

大体放射性物質を利用して敵に被害を与える兵器は放射能兵器に分類されてる
劣化ウラン弾は放射能レベルが低すぎて放射能兵器には入ってないけどね


370 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:56:35 ID:wiQ4Hk4B0
>>344
てことはアメリカの手のひらで踊らされてたって事か。
そんでまんまと引っかかってりゃ世話ねぇな。
当時の日本が馬鹿って証明してるようなもんだ。


371 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 07:58:29 ID:LmnDgXeu0
>>359
「劣化ウラン」とか「白燐弾」とか「燃料気化爆弾」なんかに、
アレな意見というか劣化ウランの毒性より強い毒電波発揮してませんか?

って所として一部では有名なトコだ>ぼたんの花


372 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 07:59:20 ID:of0XGydyQ
>>370
その米国も、ソ連の掌で踊らされていたわけだ。
ざまぁねえやw


375 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:13:28 ID:fHbcVmSY0
今も変わらんが、当時の映像見るたびに思う。

貧相な国!
ニューヨークの摩天楼の写真一枚、全員見ていればちょっとは
判断が違っていたかもしれない・・・
無知の為せる業か




376 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:13:34 ID:sk0NYEb30 BE:?-
俺の高校世界史の知識によるとスペインも仕掛けてたはずだが・・・

さてはお前ら全員低学歴だな


377 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 08:14:08 ID:Br1oVJLl0
アメリカの一地方艦隊に国ごと負ける日本ワロス


378 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:14:17 ID:vG505DgZ0
開戦時の海軍力は7割
人口2分の1
工業力10分の1
資源は天地の差

どう見てもぼろ負けです><


379 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:17:49 ID:FeRGNCpx0
世界の軍事費の48%を占めるアメリカに
挑戦する国家は無いものか。
イランみたいなザコ国家じゃなくて、
そこそこヤレル国が。
そしてその模様を2chで実況したい。


380 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:18:35 ID:Pm4U5zP20
軍国主義に走って大量虐殺したのもドイツと日本だけですね


・・・これはかなりの汚点だぞ


381 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:19:48 ID:5zQX9tVt0
だから五十六さんは止めたのに


382 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:20:14 ID:JvxNI5SC0
>>375
ちゃんと調べてごらん
開戦前夜当時の日本の首脳部は、
アメリカ様の実力なんてよく知ってて、
みーんな心底ビビッてたんだよ
本気で怖くて怖くて、戦争なんて思いもよらないのに、
アメリカ様ときたら、
ああせいこうせいって次々に難題を押し付けてくるんだよ
石油の備蓄は日を経るごとにじわりじわりと減ってゆく、
くず鉄も入ってこないので、民需品さえ、
じわじわと不足してゆく
あと半年もすれば石油はカラッポ……
神経をヤスリにかけらるようなもんだよ
怖いよぉ~……



383 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:20:17 ID:t7HxJvfK0
>377あら?大西洋の艦隊が来るの阻止する為にパナマ運河を潜水艦空母で爆破する計画してなかったっけ?
でもとっくに運河渡られてて計画変更とか。


384 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:22:04 ID:weFQdvMF0
>>371
そうなのか。サンクス

>>369
分類はされていないが、結構危険だと思うんだが・・・ってことで俺はあえて核兵器ってのをつかってみた


385 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:22:57 ID:2DBBWyX90
>>380
大量虐殺?なにそれ?


386 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:24:07 ID:a1LjX43R0
>>380
民間人を原爆で大量殺戮した国もあるけどな。
内戦で同民族同士を大量に殺し、いまも少数民族を計画的に大量殺戮する国も。


387 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:25:00 ID:GRxa8ZT0O
>>380
美帝様は、民主主義の元に都市に無差別絨毯爆撃やら核投下を行いましたが何か?


388 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:25:10 ID:weFQdvMF0
>>380
日本って大量虐殺やったっけ?


389 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:26:26 ID:whVRSAA70
>>380
いえいえ
ソ連様にはかないませんことよ


390 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:27:16 ID:/XwdZHe10 BE:?-#
380を見て人気者になるコツをつかんだヾ(*´∀`*)ノ


391 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:28:13 ID:of0XGydyQ
まあフィリピンでの虐殺はガチだな
大陸は知らんがな


392 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 08:28:32 ID:1bdr2y9t0
アメリカの空母を撃沈したことがあるのは日本だけだぜ


393 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:29:37 ID:Pm4U5zP20
原爆を落とされた落とされたって悲劇の主人公を演じてるけど
アメリカの真珠湾を宣戦布告なしで侵攻してアメリカを第二次世界大戦に巻き込んだ日本
満州にも侵攻、731部隊で人間を人体実験の道具として大量に殺した日本

そりゃ核を落とされるわ


394 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 08:30:00 ID:r7edO66vO
宣戦布告の遅延でよくメリケンに叩かれるけどさ、
連中は二度のイラク攻撃やら北ベトナムに宣戦布告したのか?
ドイツのポーランド進行とかソ連進行とかも絶対宣戦布告してねーだろ



395 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:30:33 ID:qK4z1+Ul0
空母使った艦隊戦ってあの大戦だけかね?


396 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:31:40 ID:oY0VkMOA0
参謀本部はちゃんとシミュレートしてて、日米もし戦わば日本必敗
という結論が出てたんだ
んで唯一の望みは、米太平洋艦隊を空母奇襲で叩いて、その隙に南方の資源を押さえ
できるだけ有利な条件で講和に持っていく、というものだったわけ

>>391
バターン行進も実際のところ本当にあったのかは疑わしい

そもそも非戦闘員が住む地域への無差別爆撃だって
当時ですら国際条約違反だった
シベリア抑留なんか論外


397 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:31:45 ID:a1LjX43R0
>>393
満州に侵攻とか言ってる時点で、小学生以下の低知能。
幼稚園からやり直せ。


398 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:32:35 ID:whVRSAA70
宣戦布告なんてバカ正直なことしてどうするんだって感じ


399 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:33:27 ID:oY0VkMOA0
>>394
国際紛争では、むしろ宣戦布告が行われることの方が例外と言っていい


400 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:34:17 ID:puJlOOCI0
どうせ原爆落とすなら東京に落として天皇を始末してくれてたら良かったのにな


401 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:34:52 ID:weFQdvMF0
>>394
イラク戦争は無かったみたいね
http://homepage3.nifty.com/~bbf/53profile.html


403 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:38:28 ID:Pm4U5zP20
>>400
それしなかった
なぜなら、当時の(今もそういう人間はいるが)日本人は
天皇陛下万歳!と言いながら侵略戦争を正当化、天皇の名の下にマインドコントロールされていた。
だからこそ、戦争終了後のアメリカは国民に影響力のある天皇だけは権力をある程度残し、
そこにアメリカの方策を被せることで日本の統治をはかった。
本来なら天皇は罰せられ、消えるべき存在だったがこのようないきさつで今も天皇は存在している。


404 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:39:35 ID:weFQdvMF0
>>403
>天皇陛下万歳!と言いながら侵略戦争を正当化、天皇の名の下にマインドコントロールされていた。




405 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:39:41 ID:/XwdZHe10 BE:?-#
GHQが漢字を減らして日本の文化の根底である日本語を壊したわけだよ
俺はそれが許せないんだ


408 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:42:22 ID:dkMDZj5C0
太平洋諸島を次々に侵略して日本に迫り、そんな胸倉つかんだ状態から
ハルノートでデコピンかましてきやがった。取る道は二つ。

泣いて謝って奴隷になるか、一発殴って当たり所がいいのを願うか。
個人的にはよく殴ってくれたと感謝してるが。


410 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 08:42:41 ID:sv9vo+L80
変な島奇襲するより象徴ぶっ壊すビンラディンの方がスマートじゃね?


411 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:42:59 ID:oY0VkMOA0
>>403
まあ釣りだとは思うんだけど、コミンテルン(ソ連)が消えた今でも
こういう輩が消えないのは何でなんだろうな
むしろ北京なのか? それも情けない話だが


412 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:43:14 ID:/XwdZHe10 BE:?-#
知識や理解を損得として教え込まれた世代、それがゆとり世代。


413 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:44:14 ID:of0XGydyQ
>>395
フォークランド


414 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 08:44:25 ID:r7edO66vO
>>399>>401
あーサンクス
やっぱてめえらの民間人無差別爆撃やら原爆を正当化するためのお得意のダブスタね


415 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:44:33 ID:whVRSAA70
利益の有無で知識の価値を決めるなんて
学問の全否定だな


416 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:44:41 ID:0DKU+hB+0
日本が島国じゃなく、広大な土地と豊富な地下資源を持っていたらとっくに世界制覇してたかも知れんな。


418 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:47:13 ID:of0XGydyQ
>>395
フォークランド


419 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:47:36 ID:kaPuCKrT0
>>413
フォークランドで生起したのは海空戦で、艦隊決戦じゃなかろうよ。
アルゼンチンの空母は出撃しなかったしな。


420 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:47:41 ID:APKlV+9a0
逆に考えるんだ
核を落とされたら爆発的な経済発展を遂げる と考えるんだ


421 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:51:33 ID:GRxa8ZT0O
戯言なんだけど…

大日本帝国復活して米とタッグ組めば世界制覇可能じゃねぇ?


422 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:51:39 ID:nQprW/JnO
経済も軍事力も文化も無い国ってかわいそうだな。
金も力も頭も無い俺たちみたいだ。


423 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:53:54 ID:GdchZ6dW0
珍しく感情的な人がほとんどいないスレだ
たまに出てくる池沼みたいな煽りが見る影もないね



424 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:54:14 ID:of0XGydyQ
>>421
そしたらタッグを組む必要無くね?
その仮定なら大陸も共産化して無いだろうし。


425 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 08:54:45 ID:whVRSAA70
最強の軍隊は

アメリカ人の将軍
ドイツ人の将校
日本人の下士官と兵

最悪の軍隊は

中国人の将軍
日本人の参謀
ロシア人の将校
イタリア人の兵


426 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:55:41 ID:oY0VkMOA0
>>421
実はそれを一番恐れているのが当のアメリカ


427 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:56:21 ID:hSP0KEipO
>421
ルーズベルトの糞以外だったら存外やれたかもしれん。



428 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:57:08 ID:weFQdvMF0
>>420
朝鮮戦争が無ければ復活してません><


430 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:59:07 ID:GRxa8ZT0O
>>424
だから戯言だってw
ある意味自称正義の蹂躙だからな


431 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:59:19 ID:T6lxwGB10
>>425
イタリアと中国逆じゃないか


432 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 08:59:28 ID:YwLsxDKW0
今の政治家が情けなさ過ぎるな


434 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:02:51 ID:G3bKt22R0
アメリカとはもうやりたくないね
そして次は絶対勝ち組に加わる
情けないけど日本の本心


435 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:03:01 ID:JvxNI5SC0
>>411
火元は消えても残り火はくすぶってるものさ
右も、左もな
これをふたたび燎原の大火とせぬために、
両者ほどほどにせめぎあうのがよいのさ


436 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:03:06 ID:kaPuCKrT0
>>348
大和は別に鉄屑でも無ければ無駄だった訳でもない

「太平洋のバケモノ」
ttp://www.warbirds.jp/truth/torpedo4/13.html

定番だが↑を読むといいかも

>>350
野暮な突っ込みだがマレー沖で英艦隊を攻撃したのは陸攻


437 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:03:36 ID:weFQdvMF0
アメリカに勝つにはカナダメキシコ日本欧州で一体となって攻撃する必要があるな


438 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:04:04 ID:GRxa8ZT0O
しかし、歴史って後世で色々言われても流れを作る奴っているなぁ
ルーズベルトやら、南雲やら、南雲やら…


439 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 09:04:28 ID:4G0jfNkY0
>>1
歴史の大バカってことか?


440 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:06:04 ID:4THf08Gr0
>>437
それでも勝てない気がする


441 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:07:16 ID:oY0VkMOA0
>>436
あ、サイゴンの航空隊だったっけ? この辺は突っ込まれるとすぐボロ出るからw
水上の女王・戦艦はむしろ抑止力の面もデカかったよね
長門の41センチ砲でさえ米英海軍は恐れてたフシがある

大和はその威力もそうだが、建艦技術の面でも日本が世界最高になったことを
証明するものでもあった


442 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:07:30 ID:weFQdvMF0
>>440
アメリカが強いのって空軍だけで、陸軍って破滅的に弱くなね?
ベトナム戦争がいい例っと聞いたが


443 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:09:30 ID:of0XGydyQ
>>437
米国vs米国以外の全部でも米国が勝つ
それが21世紀
マジで


444 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:10:08 ID:qtkTUtW20
>>393
なにも知らない可哀想な奴
>アメリカの真珠湾を宣戦布告なしで侵攻してアメリカを第二次世界大戦に巻き込んだ日本
>満州にも侵攻、731部隊で人間を人体実験の道具として大量に殺した日本
これがもし本当の事だとして、これをしなかったとしてもアメリカは日本に核を落としたよ
核を落とされても仕方なかったとかそういう話じゃないんだよ。核を落とされないような優良国家だったとしても
アメリカは日本に核を落としたよ、なぜならあいつらは実験の為に日本に核を落としたんだから。
壮大な人体実験をやったんだよ。広島長崎は人も都市もあいつらにとってはただのモルモットに過ぎなかったんだよ。
だから日本が何をやったとか関係ない。
あと日本がアメリカを第二次世界大戦に巻き込んだんじゃなくて、アメリカがそうしむけた。
馬鹿な奴>>393


445 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:11:00 ID:CAm4W/270
大日本帝国がアメリカに勝つシナリオってあったのかな?


446 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:11:38 ID:C+rA3Dxe0
>>442
何より世論がうるさいからじゃないか
でも世界を敵に回したら世論も糞もないしな


447 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:11:53 ID:APKlV+9a0
日本の凄さをこれでもかってほど褒め称えている外国人による本ない?


448 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:12:18 ID:95jmUbHg0
新型爆弾が落ちてなければ、ポツダム宣言など受諾しなかった。


449 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:14:31 ID:qtkTUtW20
>>448
いやもう沖縄戦が終わった頃から終戦に向けて交渉を始めてた。
降伏するって言ってたのに、それでもアメリカは核を落としてきた、それも二回も。
あいつらは鬼畜以下。


450 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:16:00 ID:3wC3pC1v0
>>444
なぜ日本だったの?
なせ広島と長野だったの?


451 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:16:34 ID:weFQdvMF0
>>446
朝鮮戦争の例もあるし、本当によわいんじゃないか?

>>449
玉音放送を放送させないがために、持ち逃げした将校もいる。
新型爆弾が落ちてなかったら国内の意思統一にもう1,2ヶ月はかかったんじゃないか?


452 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:16:34 ID:qtkTUtW20
>>445
ミッドウェー海戦で大勝しとけば、良かったんじゃね?


453 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:17:17 ID:C+rA3Dxe0
>>444
アメが開戦するよう仕向けたってのは結構な人が言ってるが、そんなもん言い訳にも何もならない
それに1番わかりやすいのはどっちが仕掛けたか、その事実だろ
仕掛けざるを得ない状況に追い込まれたとしても仕掛けてしまったら負け


454 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:17:44 ID:kaPuCKrT0
>>441
日本戦艦はなんたって速度が速いからなぁ・・・
よく誤解されてるけど艦隊の速度で言えば世界最速の戦艦戦隊を持ってたのは日本なんだよね。

まあ、役に立ったのか、と言われればそれまでだが。

>>447
英国人が書いた本だと思ったが、菊水作戦での天一号・・・
平たく言えば大和の沖縄特攻を日本人が恥かしくなるくらい賛美した本があったような。
「英雄的な敗北を尊ぶのは英海軍と日本海軍だけだ!!11111」みたいな本、名前は忘れた。


455 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:18:24 ID:weFQdvMF0
>>453
>どっちが仕掛けたか
アメリカじゃね・


456 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:19:23 ID:oY0VkMOA0
>>445
勝つってのがどの程度のことか分からないけど、まあ100%無いね
欧州でドイツの快進撃が続き、米豪遮断作戦が決まって、ミッドウェーで大勝し、ハワイ陥落となれば講和も…

まあ無いね
向こうは支那大陸の権益を狙ってたわけだから、講和なんてありえんでしょ


457 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:20:47 ID:8EWduMMxO
ポツダム宣言を受諾させた決定的な要因は、原爆ではなくてソ連の参戦でした。


458 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:21:36 ID:GRxa8ZT0O
米陸軍は強いだろ
長距離派兵のハンデでも五分以上の能力だし
地の利を抜きに陸軍は語れないと思うが


459 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:23:35 ID:GRxa8ZT0O
原爆は戦後処理にソ連より優位に立つって思惑もあっただろうからな


460 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:23:48 ID:DSRSXPhRO
しかし、こんな島国でどうみても雑魚っぽい日本が世界で五本の指に入る強国だったなんて凄すぎるな


461 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:24:58 ID:qtkTUtW20
>>450
日本が丁度戦ってる相手で、相手を潰せるのと実験できるので丁度良かったから。
日本が善か悪かなんて関係なかった。第二次世界大戦後の勢力争いを見越して力を誇示する必要がアメリカにはあった。
で、日本がそのターゲットとして最良だったというわけ。
なぜ広島かと言うとある程度のちゃんとした都市に落とそうと思ってたわけだから、広島の他にも原爆を落とす候補になってた都市もあった
京都もその候補にあがってた、でもほんとうは京都が一番実験対象としては良かったらしいんだが、
文化遺産が多かったので候補からはじかれた、そしていろいろ検討していくうちに広島がちょうどいいという結論に達した。
長崎は本当は落とすつもりではなくて、他の都市に落とすつもりだった、だが天候が悪くその作戦は中断されて
爆撃機が期間途中丁度雲の間から見えた、長崎を見て、「あそこにおとせばいいじゃん」という感じでその時長崎に原爆が落とされることが決定した。
あいつらは俺らの事を人間とか思ってなかったんだよ。犬畜生と同じくらいにしか思ってなかったんだろ。


462 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:26:13 ID:RsVIiXSL0
>>460
あんな島国でどうみても雑魚っぽいイギリスが世界最大の強国だったんだぜ


463 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:27:24 ID:qtkTUtW20
>>453
そうだとしても、それは原爆を落とす理由にはならない。
日本は終戦の結構前から降伏すると言ってたのだから。
もし戦争なのだから仕掛けたのだからなにをされても仕方が無いというなら。
君は戦争における虐殺をも肯定することになる。
非情な奴だな。


464 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:27:26 ID:iC6glsxG0
ソ連はポツダム宣言受諾してからも、本気で日本に攻めてきた国だからな
北海道進行も計画してらしいぜ


465 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:27:28 ID:oL00nhkI0
米英独>>>>>(機械化の壁)>>>>>日

日本だけ第一次世界大戦のノリで戦争してるような感じ


466 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:27:37 ID:1xtUJ7Bh0
こんな時間に
お前ら何熱く議論してんだよw


467 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:29:48 ID:APKlV+9a0
>>454
サンクス
どうも英国人とか一部の米国人は
サムライとか騎士道に傾倒・妄信しすぎな所があるね


468 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:32:04 ID:oY0VkMOA0
>>461
確か福岡(北九州)が第1候補じゃなかったかな?
長崎は確かにおかしい
軍事施設や兵器工場などが一切無い所に落としてるんだから
どうせ落とすなら佐世保だよな


469 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:33:38 ID:A8PjFxkX0
>>468
あと呉とか新潟とか小倉とか。


470 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:33:40 ID:qtkTUtW20
>>468
>確か福岡(北九州)が第1候補じゃなかったかな?
そか、勘違いスマソ


471 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:33:50 ID:euH7q6r50
こんな小さな島国が、アメリカ、イギリス、フ
ランス〔直で戦ってないカモ〕、中国、ロシアの世界の大国と戦ったって事がすげえ。
それも一時は押してたんだから。痛快無比だよな


473 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:33:52 ID:hWVmcU5v0
ニートがこんな議論してどうすんの


474 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:35:01 ID:GRxa8ZT0O
>>467
君主を戴き、歴史をもてば自然と似た感じになるんじゃないかな?
絶対君主がいない米では、忠臣ではなくヒーロー願望になるわけだが


475 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:36:06 ID:4vMimZwg0 BE:?-#
イギリスと戦争した薩摩藩が最強


476 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:36:45 ID:euH7q6r50
原爆落とすのに、機内で決めるわけないだろww
長崎投下は大統領の許可と陸軍大臣の承認が既にあった


477 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:37:09 ID:oY0VkMOA0
>>470
いやいや、俺が勘違いしてる可能性の方が高いw
あと原爆2発に関しては、広島がウラン型で長崎がプルトニウム型
っていうのもある
こうしてみると完全に実験台だってのがわかる


478 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:37:23 ID:XHIiD9GJ0
アメリカ自体たかだか数百年の新興国だからな


479 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:37:55 ID:vGSlf7nV0
佐世保はもう造船工場破壊されていた



481 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 09:39:15 ID:LsnaupcL0
いつまでも一国の権威が続くわけない。
ペルシャ、マケドニア、ローマ、中国、スペイン、イギリス
全て失墜している。
いつかアメリカに天誅が下る。


482 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:39:16 ID:qtkTUtW20
>>476
そりゃ機内じゃ決めないだろ、勘違いさせてスマンカッタ
でも、長崎は候補には入ってなかったはずだよ、で作戦中断して帰還途中に決定した。と、聞いたんだが。


483 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:39:19 ID:W4Xuf/Q00
アメリカは21世紀で最強だからな
これは揺るがないな
核も一番持ってるし


484 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:39:38 ID:C+rA3Dxe0
>>463
原爆を正統化するために言った訳じゃない
大体原爆は第二次世界大戦において確実にあったといえる非戦闘員の虐殺の中じゃ最大だろうしさ


485 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 09:39:50 ID:2TJ6lmPY0
軍板で晒されそうなレスが多いな


486 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:40:04 ID:oY0VkMOA0
>>476
>B-29(ボックスカー)によって長崎市に原子爆弾ファットマンが投下されたのは
>広島の3日後の1945年8月9日午前11時2分である。
>第一目標が八幡製鉄所に近い小倉市、第二目標が長崎市、
>そのほか人口密集地の福岡市、軍港のある佐世保市のいずれかであった。

wikipediaより


487 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:40:20 ID:/XwdZHe10 BE:?-#
機内で決めてたらワロス

機長「どうする?」
操縦士「え、決まってないの?」


489 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:42:55 ID:h/rkV6Vh0
機長「じゃアミダくじで決めよう」


490 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:43:27 ID:iC6glsxG0
日本に爆撃行く時に、日本の地理がよくわかってない機長がいっぱいいて
とんでもないトコに爆撃しに行ったとかそんな話しあったよな?


491 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:54:43 ID:oY0VkMOA0
初期の精密爆撃では効果が上がらなかったため、
途中から国際条約違反の無差別爆撃に切り替えた
その結果、日本は非戦闘員数百万人を無差別に殺害され
家屋は焼かれ、甚大な被害を出した

戦後、その無差別爆撃の責任者、カーチス・ルメイ少将に
日本国は勲章を与えている


492 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:56:00 ID:qtkTUtW20
>>491
な、本当に馬鹿だよな。
あとルメイ死ねよ、マジで。


493 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 09:59:11 ID:rxRDUSxa0
>>492
もう死んでるよ


494 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 10:00:04 ID:qtkTUtW20
>>493
その突込みを待ってたが、実はそれは知ってるよ。


495 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 10:00:18 ID:of0XGydyQ
戦後の元軍属政治家達の売国ぶりは凄まじいよなw
野中なんて可愛いもんだ


496 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 10:02:40 ID:SeGevv3j0
ルメイに勲章を与えたのは「日本は太平洋戦争でのあなたのやってきた事を水に流し、今後恨みに思ったりしない」という意思表示だよ


497 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 10:03:28 ID:u+gTiT2j0
>>452
ミッドウェイで勝利しても、その後、米海軍は

週刊カサブランカ 50隻
月刊コメンスメント・ベイ 19隻
月刊エセックス 20隻
月刊インディペンデンス 9隻
隔週刊ボーグ 36隻

と、大小織り交ぜ〆て134隻の空母が就役
どう考えても勝てません><


498 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 10:04:52 ID:sTwEC0lP0
与えるダメージより回復力の高いバランスが狂ったボスモンスターと戦ってる気分だろうな


499 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 10:04:59 ID:B+4pqPE60
要するにアメリカが日本の足を引っ張ったんだよ。


500 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 10:05:42 ID:qtkTUtW20
>>496
でも勲章はやりすぎだったと思う。
そもそも西欧の戦争にはアムネスティ条項ってのがあるらしいし、それが暗黙の了解みたいなもんらしいんだが。
それを考えたら別に勲章なんてやらないでも良いとおもう。



501 (・∀・)PEACH!! sage New! 2006/06/16(金) 10:06:08 ID:Hdenzit80
戦争なんて大嫌い!
数日前にオージーに負けて怒ってたなんて
超しあわせッス(・∀・)PEACH!!


502 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 10:10:06 ID:oY0VkMOA0
エセックス級の量産はハッキリ言って反則だよなw
ある意味核より卑怯w


503 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 10:13:42 ID:rxRDUSxa0
>>500
数万人殺しておいて、勲章を受け取る方も受け取る方だよな
どう言う神経してんだよ
ちなみに、ルメイはアメリカ空軍の墓地に埋められている
当然追悼もされるわけだが、日本は文句言わないよな
そこが特亜の未開人との差だな


504 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 10:13:56 ID:B+4pqPE60
アメリカは戦争の為なら敵味方民間人も含めて犠牲をいとわないからな。


505 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 10:16:03 ID:u+gTiT2j0
>>498
んだ。
日本もアメリカの艦艇をかなり撃沈、または大破させてるんだが
それを上回ってドンドン建造されてくる

日本は自己が保有してた戦力に見合う戦果を挙げたはいいものの
わんこ蕎麦の如く後から後から沸いてくる敵には∩( ・ω・)∩

アメリカ人は相手が満腹になるまで料理を作りつづけた、って言う文をどっかで見たが
まさにそのとーり、まぁアメリカ人とのバーベキューは気をつけろってこった


506 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 10:17:03 ID:0Bl2y0KD0
>>82
支那事変は、勝っただろ


507 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 10:18:44 ID:qtkTUtW20
ってか、アメ人は原爆落として良い事したとか言ってる池沼多すぎだよな。


508 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 10:24:18 ID:sqQ7o/ExO
ルメイは罪の意識からか後日にうなされてな
罪滅ぼしで日本の為に空自創設に尽力
で勲章つー話だがそれを知った上で叩いてるなら何もいわんが
そうじゃないやついるからな


509 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 10:26:08 ID:2m21b+uV0
上陸されても降伏しなかったせいで町並みが破壊されて世界一醜い町並みになってしまった


510 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 10:26:52 ID:oY0VkMOA0
>>508
日本人は優しいね
空自を作ってくれたってだけで勲一等で水に流すのか
いやはや


511 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 10:32:36 ID:B+4pqPE60
>>509
どこの町?東京大空襲うけてますが


512 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 10:34:29 ID:/xww0+H80
>>508
なんだそりゃ。やはり鬼畜だな。





平日の昼間から熱いw
皆仕事しようぜw

しかし、皆頭良い・・・
あぱっちの勉強不足を気づかされること多数
もっと精進しないと^^;

でも、日本軍って決して弱い訳ではなかったのは事実
玉砕する覚悟のある軍だったのも事実
愚直に命令に従う意味で、兵士としては優秀だったのかもしれませんね
ただ、最悪な司令官に当たれば死山血河を築く事になり、
乃木さんはまさにそうだったとか
まぁ、元々資源の無い日本が敗れるのは仕方の無い所だったんでしょうね^^;
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。