あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~
面白画像・面白動画・フラッシュ、面白ネタを発見しだい掲載。面白い保証は一切なしw
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711

あぱっちの雄叫び HeadLine


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よく考えたら歴史上アメリカに戦争を仕掛けたのは日本だけだよな  前編
1 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:00:36 ID:Sbmp+/K+0 BE:?-#
こんなちっちゃな国なのに、これは功績として認められるべきだよべ^^


3 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:01:27 ID:lV7oLZix0
すべてを圧倒するマジレスで米西戦争イェイ


4 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:01:29 ID:FF8C5oZC0
ビンラディンは私兵で仕掛けてるじゃん


6 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:03:20 ID:7857kyoG0
アメリカに負けて何が誇らしいんだ


7 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:03:41 ID:Df3kRs+H0
向こう見ずなバカ国家として歴史に刻まれている。


8 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:04:15 ID:CpIxY6QJ0
独立戦争は?


9 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:04:59 ID:oY0VkMOA0
米西戦争はアメリカが仕掛けた
米墨戦争もアメリカの侵略
独立戦争は微妙


10 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:05:08 ID:Oyf4kwcr0 BE:?-#
核使われたのも日本だけだな・・・。


11 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 05:05:14 ID:snAUNdEK0
っつーか、俺らはロシアと中国に勝ってる。
アメリカ以外には負けてねーよ。
世界ランキング二位じゃね?

しかも、アメリカとは同盟国だから、軍事的に最高の地位の一角を占めるでしょ。


13 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:07:04 ID:DUH666NK0 BE:?-#
歴史が短いじゃん。


16 エアマックスコ'04 ◆lK54DRbRb. New! 2006/06/16(金) 05:09:43 ID:qIs9et7xO
日清戦争?


18 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:10:36 ID:Kiy2T6UT0
>>15
日中戦争しらねえのかカスが。


19 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:11:14 ID:76OtRxyGO
>>15
つ満州


20 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:11:38 ID:oU6Dmwas0
>>18
負けたよw


22 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:11:59 ID:fr8k4fjj0
米西戦争もテキサス共和国独立もアメリカが仕掛けたし
太平洋戦争も向こうが吹っかけた説もあるな


23 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:12:01 ID:i9TXk4L40
昔、思いっきり中国とブツかっとるがなw


25 フルーツ羽二重餅 ◆FruitZ.DG. New! 2006/06/16(金) 05:13:02 ID:1xCunJCN0 BE:?-#
シナは起きない獅子だから昔も今もザコだけど、日本は露助に勝ったんだもんな。
ヨーロッパ人からしたら日本はアメに負けたけどロシアに勝ってるからすごいって
認識らしいよ。


27 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:14:01 ID:g0VhiWP/0
日本はハワイと戦争して勝った


28 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:14:05 ID:Kiy2T6UT0
>>24
勝ったとはいってねえだろ。
戦争してんじゃねえかボケ


31 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:15:37 ID:uUCiw1150 BE:?-
中東じゃ武勇伝扱いらしいな


32 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:15:45 ID:oY0VkMOA0
強いていうならアルカイーダかな
真珠湾と世界貿易センタービル突入を重ねるような言及は、テロ事件当時随分された


34 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 05:16:06 ID:gDbguJZX0
米英戦争は?


35 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 05:16:24 ID:Dz1Z6+N40
勝ち目がないって分かってて戦争吹っかけるなんて
当時の政治家は馬鹿ばっかりだったんだね。死ななくていい一般市民殺したのって
東条とかだよね。まぁ騙された国民も馬鹿なんだかけどね・・。




36 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:16:25 ID:ARUr83+10
>>25
そして調子に乗りすぎて対米戦に負けたとも言われてる


37 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:16:29 ID:CpIxY6QJ0
>>28
中華民国とな
中華人民共和国とは戦ってねえよ
まあ日中戦争と吹聴する時点で何も解っちゃいねえってことだな


38 フルーツ羽二重餅 ◆FruitZ.DG. New! 2006/06/16(金) 05:16:31 ID:1xCunJCN0 BE:?-#
トルコが親日なのは日本がロシアに勝ってるってのも理由の一つにありそうだな。


39 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:17:08 ID:39oX8jwx0
んじゃアメリカに勝ったベトナムは世界1位かよ


40 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:17:33 ID:Pknj7HSz0
仮定の話だが、今みたいなポチ状態が無く、WW2終了と同時に日本が滅亡してたとしたら、
後に物凄い評価されてたと思う。今みたいに世界的に反米が多くなってきた状態なら、語り継がれてそう。


41 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:17:37 ID:Kiy2T6UT0
>>37
正確には事変だけどな。



42 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:17:54 ID:GRxa8ZT0O
今の中国と戦争してないってんなら、あながち間違いでもないけどな


43 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:18:49 ID:ARUr83+10
まぁ中国大陸では戦ったけどな


44 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:19:01 ID:VZTEKY9M0
もうカップヌードルでいいだろww


45 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:19:16 ID:jgDpDxFL0
日華事変も本当は中共に仕掛けられたわけだし
ほいほい乗せられた日本軍は馬鹿


46 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:19:44 ID:oY0VkMOA0
>>40
歴史は勝者が紡ぐ物だからなあ
負けただけで現状なんだから、きっと極悪非道のキチガイ国家として
語り継がれてると思うよ


47 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:19:54 ID:JXEWuyQ30
殺られる前に殺るしかない状況に追い込まれてたからな


48 フルーツ羽二重餅 ◆FruitZ.DG. New! 2006/06/16(金) 05:20:07 ID:1xCunJCN0 BE:?-#
支那事変=日華事変だっけ?


49 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:20:13 ID:BeOMRmo3O
>>35
無謀なのは今の日本人も変わらないよ
日米同盟破棄しろだの、自衛隊を廃止しろだの、現実無視した主張が平気でまかり通る国だから


50 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:20:36 ID:GdchZ6dW0
アメリカロシアチャイナの三大国と戦争した経験のある国って
日本以外だと英仏しかないでしょ


51 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:20:44 ID:sbnHC9UI0
まあそのうち今の中国とも戦争するけどな


53 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:22:30 ID:Kiy2T6UT0
>>49
何いってんの?まかり通ってないないから同盟破棄されてないし
自衛隊も廃止されてない。どの国でも基地外な政治家はいるよ


54 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:22:30 ID:Oyf4kwcr0 BE:?-#
ベトナム戦争でのアメリカは国内の反戦運動の規模を深刻にみて撤退しただけ。
途中で「戦争終わらせる」っていう公約で大統領代わったし、やろうと思えば勝てた。
最後はニューヨークタイムスが見つけた、ベトナムに対する挑発行為の裏側の資料がトドメになって全撤退が決まった。
あのまま続けてれば絶対に勝てた。


55 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:22:46 ID:OElQOVhCO
>>49
お前は何を言ってるんだ?馬鹿か?


56 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:22:49 ID:BzcZ1kI90
>>50
ドイツは?
オーストリアはないか。


57 50 New! 2006/06/16(金) 05:22:58 ID:GdchZ6dW0
あぁフランスはアメリカとぶつかってないな
イギリスだけか


59 50 New! 2006/06/16(金) 05:24:11 ID:GdchZ6dW0
>>56
ドイツは三国干渉でシャントンをもぎとってるだけで
チャイナと戦ってはいないね


60 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:24:39 ID:BzcZ1kI90
もはや現代では戦争してもお互いの国が疲弊しちゃうだけでメリットってあんまないよねー。


61 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:24:43 ID:76OtRxyGO
日清戦争を知らないカスガキがこんなにいるとは


62 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:24:45 ID:oY0VkMOA0
>>54
残念ながらそれを「戦争に負ける」というんだよ


63 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:24:54 ID:x6DYfKZX0
中東は、アメリカに戦争しかけたことをそれなりに評価してるじゃん。
中東では、アメリカが落した原爆のことも詳細に教えるらしいし。


64 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 05:25:15 ID:SpPwrTqE0
>>9
おやおや?
アメリカが仕掛けてきたので仕方がないから受けて立った。
みたいなことをよく書いてるのはどこの誰でしょうねえ?


66 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:26:01 ID:of0XGydyQ
マッカーサーが話の解る人だったのが救いだ
日本は侵略の為では無く、
共産主義が世界に流出するのを防ぐため
孤独な戦いを続けていたんだってことを
理解してもらえたからな



67 フルーツ羽二重餅 ◆FruitZ.DG. New! 2006/06/16(金) 05:26:21 ID:1xCunJCN0 BE:?-#
>>63
今の日本の犬さを中東の人たちはどうみてるのかな。
やっぱりイスラム過激派みたいに、アメの犬に成り下がった日本はやっぱり敵って思ってるの?


68 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:26:25 ID:BzcZ1kI90
>>59
あーなるほど。
地味にポーランドはアメリカ以外とは戦ってるな。ふと思った。


69 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:26:42 ID:Pknj7HSz0
>>63
テロ直後くらいにビンラディンがアメリカの原爆投下について非難してる声明が
結構紹介されてたよな。


70 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:28:12 ID:nuTCSsRA0
英、露、中と戦ったなんて
本当ぶっとんでる国だよな


71 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:28:15 ID:ARUr83+10
>>49
お前も言論の自由を知らずに書き込みとはこれまた無謀だな


72 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:28:33 ID:BeOMRmo3O
>>53,55
戦争中の日本人は気が狂っていたとでも?
当時も今も変わらんだろ


73 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:29:17 ID:GRxa8ZT0O
>>61
大清帝国や中華民国と、今の中共が違うって意味なんじゃねーか?
素で知らない奴がいるのかもだがw


74 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:29:17 ID:Oyf4kwcr0 BE:?-#
>>69
同時多発テロより酷いことを過去、アメリカはヒロシマにしたんだ~
っていう皮肉を込めた言葉だったね。


75 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 05:29:19 ID:RKgwpVOM0
パプアニューギニアから生還した俺のじいちゃんは化け物だな。


76 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:29:29 ID:oY0VkMOA0
>>70
それだけ近代列強の帝国主義政策が激烈だったということだね
残念ながらそのことをすっかり忘れてしまっている日本人も多いようだが


78 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 05:30:10 ID:9eH4bW9r0
>共産主義が世界に流出するのを

中国が共産化したのみて大後悔した
アホアメリカとその同盟国たち、そして
あとの祭りな。
終わったあとに後悔すんなボケ!


81 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:30:53 ID:1jEjw9wn0
>>72
気が狂っていたかどうかはともかく、調子に乗ってたのは確かだろ
ちょうど今の支那人や韓国人のようにな


82 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:30:56 ID:SQRV18pS0
白村江の戦い ●倭・百済   VS ○唐・新羅
元寇       ○鎌倉幕府   VS ●元・高麗(+南宋兵)
朝鮮征伐    ▲豊臣秀吉  VS △唐・李氏朝鮮
日清戦争    ○大日本帝国 VS ●清
日露戦争    ○大日本帝国(+イギリス・アメリカ) VS ●帝政ロシア
支那事変    ●大日本帝国 VS 中国
太平洋戦争   ●大日本帝国 VS アメリカ・イギリス・オランダ(ただしオランダにはほぼ勝利)


83 フルーツ羽二重餅 ◆FruitZ.DG. New! 2006/06/16(金) 05:31:33 ID:1xCunJCN0 BE:?-#
>>81
全然違うだろ。
失礼極まりないな。


84 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:32:18 ID:n31pP6EV0
こういうスレ見ると、着々とCIAによる日本国民愚民化政策が順調に進んでる
ってことを実感するよ


85 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:32:20 ID:GdchZ6dW0
>>82
結構負けてるなw
大事なところで勝ってるからいいけど


86 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:32:33 ID:OElQOVhCO
>>72
つ 軍国主義
つ 治安維持方
つ ヒロポン
etc…


87 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:32:55 ID:Kiy2T6UT0
>>81
突っ込みどころが違う>>72は支離滅裂だぞ


88 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 05:32:57 ID:SpPwrTqE0
>>85
太平洋戦争は大事じゃなかったのか


89 フルーツ羽二重餅 ◆FruitZ.DG. New! 2006/06/16(金) 05:33:27 ID:1xCunJCN0 BE:?-#
>>82
大東亜戦争だろ


90 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 05:34:35 ID:SpPwrTqE0
>>87
「支離滅裂」を辞書で引く事をお薦めする。


91 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:34:51 ID:BzcZ1kI90
全体主義。


92 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 05:34:54 ID:55IqfNVy0
>>88
仮に勝ってたら、今の日本は無いだろうな


93 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:35:00 ID:fCYDQ1oGO
シベリア出兵やノモンハンとか目立たない完敗もあったりする。


94 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:35:04 ID:GdchZ6dW0
>>81
俺仕事で100年前の日本の本扱ってるけど
当時日本人の考え方はかなりまとも(平和)で今の特定アジアと比べて欲しくない


95 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:35:16 ID:oY0VkMOA0
>>82
支那事変を入れるなら、満州事変は完全勝利だぞ


96 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 05:36:09 ID:BeOMRmo3O
>>87
なんで?
>>35に対する反論にケチつけられたから反論し直したんだけど


97 フルーツ羽二重餅 ◆FruitZ.DG. New! 2006/06/16(金) 05:36:10 ID:1xCunJCN0 BE:?-#
>>94
同意
>>81が本気であんなこと思ってるんだったらちょっとどうかしてると思う。


98 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:36:37 ID:GRxa8ZT0O
戦功を得ようとして、陸軍が大陸、海軍が太平洋に進出した結果が前大戦の様な気もするがな
口実なんざ後付けだろ


99 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 05:37:28 ID:ARUr83+10
>>98
憶測も憶測だがな


101 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:38:07 ID:7HOe1S1g0
>>94
一般の日本人の考え方はかなりまとも(平和)でも、軍部の一部はそうじゃなかったよね。
そんで結局そんな連中に引きずられた日本がまともだったはずがない。


102 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:38:39 ID:of0XGydyQ
>>78
米国自身すっかり赤ユダヤに蝕まれてたからな
マヌケっちゃマヌケだが、まあしゃーない


103 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:39:31 ID:GdchZ6dW0
>>97
81のような当時に対する偏見は現代の日本に支配的な見方だと思うよ
81は軍部のせいにしてないだけまだまとも(知的)だと思う
俺もこの仕事やるまでは81と同じ考えだったし


104 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:39:43 ID:Kiy2T6UT0
>>96
日米同盟破棄はまかり通ってないだろ?
破棄されてないんだから


105 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 05:39:45 ID:ARUr83+10
>>101
どうしてそこまで必死に叩きたがるのかが分からない


106 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:40:03 ID:RWHgsPJa0
同胞韓国人は嘘つきばかりである。私はそのことが恥かしく、情けない。

「韓国は独力で近代化を成し遂げた」って。馬鹿を云うな。韓国の近代化は日本の莫大な資本と人材の投与によって成し遂げられたものである。

「韓国は日本の統治に抵抗をもって対抗した」だって。
馬鹿馬鹿しい。同胞韓国人はロバのように日本の統治を甘受したのが実態だ。ごくごく一部の抵抗はあったが上から下までみんな日本にあこがれ、日本人になろうとしたのだ。

「韓国が独立したのは韓国の手によるものだ」にいたっては呆れてものも言えない。誰も日本からの独立など望んでいなかったのにアメリカに強制的に独立させられたというのが真実だ。

「漢河の奇蹟」だって!笑わせる。日本から賠償金という名目で莫大な経済援助と技術援助で成し遂げられたものだ。これだけお膳立てしてもらえばどんな未開民族でも経済成長するだろうよ。

「日本文化の祖が韓国」とは恐れ入る。一体、併合前の朝鮮半島のどこに「文化」なるものがあったのか。

併合前、我々先祖は乞食同然の生活をしていたではないか。現在の韓国の姿、まさに他人により作られた砂の楼閣だ。虚飾と偽善と歪曲とおごりに満ち満ちている、真似と依存と歪曲が全てである。

このような韓国の本質を知らず「韓国こそ世界一」などとほらを吹いて自己満足している本国、在日の韓国人は正気の沙汰ではない。これが恥でなくてなんであろうか。

金満哲(韓国済州島出身の韓国評論家)


107 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:40:30 ID:oY0VkMOA0
侵略しなきゃされてたのよ
そういう時代だったんだよ
今は物理的な戦争じゃなくて、経済面、文化面での侵略が主になってるけどね
でも同じことだよ
自国の権益を守るためには常に戦わなくちゃいけない

この危機感が何故か現代日本人には欠けてるんだよね


108 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:41:01 ID:6eT+oQhZ0
あんな大きな国に戦争を挑むなんてただの馬鹿だと思うけど。
それに徳川幕府が朝鮮半島とあまり関わらないようにしていたのに
薩長の馬鹿共が朝鮮半島に攻め入ったせいで今の日本は在日朝鮮人が蔓延る
最悪の状態になってしまった。
薩長死ね。


109 フルーツ羽二重餅 ◆FruitZ.DG. New! 2006/06/16(金) 05:41:29 ID:1xCunJCN0 BE:?-#
>>101
お前まんまとクソ左翼に洗脳されてんじゃねえの


110 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 05:41:57 ID:t4G+GayD0
まあ貧困と腐敗政治に愛想つかして軍部の台頭を進んで迎え入れた当時の風潮がアレだろ。
関東軍が予想外に破竹の勢いで大陸を制圧していったのも判断を曇らせた。
政治がしっかり機能して引き際や落としどころを見誤らなければ、
満州国維持とアメリカとの戦争回避の両立もあっただろう。


111 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 05:42:16 ID:Kv3zG8vi0
おまいら平日の朝からがんばるな・・・


112 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:42:18 ID:GdchZ6dW0
>>101
高級軍人だけ突出して国粋的思想だったかは意見の分かれるところだろうね
国家経営のシステムが当時の日本にふさわしくなかったとしか言えない


113 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:42:30 ID:xDV9dFJP0
>>106
この独特な言い回しって韓国人特有だよねw


114 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:42:37 ID:GRxa8ZT0O
>>99
まーなw
当時の日本が間違ってたとは思わないが、首脳にバカが居たのも間違いでないからなぁ…



115 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:42:50 ID:D02nTY4p0
せめて後700年待って自慢しようぜ


116 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:44:08 ID:trYfde6A0
何にしろ負けた戦争をやった当時の日本はアフォ
ウヨは事実を認めないカス
いくら言い訳しても負け犬の遠吠え


117 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 05:44:24 ID:BeOMRmo3O
>>104
現実的でない主張がまかり通る(堂々と通用する)
このことを批判してるの


118 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:44:48 ID:pXQnKKhm0
>>35
そもそもふっかけてきたのはアメリカだよ。
しかたなく戦争したんだよ。


119 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:45:03 ID:Kiy2T6UT0
つーか今後大国間の戦争ってありえるのか?



120 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:45:32 ID:G3bKt22R0
黒船来航からわずか50年で近代国家筆頭にまで上り詰めたんだから
ちょっとは調子乗っちゃうのも仕方ないよな
それまで刀と鉄砲せいぜい大砲くらいだったのにいきなり軍艦作って戦闘機作って
戦車作って…、明治維新以降のラーニング能力の高さは異常


121 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:46:18 ID:GdchZ6dW0
>>108
西郷なんて単身で説得しようとしたのにね
後進の連中が征韓論のコンセプトを勘違いしたのがよくなかったね


122 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:46:30 ID:OZIUqGba0
>>66
日露戦争時にはその前身に援助してたけどな
ついでに日中戦争では共産主義者共を結果的に救うことになった


123 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:46:49 ID:oY0VkMOA0
負けた回数が少ないだけに、負け方が下手だね日本は
ドイツほどのことは全然してないのに、ドイツレベルの裁かれ方しちゃって
未だに引きずってるんだもんな
イタリアのしたたかさを学べよと


124 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:47:12 ID:Kiy2T6UT0
>>117
堂々と通用してるのか?


125 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:47:56 ID:oY0VkMOA0
ヒント:言論の自由


126 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:48:11 ID:ARUr83+10
>>117
お前は2chの前にまず憲法勉強すべき


127 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 05:48:30 ID:BeOMRmo3O
>>124
もういい


128 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:48:34 ID:pXQnKKhm0
>>120
空母あったのとか考えると凄いよね。



129 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:48:51 ID:9Z1tH0uaO
風船爆弾計画が確実に狙い通りの攻撃が出来る完璧なものだったら
日本は勝てたんろうか?





130 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:49:34 ID:Kiy2T6UT0
>>127
言論の自由否定論者かあんたは?


131 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:49:54 ID:BeOMRmo3O
>>126
憲法?


132 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:50:11 ID:u9O08WOM0
>>119
大国って核持ってるような国のことを言ってるのか?イラクの侵略を忘れるな。


133 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:50:15 ID:GdchZ6dW0
>>123
イタリアは落としどころが上手かったね
日本は近代に入って勝ちすぎたせいでそのへんの機微を学ぶことを怠ってたね


134 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 05:50:39 ID:ARUr83+10
>>131
本格的にダメだな・・


135 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:50:45 ID:Sbmp+/K+0 BE:?-#
ムッソリーニ(´・ω・`)


136 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:51:14 ID:A4bi41Al0
>>129
そんな技術レベルにあったら原爆も作れてただろうし勝てたに決まってる


137 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 05:51:43 ID:mHDwNPbq0
昭和16年は、太平洋戦争開戦の年として、まず12月8日の真珠湾攻撃が想起されますが、
実質的なターニングポイントは、南部仏印進駐とこれへの報復措置としての在米資産凍結・
石油禁輸です。熱戦には至っていなくても、日米冷戦構造は厳然と存在していたわけで、
熱戦に至るレールは南部仏印への不用意な進駐で確定しました。いくら国策を見直して見ても、
石油禁輸の状況では物乞いに似た妥協策しかありえず、第一次大戦後に世界の一等国になったと
自負していた当時の指導層にとって、取り得る選択肢ではありません。ではなぜ南部仏印に進駐したのか。

援蒋ルート遮断というより、南方への前進基地としての意味合いが強い。近衛の書簡にあるように
「蘭印ならばともかく、仏印なれば大した故障なかるべし」という見通しです。ドイツがアジア植民地の宗主国を
次々に降伏させていく中、第一次大戦の時と同じように漁夫の利、悪く言えば火事場泥棒を狙ったわけです。
これをアジア解放と勘違いしている論者が多いのは驚きです。


138 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:52:03 ID:OZIUqGba0
>>135
ムッソリーニをちょび髭と一緒にすんな
マフィアの活動を抑えられたのは、あの時代だけだったんだぞ


139 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:52:12 ID:+rZm9y9dO
この先アメリカが日本に対してどんな非人道的な扱いをし続けても、
日本はアメリカに勝ち目はないからアメリカの言いなりになって従うしかないのか…。

これが今の日本の答えなのか…


140 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:52:20 ID:oY0VkMOA0
>>133
いい意味でも悪い意味でもマジメすぎるんだろうな日本人は
戦争に1回負けるくらい世界史の上ではなんてことはないのにな
ドイツなんか負けまくりだぜw フランスだってそうだ


141 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 05:52:20 ID:BeOMRmo3O
>>130
もういいっての
いつ言論の自由を否定したんだよ


142 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:52:41 ID:GdchZ6dW0
世界初の大陸間弾道ミサイルだね>風船爆弾
しかもかなり当たってたらしい


143 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:52:47 ID:jCGqjk9H0
>>129
どうすりゃ、勝てるんだ?


144 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:52:56 ID:igriwFXY0
>>123
イタリアと同じようにやるんなら
お前らの大好きな昭和天皇を
殺さなけりゃならなかっただろうけどな
退位で済んだわけがないからな


145 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:53:27 ID:GRxa8ZT0O
>>129
無理だろ
量産能力的に


146 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:53:43 ID:Kiy2T6UT0
だれか>>141の思考回路をわかりやすく頼む


147 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:53:52 ID:of0XGydyQ
>>129
勝つ必要も無かったし、その力が無いことも分かってた。
いかに講和に持ち込むかが鍵であり、後は政治の仕事


…だったはずだけどこれがグダグダでw


148 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:53:56 ID:Kdpb/twHO
真珠湾じゃなくてニューヨークへ特攻すれば良かったんじゃね?


149 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 05:54:13 ID:ARUr83+10
>>146
在日さんのお仕事


150 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:54:51 ID:GdchZ6dW0
>>144
イタリアは国王に罪を着せなかったよ


151 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:55:13 ID:oY0VkMOA0
>>144
だからそういう極論に走っちゃうでしょ
これ日本人の悪い癖ね
「イタリアと同じようにしろ」
なんて書いてますか?


152 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:55:20 ID:pXQnKKhm0
>>140
でも日本はガッツリ負けすぎたよね。
降伏がもう少し早くてもよかったような。


153 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 05:56:28 ID:MzBtElrS0
少なくとも球蹴り合戦よりは戦争のが向いてるよな日本


154 フルーツ羽二重餅 ◆FruitZ.DG. New! 2006/06/16(金) 05:57:17 ID:1xCunJCN0 BE:?-#
イタリアは国王を国外追放したんじゃなかったっけ。
近年戦後初めて王室がイタリアに帰還を果たしたんだっけか?
戦後のイタリア国旗から王室の紋章?だっけ、あれもとっぱらっちゃったし、
王室可哀想だな。


156 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 05:57:19 ID:Kiy2T6UT0
よくわからんが日本の場合
天皇の存在が大きかったのかな


157 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 05:57:35 ID:w22ajGUN0
てゆうかなんで日本にかくおとしたんだよw
沈没したらどうすんだw


158 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 05:59:24 ID:mHDwNPbq0
6-59 陸軍三条件

4月6日、鈴木首相は陸軍省に杉山陸相を訪ね、「阿南大将を陸軍大臣に欲しい」と申し入れます。
杉山陸相は、梅津参謀総長、土肥原教育総監と3長官協議の上で、阿南大将の陸相推薦を承諾
すると同時に、次の三条件を出します。

「1 あくまで戦争目的を完遂すること。

2 陸海軍を一体化すること。

3 本土決戦必勝のため、陸軍の企図する諸政策を具体的に躊躇なく実行すること。」

鈴木首相は、質問もせず、難色も示さず、あっさりと条件を呑みます。同時期に侍従長と侍従武官であった
阿南大将の人柄を見込んでの人事であり軍務局の付けた瑣末な条件など、どうでもよかったのです。


159 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:00:27 ID:oY0VkMOA0
>>152
まあ後世の人間の結果論だがにゃー
そもそも負ける戦はしちゃいけないんだが、また負け慣れしてない
というのも怖いよねえ

>>155
いや、だから、国益と国際情勢ををよく鑑みて交渉上手になれっちゅうことですよ
難しいことは言ってませんがな


160 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 06:00:41 ID:mHDwNPbq0
6-60 海軍二条件

4月6日井上成美海軍次官は、鈴木大将の首相就任に大きな危惧を抱きます。あまりに武辺で政治性がなく、
戦争継続の可能性が高いからです。海軍として出した条件は次の2つです。

「1 今度の内閣では何としても戦争を止めること。

2 米内光政海相を留任させること。」

近衛・木戸から井上中将あてに「鈴木は大丈夫」との内報が入ります。米内海相を留任させることがその回答に
なると見た鈴木首相は、米内海相の固辞にも拘らず、ついに留任を承知させます。ここで、本土決戦を譲ろうとし
ない陸軍と、絶対和平の海軍とが、政策協定も結ばないうちに組閣に応じました。承詔必謹の阿南陸相、合理
主義の米内海相を手駒に揃えて、4月7日、外務大臣兼務のまま鈴木内閣が発足しました。ソ連が4月5日に
日ソ中立条約の廃棄通告を行ったという情報が入ります。有効期間は1年しか残されていません。最初から難題を
抱えてしまいました。


161 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:00:43 ID:t+lI9GdIO
アメに戦争仕向けた、てか仕向けるように挑発されて、その挑発にのっちゃっただけでしょうが
挑発にのらざるを得ない状況にいたのも事実だろうからそれを蛮勇、匹夫の勇とバカにはしないけども


162 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:01:38 ID:GdchZ6dW0
>>154
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%9E%E3%83%8C%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%AC3%E4%B8%96

大戦終了後、国民投票で共和制に移行したみたい


163 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:02:45 ID:1s9zEdHB0
よくわからんけど日本て煽られて戦争なちゃったてこと?


164 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:03:26 ID:oY0VkMOA0
革命じゃなくて戦争に負けて王室を廃した国は少なくないよね
オーストリアもそうだし、ドイツもそうだな
トルコもそうだっけ?
結構今になって後悔してる国も多いんだよなw


165 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 06:04:23 ID:mHDwNPbq0
6-64 敗色

5月23日、陸軍は本土決戦に備えて、19個師団、15個旅団の動員を発令します。
これで本土の在郷軍人は老兵も含めて一人残らず召集されます。
一方、5月24日、25日とB29が500機以上で東京を爆撃します。焼夷弾として
連夜3000トン以上の猛攻撃です。

5月27日のワシントンポストは、「東京焦土と化す。宮城は大破」と伝えます。
グルー国務次官が、そろそろ降伏勧告を開始すべきだとして動き出します。
日本側からも実質的降伏条件を米国に照会する民間人が現れます。

26日、沖縄では、負傷兵の看護を続けていた「ひめゆり部隊」が総攻撃の直前に出された
解散命令を聞きそびれ、約200名が惨死しました。米軍は29日、那覇に突入します。


166 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:05:38 ID:GdchZ6dW0
イタリアの場合は皇室の歴史が100年ほどってことで
伝統がないぶん廃位しやすかったんだろうね


168 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:05:41 ID:GRxa8ZT0O
ま、開戦前に欧州情勢をうまく利用して、回避する事も可能だったんじゃないかとも今からの視点なら言えるかも
当時の情勢ではありえない選択かもしれんが



169 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:06:48 ID:pXQnKKhm0
>>163
そういう事ですな。


170 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 06:07:58 ID:mHDwNPbq0
6-72 沖縄

同じ6月22日、米軍は沖縄戦の終了と正式占領を宣言します。上陸以来、海軍特攻隊は
延べ2867機が出動しました。戦後の米軍の記録によると、沈没36隻、損傷368隻、喪失
768機の戦果を得ています。日本軍と義勇兵の戦死10万人、一般市民の死亡11万人です。

3ヶ月近い、壮絶な闘いでした。沖縄軍民の粘り強い闘いは、本土上陸作戦へのブレーキになりました。
6月23日早朝、第32軍司令官牛島中将が自決しました。6月24日、スターリンは赤の広場で行われた
赤軍凱旋パレードで、撃滅すべき次の目標を日本陸軍であると明示します。

沖縄の犠牲の間に進展すべき日ソ交渉は、全く進展の気配がありません。


171 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:08:03 ID:of0XGydyQ
>>157
原爆造ったのは共産シンパの赤ユダヤ


172 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:08:13 ID:Kiy2T6UT0
なんで日英同盟破棄したんだっけ?


174 フルーツ羽二重餅 ◆FruitZ.DG. New! 2006/06/16(金) 06:08:52 ID:1xCunJCN0 BE:?-#
>>163
煽られてというより、戦争をやらざるを得ない状況までアメに追い詰められた。


175 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:09:12 ID:GRxa8ZT0O
もし大戦に勝ってたら、2ちゃんのレスも【検閲削除】の嵐だったのかもなw


176 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:09:37 ID:GdchZ6dW0
>>168
当時の書物は欧州情勢をかなり緻密に分析してるよ
なのになぜ?っていうのが今もって疑問。


177 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:09:40 ID:oY0VkMOA0
アメリカは首脳部は別として、国民は戦争参加に必ずしも積極的ではなかったからね
また日本にも石橋湛山のような論者もいたわけで

ただそういうifの話はそれこそキリがないからねw
特に現代史は軍事ヲタとかも乱入して訳分からなくなるからw


178 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:09:57 ID:ISJgCfNX0
当時の日本に福沢先生のお言葉を聞く知性があればと悔やまれる。
せめて現代の我々は、過ちを繰り返さないよう脱亜の旗を掲げつづけるべき。


179 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 06:10:07 ID:ARUr83+10
>>173
必死だな


180 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:10:20 ID:OZIUqGba0
>>175
それ以前にまろゆきもう氏んでるだろ


181 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 06:11:10 ID:mHDwNPbq0
6-81 広島

昭和20年8月6日午前8時15分、広島に原爆が投下されます。

8時半には海軍省に呉鎮守府から広島壊滅の報が入り、昼までに
海軍の調査団派遣が決定されます。しかし、陸軍には広島周辺の
通信網が破壊されたため、第一報は呉鎮守府経由となり、大幅に
遅れます。さらに政府がこの報を入手したのは、午後も遅くなってからです。

たった一発で広島が壊滅し40万人が犠牲になったと聞いて、敵がかつてない
高性能爆弾を使用したものと受け止められます。しかし、政府はまだ動きません。

翌朝、トルーマン大統領が声明を発表します。

「6日広島に投下した原子爆弾は、戦争に革命的な変化を与えるものである。
日本が降伏に応じない限り、さらに他の場所にも投下する。」


182 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:12:11 ID:Kiy2T6UT0
>>173
なんだおまえww


183 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:13:41 ID:GdchZ6dW0
>>178
英国の勢力均衡と同じく
日本の外交原則にすべきだね



184 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 06:14:09 ID:Cwrz9/ob0
上海協力機構にイラン加盟で第二の冷戦始まりというか冷戦は終わってなかったと言うべきか
また各地でゴタゴタがありそう


185 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 06:15:50 ID:mHDwNPbq0
6-85 最高戦争指導会議

8月9日午前、最高戦争指導会議が開催されます。鈴木首相は、「ポツダム宣言を受諾し、
戦争を終結させるほかはない。ついては各員のご意見を承りたい。」と発言します。
皆沈黙する中で米内海相が、「もしポツダム宣言受諾ということになれば、これを無条件で
鵜呑みにするかそれともこちらから希望条件を提示するのか、それを論議しなければならぬと思う。」
と発言します。これで会議はポツダム宣言受諾を前提条件に置き、条件をどうするかという問題に
一歩踏み込みました。

東郷外相は、国体護持の条件だけを付して受諾することを主張し、米内海相がこれに同調します。
一方、阿南陸相、梅津参謀総長、豊田軍令部総長は、国体護持のほかに、「本土の保障占領拒否。
武装解除と戦犯処罰は日本に委ねる。」を主張して平行線になります。

午後1時を過ぎても結論が出ないので、一旦休憩に入ります。
長崎に原爆が投下されたのは、この会議中の12時1分のことです。


186 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:16:57 ID:Q0ZcKuwI0
>>172
http://mltr.e-city.tv/faq08h.html#02930

日英同盟廃棄は日本側に大きい


187 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:17:39 ID:oY0VkMOA0
ハルノートが突きつけられる前は、対米交渉の余地はあるとも見られてたわけで
まあ、まさかローズヴェルトがあそこまで露骨に出てくるとは思ってなかったんだろうね
対独戦に踏み切りたいアメの出方を見きれなかった、そこら辺も甘いと言えば甘いわな


188 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 06:19:08 ID:mHDwNPbq0
6-92 聖断

天皇陛下

「それならば自分の意見を言おう。自分の意見は外務大臣の意見に同意である。
念のために理由を申しておく。

大東亜戦争が始まってから陸海軍のしてきたことを見ると、どうも予定と結果が大変違う場合が多い。
今陸海軍では、先ほども大臣、総長が申したように本土決戦の準備をしており、勝つ自信があると
申しているが、自分はその点について心配している。このような状態で本土決戦に突入したらどうなるか。
あるいは日本民族は皆死んでしまわなければならなくなるのではなかろうかと思う。そうなったら、どうして
この日本という国を、子孫に伝えることができるか。

今日となっては、一人でも多くの日本国民に生き残って貰ってその人達に将来再び立ち上がって貰う他に、
この日本を子孫に伝える方法はないと思う。自分のことはどうなっても構わない。

耐え難い事忍び難い事ではあるが、この戦争を止める決心をしたのである。」


189 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:19:08 ID:t+lI9GdIO
>>163
世界的に不況で、貿易もままならず資源が乏しい日本は併合?侵略?するしかなかった
アメはアメで、ヨーロッパはヨーロッパ内で内需があったからまだいいけども

で、アメは連合側のヨーロッパから参戦しろと言われてた
で、参戦する理由がなかったんだけど、日本をつついたら真珠湾がおきて見事に理由を与えてしまったわけさ


190 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:19:15 ID:lRcCUxAF0
スターリンみたいな奴と同盟してしまうような
アカの手先のオフェラ豚が当時のアメリカ大統領だったのが世界史の不幸だった。

ドイツ・日本を叩き、蒋介石を見捨てておいて、
共産勢力が朝鮮半島を南下し始めてから間違いに気づき、
朝鮮・ベトナムと無駄な戦争をしなければならなかった頭の悪さ。

しかもこの愚かしさを今も理解していない。


191 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:20:30 ID:Q0ZcKuwI0
>>187
アメリカが対独戦に踏み切りたかったのかどうかは知らんが
ドイツとアメリカが戦争状態になったのは
アメリカがドイツに宣戦布告したからじゃなく
ドイツがアメリカに宣戦布告したからだぞ


193 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:22:17 ID:oY0VkMOA0
>>186
なるほど、幣原の協調主義が裏目に出た訳か
歴史教科書レベルではワシントン体制成立で消滅した物とばかり思っていた
継続はすることができたのか


194 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:22:31 ID:7X39JUL40
正確に言うと「仕掛けさせられた」わけだが



195 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 06:22:41 ID:mHDwNPbq0
6-104 聖断

天皇陛下

「・・・自分が股肱と頼んだ軍人が武器を取上げられたり、自分に忠誠を尽した人達が
戦争犯罪人として処刑されるかも知れないと考えると、本当にたまらない。
・・・国体問題について色々危惧もあるということであるが、先方の回答文は悪意をもって
書かれたものとは思えない。要は、国民全体の信念と覚悟の問題であると思う。
この際先方の回答をそのまま受諾してよいと考える。

・・・国民が玉砕して君国に殉ぜんとする心持ちもよく分かるが、しかし、私自身はいかになろうとも、
私は国民の生命を助けたいと思う。・・・この際、自分の出来ることは何でもする。
国民は今何も知らないでいるのだから、突然このことを聞いたら定めし動揺すると思うが、自分が国民に
呼びかけることがよければ、いつでもマイクの前にも立つ。ことに陸海軍将兵は非常に動揺するであろう。
陸海軍大臣がもし必要だというのならば、自分はどこへでも出かけて親しく説き諭してもよい。」

聖断は再び下りました。帝国陸軍への明確な不信任です。
後は立憲君主国としての国家意思決定、閣議を残すのみです。


196 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:22:56 ID:hFlOtEoo0
日露戦はロシアが日本だけに専念できず
仕方なく手を引いたんじゃなかったっけ

たまたま勝っただけで、そのあともう一度戦争するかって脅されてなかったっけ


197 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:23:26 ID:GdchZ6dW0
欧州列国はたくさんの植民地を経営してたから
そこに引きこもってればよかった。
ブロック経済ってやつね
日本もそれに倣おうとしたら欧米諸国の利権とぶつかってしまったと。
それでできたのがABCD包囲網


198 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:23:42 ID:oY0VkMOA0
>>191
了解
>>190
第2次大戦に勝者無しと言われる所以だね


199 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:24:51 ID:OZIUqGba0
>>190
共産主義が徐々に体を蝕む病だとすれば、ナチズムは刃物振り回して駆け寄る狂人だったからだろ
そりゃ後世になりゃなんとでもいえるわな


200 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:25:17 ID:OD2o3C6z0
中国に負けた大日本帝国wwwwwwwww


201 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:25:37 ID:GdchZ6dW0
>>196
手を引いたきっかけはロシア革命(ソヴィエトの台頭)だから
ロシアは戦争どころじゃないと思う


202 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:25:44 ID:ARUr83+10
>>200
相当眠そうだな


203 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 06:26:41 ID:mHDwNPbq0
6-107 陸相割腹

昭和20年8月15日午前5時半過ぎ、陸相官邸で阿南陸相が割腹自殺します。
「一死以って大罪を謝し奉る」が遺書です。

潔い武人であった阿南陸相は、敗戦が決定した後、淡々と手続を進め、
ポツダム宣言受諾詔勅案に副署した上での、割腹自殺を選択しました。

昭和史を政略で塗りつぶした帝国陸軍において、最後の陸相が生粋の武人であったことは、
せめてもの救いです。阿南陸相が謝し奉った大罪は、彼自身としては敗戦の責任のつもりですが、
大きな眼で見れば、昭和軍閥が犯した、統帥権の独走そのものだったとも言えます。


ttp://www.geocities.jp/uso888/index.html


204 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:26:56 ID:oY0VkMOA0
>>196
脅されたっていうか、和平交渉の時の揺さぶりの言辞
実際戦争が継続できたかどうかは議論が分かれる


205 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:27:21 ID:whVRSAA70
1945 第2次世界大戦終結
1949 中華人民共和国が成立

今の中国とは戦ってもいませんが何か?


207 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:29:34 ID:OD2o3C6z0
中国国民党に負けた大日本帝国wwww


209 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:30:01 ID:Q0ZcKuwI0
ってかWW1はアメリカからドイツに戦争しかけたが
WW2はヒトラーが我々には三千年間一度も負けたことのない国が味方が付いたのだ
我々が負けるはずがないって言ってアメリカに戦争しかけたので
>>1の言ってることは間違いだな


210 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:30:18 ID:Kiy2T6UT0
今の中国と戦ってないのに
靖国うんぬんウザイよな。


211 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:30:28 ID:SQRV18pS0
白村江の戦い  ●倭・百済      VS ○唐・新羅
刀伊の入寇    ○朝廷       VS ●女真
元寇        ○鎌倉幕府     VS ●元・高麗(+南宋兵)
応永の外寇    ○宗氏       VS ●李氏朝鮮
コシャマインの戦い  ○武田信広    VS ●アイヌ
朝鮮征伐     ▲豊臣秀吉    VS △唐・李氏朝鮮
シャクシャインの乱  ○松前藩・津軽藩 VS ●シブチャリ氏・ハエ氏
クナシリ・ナメシの戦い○松前藩      VS ●アイヌ
薩英戦争     ●薩摩藩      VS ○イギリス
下関戦争     ●長州藩      VS ○アメリカ・イギリス・フランス・オランダ
台湾出兵     ○大日本帝国   VS ●台湾原住民
江華島事件    ○大日本帝国   VS ●李氏朝鮮
日清戦争     ○大日本帝国   VS ●清
日露戦争     ○大日本帝国(+イギリス・アメリカ) VS ●帝政ロシア
第一次世界大戦 ○協商国      VS ●同盟国
シベリア出兵   ●大日本帝国   VS ○ソビエト連邦
山東出兵     △大日本帝国   VS △中国
満州事変     ○大日本帝国    VS ○中国
張鼓峰事件    △大日本帝国   VS ▲ソビエト連邦
ノモンハン事件  ●大日本帝国   VS ○ソビエト連邦
支那事変     ●大日本帝国    VS ○中国
太平洋戦争    ●大日本帝国    VS ○アメリカ・イギリス・オランダ(ただしオランダにはほぼ勝利)

細かい戦いも入れるとこんなもんか
意外にソ連戦が多いな


212 フルーツ羽二重餅 ◆FruitZ.DG. New! 2006/06/16(金) 06:30:31 ID:1xCunJCN0 BE:?-#
>>200
シナには負けてねえよ。


213 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:32:19 ID:xlwZuE4t0
日本が大東亜戦争でアジアから白人を駆逐しなかったら
いまもアジアは欧米の植民地だったとおもうよ。

日本は大丈夫だろうけど。


214 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:34:14 ID:OZIUqGba0
>>212
ずるずる長引かされた時点で負けてたんだよ


215 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:34:53 ID:GRxa8ZT0O
中共や半島が大戦で勝ったって言う奴の頭って、どうなってんの?
まぁ、別にいいんだけどさ

敗戦後の日本の最大の幸せはアメが占領しか事かもな
露助だったらやばかったかも試練


216 フルーツ羽二重餅 ◆FruitZ.DG. New! 2006/06/16(金) 06:35:51 ID:1xCunJCN0 BE:?-#
日本はアメリカに負けたのであって、シナには負けてない。


217 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:36:20 ID:oY0VkMOA0
>>209
それはドイツがアメリカに戦争を仕掛けたとは言えないんじゃまいかw
まあ厳密に言えば確かに宣戦布告してるけどさw
>>215
ドイツを見れば尚更そう思うよね
あえて半島とは言わないw


218 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:36:37 ID:of0XGydyQ
>>206
てめーがおとなしくすっこんでりゃ
あんなややこしいことにゃならんかったんだこのすっとこどっこいが!!
つーかてめーの家来みんなソ連のスパイだぞ!


219 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 06:36:45 ID:X8h2UKZz0
ABC兵器をすべて体験している国は日本だけ

Atomic(核)       原爆(アメリカ)
Biological(生物兵器) 炭素菌(オウム真理教)
Chemical(化学兵器)  サリン(オウム真理教)


220 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:37:10 ID:xlwZuE4t0
アメリカ側について勝ったんじゃなくて
勝ったアメリカ側についただけだからな。


221 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:38:42 ID:Q0ZcKuwI0
>>213
日本がいなければアジアは欧米の殖民地だったってのはどうかと
http://www21.tok2.com/home/tokorozawa/faq/faq08h20.html#02406

アフリカ諸国なんかは日本はまったく何もしてないのに次々と独立していったしなー



222 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:39:34 ID:whVRSAA70
アジア諸国に比べると遅いけどね


223 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:39:47 ID:GRxa8ZT0O
>>217
ほんと、ドイツみたいに分割されてたらと思うと…
共産主義だけの支配もやばいし



224 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:40:16 ID:GdchZ6dW0
>>215
当時の韓国人が日本帝国のもとで立派に戦ったことを
今の韓国人は不名誉に感じてるのかな
だとしたら歴史から目を背けてるし、情けないよ



226 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:41:12 ID:HH9vitUCO
>>221
植民地支配のリスクを理解したからだろ?


227 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 06:41:40 ID:MzBtElrS0
>>224
それが万年属国の処世術


228 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:42:07 ID:ARUr83+10
アフリカはどちらかというと文化的な成長のおかげだろ
東南アジアとかはなんだかんだで戦争の功績だったりする


229 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:42:16 ID:xlwZuE4t0
日本の活躍でアジアは独立できて、
アジア諸国が独立できたからアフリカ諸国も独立できたんだよ。

1行目は自信を与え、白人にアジア人も人間と認めさせたから。
1行目は前例と勇気を与え、世論を動かしたから。


231 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:42:52 ID:ww70JoT/0
ロシアの赤化に日本が大いに貢献(?)したってまじ?
あほすぎる。


233 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:43:11 ID:GRxa8ZT0O
>>224
彼らは、先祖を敬いませんからw
なかには立派な人も居たらしいけどね



234 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:43:21 ID:Sbmp+/K+0 BE:?-#
>>225
ワラタ


235 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:43:43 ID:fr8k4fjj0
>>231
中国共産党の中国制覇にも間接的に貢献したしな


236 フルーツ羽二重餅 ◆FruitZ.DG. New! 2006/06/16(金) 06:43:54 ID:1xCunJCN0 BE:?-#
>>225
ネトウヨって漏れの事か?
何を今更。こちとら5年前からネトウヨやってらあ。


237 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:44:31 ID:hFlOtEoo0
>>236
お呼びでない


238 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:45:19 ID:xlwZuE4t0
>>229
1行目は自信を与え、白人にアジア人も人間と認めさせたから。
2行目は前例と勇気を与え、世論を動かしたから。


239 トリックスター New! 2006/06/16(金) 06:46:04 ID:juH76vLd0
仕掛けたは良いが負けっぷりが良すぎて…
六十年たった今もデレデレ

これじゃツンデレと変わらん。
負ける戦争は駄目だが負けて精神まで売るくらいなら
しない方が良かった気がする。



240 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:46:17 ID:Q0ZcKuwI0
>>229

それお前の理想論だろ
自信と勇気だけで白人からの支配から抜け出したとか漫画じゃあるまいしさぁ


241 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 06:46:49 ID:mHDwNPbq0
戦前の世界の状況はどうであったのでしょうか。世界は帝国主義がしのぎを削り、
アジアの殆どが白人帝国主義の中で最底辺の植民地(インドネシアは350年間
オランダによる支配)でしかありませんでした。

日本人だけが、小柄な体で経済・武力とも白人と対等で同じ事をしていました。
彼らから見て心底から許し難い存在ではなかったでしょうか。

アメリカにとれば(白人全部?)アジア人・アフリカ人は、インディアンと同じ「猿」
(アメリカ軍のプロパガンダ)に属していたそうですから、日本人に対し罪の意識を抱かず
虐殺を行えたのでしょう(「南京大虐殺記述について」所収「リンドバーグの日記」参照)。

ただし日本人に対してだけは「侮辱」の念とともに、「強力な陸海軍と帝国政府」が背後に
控えていたので、同時にかなりの「驚異」でもあったようです。

日本軍が悪い事をした報いとして原爆を投下したのではなく、白人世界の秩序をもとに戻しただけなのです。
「日本の敗退後、英仏蘭はただちにアジアに戻ってきて、植民地帝国主義を再開」しました。

アメリカの主張した正義も、こういう植民地帝国主義でしかなかったのでしょう。


242 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:47:08 ID:xlwZuE4t0
>>240
前例と世論はかなり大事だとおもうお


243 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:47:09 ID:GdchZ6dW0
>>221
東亜解放の理念を受け入れる人々がアジア一帯にいたことは事実だし
アジアの解放がアジア独立、さらにアフリカ独立の動機付けとなり
その機運を加速させたことは間違いないでしょ
国際政治ってのはダイナミックに動くもんだよ


244 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:47:32 ID:ARUr83+10
>>240
下は知らんが当時のアジア人に対する差別感は相当だったらしい


245 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:49:23 ID:Q0ZcKuwI0
>>242
それなら結局負けた太平洋戦争よりも
一応有色人種が白人に勝った日露戦争の方が影響大きいんじゃないか?


246 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 06:49:26 ID:jaXCX3r50
中国はもう分裂しないの?
董卓の独裁みたいな状態じゃないの?


247 フルーツ羽二重餅 ◆FruitZ.DG. New! 2006/06/16(金) 06:50:28 ID:1xCunJCN0 BE:?-#
>>245
>一応有色人種が白人に勝った日露戦争
これは大きいよ。この時点で日本はかなりのアジア諸国に勇気を与えた。


248 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:50:52 ID:fr8k4fjj0
>>246
あれだけ人口いたら
分裂どころか身動き取れんだろ
軍閥の割拠はありえるけど
一応中央政府は存在し続けるんじゃね


249 番組の途中ですが名無しです sage New! 2006/06/16(金) 06:51:14 ID:mHDwNPbq0
アメリカ政府の命令通り二度と対等にならないように、復讐心を持たせないように、武装解除をした後、
心の武装解除が7年間徹底的に行われました。西尾氏が指摘する日本人の不服従に対して、
『戦争犯罪洗脳計画』、『東京裁判』が行われ、『占領憲法』『教育基本法』が作られたのです。

その結果「アメリカに負けて良かった」とさえ言わせることに成功したのです。

戦争が終わったという安堵の中、価値観はコペルニクス的転換を遂げました。しかし、歴史と誇りが愚民化のなかに
完全に消えていってしまっていることを国民の多くが自覚していませんでした。

「一国の人々を抹殺するための最初の段階は、その記憶を失わせること・・その歴史を消し去った上で、
誰かに新しい本を書かせ・・発明すること」(『笑いと忘却の書』ミラン・クンデラ)であり、その成果によって、
アメリカの後顧の憂いである復讐心は消えました。当然それまでの日本側の言い分は否定され、英雄、
子供の教育に必要な、生きる理想となる具体的な人間像さえも無くしてしまいました。

つまり日本が独立自尊の精神を喪失したのです。戦争に負けると言うことは実にこういうことで、
武力で負けただけなのに、精神の気高さで負けたのではなかったのに、日本人の精神と歴史が
悪のように否定されたのでした。戦後の日本とは戦勝国による愚民政策、植民地の一つの形態
ではないでしょうか。負けたのですから当然です。でもその後50数年間も負け続ける必要があるのでしょうか?

戦後処理が行われたのは、アメリカにおいて黒人に市民権も公民権もまだ無い、白人にのみ自由の国であった時代です。


250 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:51:21 ID:4frynbDDO
そのために無差別に国民を駆り出して、死にたくない奴まで大勢戦死させてる
んだから誇る気には少しもならんな


251 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:51:54 ID:GdchZ6dW0
>>246
国家主席という名のリアル三国志です


252 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:52:15 ID:SQRV18pS0
>>245
占領地から白人を追い出すことが出来たってのが大きいんじゃないかな。
まぁ影響の大きさなんて比べられないがw


253 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:52:17 ID:GRxa8ZT0O
>>246
つ【文革】

一枚板にする為の努力は惜しみませんからw
ま、昨今の経済市場主義みたいな流れがあるので、微妙だけど分裂はないと思う


254 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:52:44 ID:xlwZuE4t0
>>245
アジアから白人を駆逐した(一時的とはいえ)のも大事


255 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:52:49 ID:oY0VkMOA0
戦後アジアの指導者になった人々は、戦前の日本で教育を受けた者もかなり多い
韓国の李承晩、中華民国の蒋介石、インドネシアのスカルノ…etc.
タイやインドにも多数いたはず


256 フルーツ羽二重餅 ◆FruitZ.DG. New! 2006/06/16(金) 06:52:59 ID:1xCunJCN0 BE:?-#
シナは春秋戦国時代みたいになったらすごく楽しそう。


257 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:53:05 ID:Q0ZcKuwI0
>>243
>東亜解放の理念を受け入れる人々がアジア一帯にいたことは事実だし

それって誰?
ガンジーとホーチミンは明らかに日本を欧米と変わらない国だと好意的ではなかったし
スカルノとハッタは日本がアジアを開放してくれると思うよりも
日本は利用できるとしか考えてなかったし(日本もこの二人を大東亜会議には招待しなかったし)
チャンドラ・ボースは独立のためならソ連とも手を組む気だったし




258 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:53:54 ID:ARUr83+10
>>256
思えば内戦してばかりだなあの国は


259 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:55:30 ID:oY0VkMOA0
油断するとすぐ軍閥が割拠するからな
現在でも、地方の解放軍は中央のコントロールを必ずしも十全に
受けてるわけじゃないとも聞く


260 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/16(金) 06:55:37 ID:of0XGydyQ
>>248
とっくにグダグダだろ支那は
軍閥はもうだれも北京の言うことなんか聞きゃしねえ
今んとこ誰も得しなそうなので、
とりあえずおとなしくしてはいるが


261 トリックスター New! 2006/06/16(金) 06:55:59 ID:juH76vLd0
そりゃ戦前の欧米列強の搾取の体制を打倒して
アジアを独立に導いたのは日本が戦争したせいなのは
間違いないけど…
これだけ日本とアメリカがべったりだと何か自己矛盾に
陥ってる気がする。
アジアの先頭に立って独立の為に(八紘一宇が建前だとしても)
戦って自分が一番隷属化してるのはちょっとな

それにアジアはいつになってもまとまりがなくて欧米に
良い様に利用されるのはもうしょうがない。
キリスト教みたいな共通の価値観もないし…

それにおまえらの為に戦ったって言うのは日本人の
礼節を重んじる精神から外れてる気がする。



後編に続く
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ふぇf
太字の文fデwフェfれgwrtyhvvvvsrtrt
2006/10/12(木) 14:55:15 | URL | cdcdf #2p/4BfhQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。