あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~
面白画像・面白動画・フラッシュ、面白ネタを発見しだい掲載。面白い保証は一切なしw
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711

あぱっちの雄叫び HeadLine


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国治安危機進む 北京五輪控え、公安当局取り締まり強化
【北京=福島香織】中国で密造銃や密造爆弾による犯罪が深刻化している。ここ数年の違法銃の押収数は380万丁に上り、内陸部の貴州・湖南両省などの一部地域が「黒三角(ブラックトライアングル)」と呼ばれる密造銃製造地区を形成、廉価な銃の供給源になっている。中国は2008年8月に北京五輪を控えているだけに、政府も治安対策に本腰を入れ、今月から違法銃・爆発物の集中取り締まりキャンペーンを開始した。


中国公安省の最新統計によると、昨年発生した非合法の爆発物による爆発事件は22件で101人が死亡、181人が負傷。今年に入ってから、すでに9件発生し100人近くが死傷している。昨年、摘発された刃物の違法所持は5万3000件で、16万5000以上の刃物が押収された。

 さらに、中国は年32億個の起爆装置(雷管)を生産しているが、公安省は、その横流しについて「ここ数年来の突出した問題となっている」と指摘。昨年3月、河北省の京広鉄道白馬河鉄橋で、全国人民代表(国会議員)をねらった爆破未遂事件が起きているが、この事件でも横流し起爆装置が使われたことが確認されている。

 一方、携帯電話やインターネットの発達で、こういった密造拳銃や横流し起爆装置などは誰でも電話一本で簡単に買える状況だ。一般市民の携帯電話には頻繁に密造銃のセールスショートメールが流れ、最近では銃による報復代行まで請け負っていると伝えられる。

 こうした事態に、公安省は危機感を募らせており、今月から10月まで違法銃、爆発物の集中取り締まりキャンペーンを展開している。

http://www.sankei.co.jp/news/060615/kok056.htm



アジアカップでの日本のブーイング見た後では
オリンピック時の日本の旅行者や選手達が心配になる記事です
元々不満を抱えている以上何処かでガス抜きしないと中国でまた天安門の様な事件が起きそうですよね^^;
今の所反日を煽って政府への反発を日本への反感にすり替えていますが、
アジアカップで民衆をコントロール出来ない姿を露呈してますし
大丈夫なんでしょうかね?
密造武器が暴徒化した民衆に渡れば大変な事にもなりますし・・・
何とか対応して貰いたいものです
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。