あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~
面白画像・面白動画・フラッシュ、面白ネタを発見しだい掲載。面白い保証は一切なしw
200605<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200607

あぱっちの雄叫び HeadLine


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SHAZNA復活、IZAM男に目覚めた
2000年から活動休止していた人気3人組バンド「SHAZNA(シャズナ)」が、デビュー10年目を機に活動を再開させることが9日、分かった。SHAZNAは、女装メークなどの奇抜なスタイルで人気を博したが、これまでのスタイルを捨て、本格ロックバンドに変身。活動第1弾として、9月5日に都内でライブを開催。来春には復活シングルを発売する。

 女装メークと派手なファッションで一世を風びしたビジュアル系バンドが、6年ぶりに本格ロックバンドに生まれ変わって復活する。

 SHAZNAは1997年に大ヒットした「Melty Love」でメジャーデビュー。ビジュアルの強烈なインパクトを武器に、その後も「すみれ September Love」などヒット曲を生み出したが、00年10月のツアーを最後に活動を休止した。

 休止後は、IZAM(34)はソロとしてシングルを発売したほか、俳優、作家、映画監督など幅広い活動を展開。AOI(33)、NIY(33)も多方面のツアーに参加するなど、個々の活動を行っていた。

 04年ごろにIZAMが、活動中当時の所属事務所社長らと会食した際に昔話に花が咲き、バンドへの思いが爆発。メンバーのAOI、NIYにも思いをぶつけ、2人も「そろそろ来ると思ってた」と快諾。デビュー10年目を機に、活動再開が決まった。

 再始動後は、SHAZNAのトレードマークだった女装も封印。「過去の僕らはもう過去。現在の僕らにしかできないこと、伝えたいことを音楽という手段でみんなに届けたい」と、IZAM。スタイルを一新し、男気あふれるロックバンドとして活動を展開する。

 活動再開第1弾イベントとして、9月5日には東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGEで復活ライブを開催。来春にはシングルの発売も予定。IZAMは「まだデモを作っている段階。懐かしさと、やっぱりSHAZNAを愛しているなと感じる」と、再始動に向けて、気持ちを高ぶらせている




http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20060610-OHT1T00042.htm





既にあまり記憶にないあぱっちですw
昔(インディーズ時代)ドラムがいたよなぁ
とか
カバー曲だしてたよなぁ
位しか覚えてないです
方向性を変えるみたいですけど、どの位ファンがついてくるのかわくわくしますね
もしかしたら女装メークと派手なファッションが既に出来なくなりつつあるだけなのかもしれませんが^^;
スポンサーサイト
「ゴルバチョフ新聞」発刊へ 露政権の言論統制 どう対抗
【モスクワ=内藤泰朗】旧ソ連でペレストロイカ(再編)とグラスノスチ(情報公開)政策を推進したゴルバチョフ元ソ連大統領(75)が、ロシアのプーチン政権に最も批判的な新聞の株式を購入し、話題となっている。言論の自由が急速に狭められるロシアで、この「ゴルバチョフ新聞」が報道の自由と情報公開面で健闘できるのか、注目を浴びている。

 報道によると、ゴルバチョフ氏は7日、ノーバヤ・ガゼータ紙が今後、安定的な報道活動を行えるようにするため、同紙の49%の株式を、ロシア下院議員で航空機ビジネスで巨万の富を築いた大富豪のレベジェフ氏とともに購入したことを明らかにした。購入額は不明だが、ゴルバチョフ氏が10%、レベジェフ氏が39%の株式を取得。残りの51%は同紙の編集局が保持しているという。

 ゴルバチョフ氏は、ノーベル平和賞受賞賞金の一部を、同紙が1993年に創刊した際に寄付した経緯もあり、「編集方針については一切口を出さない」と言明。チェチェン紛争や官僚の汚職問題などで政権を厳しく糾弾する同紙のムラトフ編集長は「新聞は、国(政権)にではなく、社会に仕えるものでなくてはならない」と、その編集方針を語った。

 発行部数は52万3000部で、週2回発行されるが、いずれは週3回に増やしたいという。しかし、レベジェフ氏は、政権翼賛与党である統一ロシアの党員で、プーチン大統領の出身母体である旧ソ連国家保安委員会(KGB)の後継機関の中で最も秘密のベールに包まれた対外情報局(SVR)の出身者でもある。

 さらに、ロシアの主要メディアは、国営化されるか、政府系大企業の傘下に組み込まれるなどして国家による言論統制が厳しくなっており、「ゴルバチョフ新聞」でもいずれは、政権に批判的な記事は掲載できなくなるという見方もある。



http://www.sankei.co.jp/news/morning/10int003.htm




ゴルビー頑張って!w
あぱっちです
ゴルビーの記事を久しぶりに見ました
この人大統領やってた時に命の危険があったりしたのに
75歳でまだまだペレストロイカ(再編)とグラスノスチ(情報公開)政策を頑張る所に驚きです
言論統制が行われていくロシアの中頑張って欲しいです
そして出来れば無事でいて欲しいですね
スピード違反で捕まった男の言い訳、「洗車したので乾かそうと思った」
[アムステルダム 8日 ロイター] あるオランダ人男性がスピード違反で捕まり、免許を没収されることになったが、この男、「車を洗った直後だったため、乾かそうと思ってスピードを出した」と言い分けしたそうだ。

警察当局の発表によると、この男性(27)はアムステルダム市内の道路を、制限時速の50キロオーバーとなる時速108キロで走行していたという。

「彼は免許証不携帯で車を運転していたため、洗車したばかりだというピカピカの車は、免許証を提示するまで警察で預かることになりました」と、警察の広報担当は話している。

http://www.excite.co.jp/News/odd/00081149905082.html





ナイス言い訳(≧∇≦)b
copyright © 2006 あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。