あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~
面白画像・面白動画・フラッシュ、面白ネタを発見しだい掲載。面白い保証は一切なしw
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711

あぱっちの雄叫び HeadLine


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうしてもドーナッツを食べたかった犬、飼い主の家を燃やす
1 記憶たどり。φ ★ New! 2006/06/26(月) 12:36:48 ID:???0 BE:?-
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2128991/detail?rd

AP通信によると、先週、米ワシントン州バンクーバーの北部郊外の町で、
珍しい火災が起きた。火災原因は、ドーナッツがどうしても食べたかった犬だったというのだ。

地元クラーク郡の消防局の調べによると、その日、家の所有者はガス台の上に
ドーナッツの入った箱を置きっぱなしにして外出していた。どうしてもドーナッツが
食べたかった飼い犬が、ガス台の上に飛び上がった際、ガス台の点火スイッチが
入ってしまい、箱が燃え上がり瞬く間に台所、そして屋根裏へと広がっていったと見ている。

この火災による被害額は、7万5000ドル(約870万円)になるという。
火災時、犬以外は、家族全員が留守にしていたが、犬にケガはなかったそうだ。

[どうしてもドーナッツを食べたかった犬、飼い主の家を燃やす ]の続きを読む
スポンサーサイト
【動物】アメリカイセエビは致死性ウイルスに感染した仲間を避ける
1 pureφ ★ New! 2006/06/01(木) 20:20:56 ID:???
◇アメリカイセエビは致死性ウイルスに感染した仲間を避ける

 野生において、健康な個体が同種の中で病気になった個体を避けるという事実が確認さ
れたことはありませんでした。

 この文献では、アメリカイセエビ(Caribbean Spiny Lobster)の健康な個体が、致死的な
ウイルスに感染した他の同種個体をどのようにして避けているかを明らかにしています。

 アメリカイセエビは、伝染性ではない段階の初期感染状態の同種個体も同定し、避ける
ことができることが示されています。

BioTodayアラート 29May2006 BMJ、Nature
http://blog.mag2.com/m/log/0000088209

Ecology: Avoidance of disease by social lobsters
Donald C. Behringer, Mark J. Butlerand Jeffrey D. Shields
Nature 441, 421 (25 May 2006) | doi:10.1038/441421a; Published online 24 May 2006
http://www.nature.com/nature/journal/v441/n7092/abs/441421a.html

関連ニュース
【生態/ザリガニ】日本固有種ニホンザリガニ-ブラウントラウト(サケ科)に捕食/北大調査で判明 2006/04/03
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1144004141/
【生態/ザリガニ】外来種が日本固有種を捕食/北大で実験 2006/03/12
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1142107351/


[【動物】アメリカイセエビは致死性ウイルスに感染した仲間を避ける ]の続きを読む
【薬学】ホヤにアルツハイマー予防効果の「プラズマローゲン」
1 まぁいいかφ ★ New! 2006/06/01(木) 18:36:15 ID:???
 海に生息するホヤなどに含まれる脂質の「プラズマローゲン」がアルツハイマー病を防ぐ効果を持つ
可能性が高いことが、東北大大学院農学研究科の宮沢陽夫教授(食品学)らの研究でわかった。
動物実験で証明できたことから、来年にも錠剤の健康食品として発売する。

 ひどい物忘れなどを引き起こすアルツハイマー病は、脳の神経細胞が死ぬことが原因と考えられている。
これまで、患者の脳内ではプラズマローゲンが通常より3割程度減少していることがわかっていたが、
その働きは明らかにされていなかった。

 宮沢教授らは、細胞の培養実験の結果、プラズマローゲンに神経細胞死を防ぐ効果があることを
突き止めた。さらにアルツハイマー病を発症させたラットにプラズマローゲンを食べさせ、
迷路を経て餌にたどり着かせる実験をしたところ、記憶・学習能力の低下を防ぐことができた。

 プラズマローゲンは牛の脳にも含まれるが、BSE(牛海綿状脳症)感染の恐れがある。
そこで手に入りやすい海産物を調べ、ホヤやカキ、ウニなどに含まれていることを発見。
とりわけ、ホヤの場合は廃棄する内臓への含有率が約0・1%と高く、有効活用できるという。

 宮沢教授らは昨年8月、ベンチャー企業を設立。ホヤからプラズマローゲンを抽出する方法も開発している。
また、4~5年をかけて患者への効果を確かめ、医薬品などの開発に結びつけたいとしている。

 宮沢教授は「ホヤは宮城、岩手両県の三陸沿岸が産地。先進各国では高齢化が進んでおり、
日本だけでなく世界で需要が高まれば、東北の新しい産業に結びつく可能性がある」と話している。

ソース:読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20060601i506.htm

関連スレ:
アルツハイマーにワクチン マウス実験で効果-林原生物化学研究所など
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1140776781/

【発生】ホヤの「遺伝子発現ネットワーク」を解明=京大など
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1148906951/


[【薬学】ホヤにアルツハイマー予防効果の「プラズマローゲン」 ]の続きを読む
copyright © 2006 あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。