あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~
面白画像・面白動画・フラッシュ、面白ネタを発見しだい掲載。面白い保証は一切なしw
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711

あぱっちの雄叫び HeadLine


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
脱皮のメカニズム発見
農業生物資源研究所と東京大などの研究グループは、昆虫の脱皮・変態にかかわる二種類のホルモンの働きとメカニズムを発見した。ホルモンの分泌量に応じて脱皮を進めたり止めたりする機能があり、害虫を脱皮させずに殺す新たな農薬の開発に役立つと期待されている。

[脱皮のメカニズム発見]の続きを読む
スポンサーサイト
三重で新種のコガネムシ 体長3ミリ、環境調査で発見
三重県鈴鹿市は29日、同市庄野町の鈴鹿川河川敷で2004年に見つかった、フンコロガシの仲間とみられるコガネムシが、日本昆虫分類学会によって新種と認定されたと発表した。
[三重で新種のコガネムシ 体長3ミリ、環境調査で発見]の続きを読む
アリの体内に“歩数計”巣穴までの距離を正確に把握
アリは、歩数を数えることで、移動距離を正確に把握している可能性の高いことをドイツのウルム大などの研究チームが突き止めた。
[アリの体内に“歩数計”巣穴までの距離を正確に把握]の続きを読む
体細胞を“万能”化 京大、卵子使わず世界初
マウスの体細胞が持つ4種類の遺伝子を特殊なウイルスを使って活性化させ、さまざまな細胞に分化する胚(はい)性幹細胞(ES細胞)に似た万能性を持たせることに、京都大再生医科学研究所の山中伸弥教授らのグループが世界で初めて成功した。

[体細胞を“万能”化 京大、卵子使わず世界初]の続きを読む
冥王星の新衛星の名前は、「ニクス」と「ヒドラ」
「ニクス(Nix)」と「ヒドラ(Hydra)」 - これが、2005年5月に発見された、冥王星の2つの新衛星につけられた名前だ。発見した研究グループの申請を受けて国際天文学連合(IAU)が正式に決定したもので、どちらも神話における冥界に関係している。

[冥王星の新衛星の名前は、「ニクス」と「ヒドラ」]の続きを読む
ES細胞:受精卵壊さずに高確率で取り出す 米大学チーム
受精卵を壊さずに、多様な細胞に成長する能力を持つ胚(はい)性幹細胞(ES細胞)を約30%という高い確率で取り出す手法を、米コーネル大(ニューヨーク州)の竹内巧・助教授らのチームがマウスで21日までに開発した。

[ES細胞:受精卵壊さずに高確率で取り出す 米大学チーム]の続きを読む
日焼け止め中のナノ粒子が脳細胞損傷の恐れ 米国のマウス培養細胞実験
農業情報研究所(WAPIC)

06.6.19

 ネイチャー・ニュースによると、米国研究者が一部の日焼け止めクリーム、歯磨き粉、化粧品など使われている酸化チタン(チタニア)のナノ粒子が神経細胞を損傷する可能性を発見した。これは、これらナノ粒子が人体に有害であること必ずしも有害であることを意味するものではない。しかし、より大きな粒子が有害でなければ同類物質のナノ粒子も安全という化学産業の主張への疑念は強まる。単により大きな粒子が安全だからといってナノ粒子の安全性は保証できないことを示唆する証拠は増えつつあるが、この発見は新たな一つの証拠を付け加えるものだという。

 Nanoparticles in sun creams can stress brain cells,news@nature,6.16
 http://www.nature.com/news/2006/060612/full/060612-14.html



[日焼け止め中のナノ粒子が脳細胞損傷の恐れ 米国のマウス培養細胞実験]の続きを読む
球体プラネタリウムScience on a Sphere
NASAのゴダード宇宙飛行センターが開発した球体投影ディスプレイ"Science of a Sphere"。天井から吊した直径1.8mのファイバーグラス球に4台のコンピュータ制御プロジェクタで太陽や惑星のデータを投影するもの。各地の博物館やプラネタリウムにて稼働中。

ソースページ:http://japanese.engadget.com/2006/06/13/science-on-sphere/



ソース元に画像+動画があるのでみてみてください
しかし、カックイイ
こんな機材で勉強したかったw
でも、この球体ディスプレイどうやって映像を投影しているんでしょうか?
その部分が気になってしまいました
コウモリはウマ・イヌの仲間 東工大教授らDNA解析
空を飛ぶ哺乳(ほにゅう)類、コウモリはウマやイヌと近い仲間で、サルやネズミとは縁遠いことを東京工業大の岡田典弘教授らがDNAの解析で突き止めた。米科学アカデミー紀要の今週の電子版に発表する。

[コウモリはウマ・イヌの仲間 東工大教授らDNA解析]の続きを読む
現生鳥類の祖先は水鳥か…中国で最古の化石発見
【ワシントン=増満浩志】現生の鳥類も含む「真鳥類」としては最古の化石が、中国北西部の約1億1000万年前(白亜紀前期)の地層から見つかった。


[現生鳥類の祖先は水鳥か…中国で最古の化石発見]の続きを読む
copyright © 2006 あぱっちの雄叫び~気になる、面白いニュース・ネタを掲載~ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。